PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

 モデル撮影 キャッチライト

Q:タクマさん!!
照明とreflectorなどの大きさ、デザイン そして、モデルとの距離などで キャッチライトの形や大きさが様々だが、
きれいなキャッチライトの条件は何ですか?
タクマさんのキャッチライトの修正を知りたいです。
いつもありがとうございます

A:僕なりの返答です。

☆照明とreflectorなどの大きさ、デザイン そして、モデルとの距離などで キャッチライトの形や大きさが様々だが、 きれいなキャッチライトの条件は何ですか? ☆

僕は「これがきれいなキャチライトの条件です」という答えはないと思っています。

理由は、カメラマンが「これはいい」と感じたものが、そのカメラマンにとっていいキャチライトだと思うからです。

だから、カメラマンの数だけ答えはあるということです。

つまり、あなたが「これが好き!!」という照明やモデルとの距離が、あなたにとって「これがキレイ」と言えるライトだということです。

もし「今のはダメだ」と思っているのでしたら「自分はこんなキャチライトが好き」というライティングを作ればいいのです。

僕自身、数年ごとに好みは変わっていますから(笑)

カメラマンが「これはいい」と感じたものが、そのカメラマンにとっていいキャチライトだと思うからです。と書いたのは、レギュラーの仕事で僕がいつものキャチライトとは違うキャチライトで撮って「これなかなかいいな!」と思ってても・・・

クライアントさんに「タクマサん、今日のキャチライト今までと変えました?」とか「今日のキャチライトいいですね!!」と言われたことは1度もないからです(笑)

なぜなら、クライアントさんや被写体になってくれた人は、キャチライトより「どのような表情の写真を撮ってくれたか?」ということが、一番重要な要素だからです。

クライアントさんが気になるのは、目の中に写り込む光より被写体の表情なのです。

キャッチライトのことを気にしているのは、プロ、アマに関わらず撮る側の人達だけような気がしますね。

ちなみに僕が好きなキャチライトは・・

1−四角いソフトボックスを上下にして撮る、瞳の上下に四角いライトが写るキャチライト。

2−フロント紗幕で撮る、今一番多くのカメラマンが使ってるキャチライト。

3−フロント紗幕+トレペで撮る、フロント紗幕と違って撮ってるカメラマンが瞳の中に写り込まずに、瞳全体がふわぁ〜〜と光ってネコの目のように写るキャチライト。

などなど、これらを使い分けています。

今書いたライティングは、僕が

プロのスタジオライティングを簡単に学びたい人の為に制作したDVD1で紹介しています。

DVDの紹介動画

DVD1〜6に関しての詳しいことは→こちらから

☆タクマさんのキャッチライトの修正を知りたいです☆

撮った後に「もう少し明るくしたいな」と感じた場合のみ、明るさを修正しています。

それ以外は眼の白い部分が濁っている場合、自然な白に修正しています。

131114-4.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2013年11月20日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。