PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真を本の表紙に使われたい

「私も本の表紙に使われてもいいような写真をいっぱい撮っているんだけど、どうやったら本の表紙に使われるんだろう?」・・と、思った人もいると思います。

そこで、その質問にお答えします。

使ってもらう為には・・

まず「自分がどのような写真を撮っているのか?」ということを、出版社の人達に気づいてもらわなければいけません。

その為に何をすればいいのか・・・

細かく分けるとたくさんありますけど、大きく分けるとこの3つだと思います。

1−作品をまとめて出版社の単行本や文庫本を制作している部署に持って行って担当者に見てもらう。

2−ブログ、フェイスブックなどネットを使って、自分がどのような写真を撮っているのか?ということを不特定多数の人に見てもらえるようにする。

3−写真集を出版する。

1の方法は、写真を直接見てもらう方法です。

ただ、見てもらった写真が出版社の人が今欲している写真テイストでない場合は、すぐに忘れられてしまう可能性が高いです。
忘れられないようにする方法は、僕のDVD5をご覧になって下さい。

2の方法に関しては「こんなことで出版社の人の目に止まるんだろうか?」という心配される人もいますけど・・

目に止まるように作ると大丈夫なのです。

例えば、出版社の人が空の写真を探しているとしますよね・・

そんな時、まず最初は知り合いのをカメラマンの作品を見せてもらったり、雲や空の写真集を見たり、空や雲をテーマにした写真を発表しているブログやHPなどをネットで探したりするわけです。

ここで大切なのは、あなたがネット上で写真を発表しているブログなどのタイトルなのです。

どんなに素敵な空の写真をたくさん掲載していたとしても「私の写真日記」みたいなタイトルでは、空の写真を探している出版社の人やデザイナーには「空」の写真があることが分からないので気づいてもらえません。

出版社の人が「いい空の写真ないかなぁ〜」と探してる時に、あなたがネット上で制作しているプログなどのタイトルに「空」の写真があるということが分かる要素が入っていないと、見つけてもらうのは非常に難しいのです。

3−これは強いです。

出版社の人や本の表紙をデザインするデザイナーは、資料として多くの写真集を購入していますから見つけてもらいやすいのです。

今回の僕の写真が使われたのも3なのです。

まだまだ色んな方法がありますけど・・

あなたが撮ってる写真が、本の表紙に使われる方法は大きく分けるとこの3つだと思います。

1と3は無理だけど、自分が撮ってる写真がいつか本の表紙などに使われたらいなぁ〜と思ってる人は・・

あなたがネット上で発表している写真が、出版社の人やデザイナーがネットで探した時にすぐに見つけてもらえるタイトルを付ければいいのです。

花、空、雲、太陽、海、海の生物、鳥、犬、ネコ、道、田舎の風景、山、森、湖などなど、たくさんありますけど「自分は、こんなテイストの写真をたくさん撮っています」という部分がすぐに伝わるタイトルを付けると、いつか、出版社の人やデザイナーが見つけてくれて、本の表紙以外にも、カレンダー、ポスター、パンフレットなどに使われる可能性は高いのです。

僕のマンツーマンワークショップに参加している人の中でも、実際に出版社からブログの写真を使用したいという依頼が来た人がいます。

例えて言うなら・・

あなたが街のどこかで何かのお店を出してるとするでしょ・・

あなたのお店の前を通り過ぎる人が外からあなたのお店を見た時に、何を売ってるお店なのか?ということが一瞬で分かるような看板を出した方が、あなたが売ってるモノに興味ある人がお店に入ってくれる可能性が高くなるということです。

ただ「自分の写真は、自分のことを知ってる人だけが見てくれたらいい」「自己表現したいだけで、写真を売る為に撮っているのではありません」という人は、あなたが気に入ったタイトルでまったく問題ありませんので誤解されないようにお願いします。

それでは、明日も、あなたがやるべき事にベストを尽くしましょう!!

130924-3_20131021173410599.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2013年10月21日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

改めてなるほどな!と感じてます。私の場合は雑誌に掲載されたクレジット名をみた編集部の方がブログを検索していただき、表紙のお仕事につながりました。タクマさんから学ばせていただくことが多くて感謝の気持ちでいっぱいです。いつもありがとうございます。

| とうま | 2013/10/23 16:18 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。