PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

レフの使い方

Q:タクマさんは 野外撮影時に レフ板サイズは、どのような製品を使用しますか?

私は82cmを使用中なんだけど.. 100〜120cmをメインで使用すると 光がもっとスムーズに入らないかと思います。

タクマさんの 野外撮影時 装備組合!!知りたいです!!

A:僕が今使ってるレフの大きさは多分、100㎝×100㎝くらいだと思います。

思いますというのは、計ったことがないから知らないのです。

あなたが「今使ってるレフより大きいサイズの方がいい」と感じたのでしたら、大きなレフ購入すればいいだけです。

そして購入したレフを使って・・

「大きなレフを買ったけど、今まで使ってたレフと効果はあまり変わらないかも?」感じたらそれはそれで「いい勉強をした」と思えばいいのです。

なぜ、こんな突き放した返答をすのかいうとですね・・・

あなたのことを嫌ってるのではありませんよ(笑)

理由はですね・・

「このレフ変えた方がいい写真が撮れるかもな〜」と思いながら撮っている限り、いい写真は撮れないのです。

シャッターを押してる時に迷いが生じるからです。

何かに迷ってる限り、いい写真は撮れません。

撮影に集中できないのです。

自分が迷ってる原因が分かってるのでしたら、その原因を速やかに取り除いた方がいいのです。

撮影する時は、自分が信頼する機材&自分が好きな機材で撮ることが一番です。

本当はもっといいカメラで撮りたいと思ってるでしたら、お金を貯めて購入すればいいのです。

タクマさんの 野外撮影時 装備組合!!知りたいです!!

僕が外で撮る時に常備している機材は、レフとクリップオンストロボだけです。

レフを使うのはアップを撮る時だけで、全身の撮影では使いません。

それも銀レフではなく、98%は裏側の白レフを使います。

銀レフを使うのは、本当に暗い場所だけです。

青空を強調したい時は、クリップオンストロボを直に使います。

どちらにしてもロケの時は3脚は使わず、すべて手持ちです。

僕が書いてる方法がベストではありません。

あなたが「レフは銀の方がいい、3脚は使った方がいい」と思うのでしたら、それがあなたにとってのベストな方法なのです。

撮影というのは、機材も撮り方も・・・

プロや先生に「そんなのではダメだ」って言われてもですね。

自分が「この方法が撮りやすい!!」「この撮り方が好き!!」と感じたものが、自分にとってのベストな撮り方なのです。

あなたも自分の撮り方に自信を持って下さい。

「Don't think.FEEL!」って、ブルースリーも言ってました。

それでは、明日も自分のベストを尽くしましょう!

130906-10.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2013年09月13日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

タクマさんへ、やっぱり空と雲の写真は大好きです。晴れ晴れしますよね。
そろそろ夏の疲れが出る頃です。お体どうぞご自愛くださいますい。

| ますいしんいち | 2013/09/14 11:36 | URL |

*ますいさんへ
よくわかりますね、実は先日夏の疲れがどっと出て夏風邪を引いてしまい、
夜中にもの凄い熱がでて、生まれたての子鹿みたいになっていました(笑)
ますいさんも、ご自愛下さい。
僕はすっかりご自愛しましたけど(笑)

| タクマクニヒロです | 2013/09/17 18:22 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。