PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンという仕事

Q:タクマさんは、カメラマンという仕事をご自分の天職だと思いますか?
写真とは関係ない質問でもうしわけないのですが、よろしかったら聞かせてもらえますか。

A:天職という言葉の正確な意味はよく分からないけど・・・

「カメラマンという職業を選んでよかったと思いますか?」という質問だと思ってお答えします。

答えは「はい」です。

・公務員のように、数年おきにある筆記試験に受からなければ出世できないという職業だったら、何年経っても上の位には行けないでしょうね。

その点、カメラマンはクライアントさんに気にってもらえる仕事さえできたら仕事の量は増え年収も増えます。
学歴もまったく関係ありませんし、年功序列でもなく実力主義です。

ただ、1度でも手を抜いてクライアントさんに気に入ってもらえる仕事ができなかったら、その時点で仕事はなくなるので、毎回真剣勝負みたいなものです。

僕は、その真剣勝負みたいなことにワクワクできるので、向いてると思います。

・大きな会社などでは、上司の意見にさからったり、上司の指示に従わなかったり、大きな失敗をして会社に迷惑をかけることをしたら、リストラされたり、左遷させられたり、まったく違う部署に異動させられたりしますけど・・

僕のようなフリーカメラマンの場合は、まず上司がいませんので、左遷や違う部署に異動なんてことは絶対ありません。

ただ、何か失敗をしたらそれをかばってくれる上司も会社もありませんから、失敗したことで生じる嫌な事すべて自分が被る事になります。

だから、1度失敗したら2度と同じ過ちを犯さないように徹底的に気をつけるようになります。

1つの仕事で失敗したり、あるクライアントさんに気に入られないようなことがあったとしても、そのクライアントさんの仕事ができなくなるだけで、他のクライアントさんの仕事はできます。

・会社だと、自分がいい仕事をしても、上司の手柄になることが多々ありますけど、フリーカメラマンはいい仕事をやった時は、ご褒美はすべて自分に返って来ます。

そして、次の大きな仕事に繋がります。

僕は2年しか会社勤めしなかったですけど、上司の言う事を聞かないので、たった2年の間に何度も厳重注意を受けたことがあります。

あのまま、勤めていたら間違いなく、左遷・違う部署に異動・リストラのどれかになっていたと思います。

・会社勤めだと、40歳を過ぎると現場の仕事が好きでも管理する仕事になるものです。

フリーカメラマンの場合は、50歳過ぎでも写真を撮るという現場の仕事ができます。

また普通だったら定年退職しなければいけない60歳を過ぎても、現役のカメラマンとして仕事をすることができます。

つまり、自分が「もうカメラマンという仕事を辞めてもいい」と思うまで、現場の仕事ができます。

ただ、自分に撮影の依頼をしてくれるクライアントさんがいなければダメですけどね(笑)

・会社勤めをしている時は、好きな趣味は休みの日しかできませんでしたけど・・・

写真を撮るという趣味の中で一番好きなことを仕事に選んだので、1年365日毎日仕事でも楽しいのです。

だから、金曜の夜が一番つまらないのです。

なぜなら、週末好きな仕事ができないからです。

そして、日曜の夜は「明日から好きな事ができる!」とワクワクします。

・一番好きな趣味を仕事にしたので、仕事の為に必要な勉強をするということまったく苦ではありません。

学生の時は嫌いだった「勉強をする」ということが楽しいのです。

まだまだ、たくさんありますけど・・・

25歳の時に会社を辞めて、写真を撮るという好きな事を仕事に選んで「カメラマンへの道」を歩むことにトライしてよかったと思っています。

今まで、1度も「カメラマンになんか、なるんじゃなかった〜」と思ったことはありません。

「カメラマンになってよかった〜」と思ったことは、数えきれないくらいあります。

と書いてきましたけど・・

職種や収入の多さには関係なく、仕事に携わってる自分自身が「この仕事、やってて楽しい」とか「やりがいがある」と感じられたら、それでいいのではないでしょうか。

ここで誤解して欲しくないのは、「やってて楽しい」というのは「毎日が楽でたのしい」という意味ではありません。

精神的に、体力的に「キツいなぁ〜」と感じる時や、「まいったな、どうしよう?」と悩むときは当然あります。

でも、それはどの仕事でも同じですからね。

「人が自分の仕事を見てどう思うだろう?」ではなく「自分がどう感じているか?」が大切ではないでしょうか。

それでは、明日も、あなたがやるべき事にベストを尽くしましょう!!

130924-3.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2013年10月08日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

タクマさん、
毎日が給料日、そして毎日が支払日。スリルとワクワクの毎日は楽しいですよね。
サラリーマンはこうは行きませんよね。定年の無いカメラマン生活、ボクも満喫しています。

| ますいしんいち | 2013/10/09 13:11 | URL |

*ますいさんへ
そうですね。
フリーカメラマンはスリルとワクワクが同居してますね(笑)

| タクマクニヒロです | 2013/10/09 17:55 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。