PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

プロカメラマンとアシスタントの関係

Q:カメラマンのアシスタントとして働き始め2ヶ月です。
正直毎日がつらいです。
集中力も思考力も段々と弱り、今はその場にいるだけで精一杯になってしまってる状況です。
そのため覚える努力をしてないと尚更怒られるという悪循環で、さらに師匠をイライラさせ足を引っ張っています。
早く信頼してもらえるアシスタントに成長したいと思う反面、今の状態で克服する自信が持てず、これ以上自分が身をおく事で迷惑になるなら身を引くべきなんじゃないかと思いつつあります。
このような気持ちを師匠に打ち明けるべきか今悩んでるのですが、もしタクマさんがアシスタントにこのように言われたらどう判断されますか?
ご回答よろしくお願いいたします。


A:僕なりの返答です。

僕だったら「どうして早く打ち明けてくれなかったんだよ〜〜〜もう〜〜!!」と言います。

そして「何が、どう辛いのか?」ということを、できるだけ具体的に聞きます。

例えば・・

1−労働時間なのか?(休みがないとか)

2−カメラ、ストロボ、Mac、など覚えることが多すぎる。

3−ミスすると怒鳴られるので、それが怖い。

4−カメラマンがやってる仕事が、自分が将来やりたい仕事ではない。

5−カメラマンと相性が合わない。

6−車の運転が苦手なので運転するのが怖くてしょうがない。

まだ色々あると思いますけど・・

こういった具合に何が辛いのか?ということを聞いて、その解決方法をアシスタントと一緒に考えます。

解決案がなんとなく見つかったら「とりあえずやってみようか?」と一ヶ月程アシスタントを継続してもらい、

1−アシスタントから見て、やっぱり「私はタクマさんのアシスタントは無理です」という結論に達した場合

2−カメラマンの僕から見て「あなたは僕のアシスタントには向いてない」と感じた場合

この2つのどちらかの結論がでたら、お互いの為にアシスタントを辞めてもらいます。

というわけで、毎日、頭の中であれこれ考えて心を痛める日々を送るより・・

1度カメラマンに「相談したいことがあるんですけど」と今のあなたの胸の内を話してみたらいかがですか?

カメラマンに胸の内を打ち明けても、あなたのカメラマン生命はなくなったりしませんので安心して下さい。

あれこれ、悩んでると体調がおかしくなりますよ。

胃とか、自律神経とかがね・・・

1日でも早く打ち明けることをお勧めします。

そして、アシスタントを続けるか?辞めるか?を決めたらどうでしょう。

というのが、僕の考えで「絶対にこうしなさい!!」ということではありませんので、誤解されないようにね。

どのような仕事に就いても最初の3ヶ月くらいは、みんな上に書いた1〜6のようなことで悩むものです。

それでは、明日も、あなたがやるべき事にベストを尽くしましょう!!

130924-1.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| アシスタントになる方法 | 2013年10月03日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

タクマさん、お返事ありがとうございます。
今はただ辛いということだけでいっぱいで、具体的に何がというのをちゃんと整理したほうがいいと感じました。
悩む気持ちがあるのはご指摘の通りここで辞めたら将来カメラマンになれなくなってしまうという気持ちからです…
でもタクマさんのお言葉に救われました。1人で悩むより師匠にちゃんと打ち明けるべきですね…。
お互いのためにも、正直な気持ちを伝えてみます。
本当にありがとうございます。

| hiwata | 2013/10/04 00:28 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。