PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真 レタッチ 加工

Q:自分も一応はデジいちで写真を撮っているのですが、撮った写真を見るとイマイチな感じが否めません。
たとえば価格.comのPHOTOHITOに掲載されている写真を見ると、フレームだカットだ以前に、発色とかメリハリなどが全然違って見えるのです。
対して自分の写真は妙にねむいような感じで、メリハリに欠けるというか、ビビッドさがありません。
グーグルのマップにコンデジ撮影と思われる写真が貼られているのですが、そんなレベルです。
そこで質問なのですが、PHOTOHITOなど人に見せる写真を掲載されておられる方々は、何かソフトウェアで写真を加工されておられるのでしょうか?
それとも道具じゃなくて、腕の違いなのでしょうか?
あまりにも初歩的な質問なのかもしれませんが、宜しくご教示お願い致します。

A:僕なりの返答です

あくまで僕の意見ですけど・・

今は、コンテストとかネットや専門誌など、人に見せる為に自分の写真を発表する時に、その写真を加工しないで出品している人などいないんじゃないでしょうか。

僕だったら自分が撮った写真を人に見せる為に何かに掲載する時は、間違いなく写真をデジタル処理(加工)します。

なぜなら撮ったままの写真の場合は、例えば空の青などが自分が思ってた色が出なかったりするからです。

僕の場合、仕事はもちろんこのブログに掲載する写真でも、知り合いしか見ないフェイスブックに掲載する写真でも必ず加工しています。
なぜなら、カメラマンの性というのでしょうか(笑)自分が納得するテイストではない写真を人に見せるのは嫌なのです。

加工する箇所は、コントラスト、色合い、彩度、明るさ、などなどその写真によってそれぞれ違います。

自分の写真は妙にねむいような感じで、メリハリに欠けるというか、ビビッドさがありません。 と悩んでいますけど・・・

これなんか、フォトショップなどのデジタル処理をするモノを使って彩度やコントラストを上げればあっという間に、自分の思い通りの写真に仕上がりますよ。

デジタル処理をするソフトウェアーは色々ありますので、ネットなどで調べて購入することをお勧めします。

そうすれば、自分が「こんな写真に仕上げたい」と思ってる写真を作ることが出来るようになります。

それでは、明日も、あなたがやるべき事にベストを尽くしましょう!!

130924-10.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2013年10月06日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

ソフト補整の件

やっぱりソフトで補整されているのですね。
妙に納得したというか、何だかホッとしました。
カメラがニコンなので、ソフトもCapture NXと思って、デモ・ムービーを見てもイマイチ感触が掴みきれない。
実際に使ってみなきゃってことなんでしょうが、デモ・ムービーにあるようなことは上手く出来ても、自分の写真で補整をかけようとすると、頭がついていけないような予感がする(笑)
カメラで写真を撮ると同じように、撮った写真をソフトで補整するためには、それなりの慣れが必要で、やっぱり使い込んでスキル・アップするしかないのでしょうね。
とにかくソフト補整は"禁断の禁じ手"って訳でもないようですので、手を拱いてばかりいないで始めてみたいと思っています。
こんな初歩的な質問にも丁寧にお答え頂きありがとうございました。

| どんより爺 | 2013/10/15 18:55 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。