PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

マネるのは悪いの?

「あなたの写真って、先生のマネじゃない!!」って、みんなから言われて落ち込んでる方から相談メールがありました。

Aさんは、ある先生(写真家)の写真クラブに所属していて

クラブで写真展を開いた時に、来てくれた人達からの評判がすごくよかったらしい。

でも、クラブのみんなからは「あなたの写真って先生のマネじゃない!!、先生に悪いと思わないの?

先生をマネした写真を発表して!!」と言われて落ち込んだらしい。

クラブの仲間に言われたらそりゃ~~落ち込んだでしょう。

でも、これって、非常~~~によくあることなんですよ。

これはですね、落ち込んでる場合じゃないんです!!

喜ばなければいけないのです!!

つまり、みんながAさんの写真が先生のレベルに達してると認めてくれたと言う事なんですから(笑)

でもね、みんな悔しいんです(笑)

だから、「いい写真ね!!すごいじゃない!!」って言えないんです。

とにかく悔しいんです。

「私よりいい写真が撮れるようになって、悔し~~~い」って

実は、専門学生時代の僕がそうだったので、よ~~~く分かるんです(笑)

僕の場合は「お前の写真って、○○さんのマネじゃない!!オリジナリティーがないんだよ!!、マネするなんてお前の人間性を疑うよ!!」と言って、なんとかこいつの写真のレベルが上がらないようにと、足を引っ張っぱろうとしたものです(反省)

つまり、心の本心では「こいつ、うまい!!すごい!!」って認めているんです。

でも、その言葉が悔しくて出せなかったんです。

僕も植田正治さんと、エルンストハースの写真が大好きで、もう出来うる限りマネしようとしました(笑)

作品を見てもらった編集者に「あなたの写真って植田正治さんの写真に似てるね!!」ってよく言われました。

そんな時は「えっ!!分かります?実は植田さんの写真大好きなんですよ、だからおもいっきりマネてるんです、でもなかなか植田さんのような素敵な写真が撮れないんですよ、でも今、似てますね?って言われたんで、少しは植田さんに近づけたのかも?と、うれしくなりました」と、正直な気持ちを言っていました(笑)

*TVの歌まね番組を見れば分かるともいます、歌まねがうまい人って言うのは、基本的に歌が上手い人なんですよ。

*写真でいうと、いい感性を持っていないと「マネすら出来ない」という事です。

つまり「あなたの写真って○○さんに似てるわよね」って言われるということは、それだけ「あなたはいい感性してますね」と言われたのと同じことなのです。

喜んでいいいんですよ(笑)

どんなにマネをしようとしても100%同じ写真って絶対に撮れないですから。

絵でも、スポーツでも最初は上手い人の前から始まるんです。

でも、必ず、オンリーワンになってくるんです

写真をやり始めた人は必ず誰かの写真を見ます。

そして「あっ!!私もこんな写真撮りたい!!」と思います。

次に、撮り始めます。

もうこの一番最初の時点で誰かの写真に影響を受けているのです。

そこから、気がつかない間にマネが始まってるんです。

自分が好きな写真を撮るカメラマンをマネるのはいいことです。

あなたが、マネようとしているカメラマンも、必ず誰かの写真に影響を受けてるわけですから(笑)

いい写真って、やっぱり構図がいいです、被写体の捉え方がいいです。

つまり、いい写真っていうのはみんな「いい」という部分でなにかしら似てくるのです。

自分が好きなカメラマンと感性が近いと特に似てきます。

その写真家から学んでると、もっと影響を受けて似てきます。

もし、「誰かのマネじゃない?」って言われたら、好きなカメラマンからいい影響を受けて、それを自分の感性が受け止めたから、人から「マネじゃないの?」って言われるような素敵な写真が撮れたので、決して落ち込む事はありません。

それより、「みんなが自分の写真を認めてくれたんだ!!」って喜びましょう!!

あなたの感性がそれだけ素晴らしいというが証明されたんですよ!!

おめでとう!!

才能がなければ、人から「マネじゃない?」って言ってもらえる写真は撮れませんから。

その写真の中から、気がついたらあなたのオンリーワンの写真が生まれてるんですよ。

生まれも育ちも食べてるものを違うんです、同じ写真は100%撮れないんです。
それは、被写体を捉える感性が近いというだけなのです。


*人に何かを言われたということにエネルギーを使うより、自分は何が撮りたいのか?ということにエネルギーを使った方が楽しいですよ!!

B1b.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年04月24日 | コメント:14 | TOP↑

コメント

ステキ☆

この花の写真とっても、ステキ!!
なんだか、元気になりますね。

私も、宅間さんの写真の真似をしています。
でも、なかなかマネできないですけど・・・。

次はこの花のような写真をマネして撮りたいと思います。

| みなこ | 2006/04/23 19:37 | URL | ≫ EDIT

パクルって難しい。。

上手な方の写真をパクルって難しいと思います。
ちゃんと勉強している方だとかんたんなのでしょうか?
そんなことないと思います。
例えば、先生の隣にいて同じように撮影しても多分。。。
学んでいく過程で好きな方や好きな作品の好きなところをチョイスして自分流を作り上げたいです。

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/04/23 20:34 | URL |

そういうひどい事を言われた事がないですが
ひどいことを言う人がいるんですね
あたしなら素直にいっちゃいますけど(笑
凄いですね!上手いですねって

| こりゅう | 2006/04/23 21:47 | URL |

タクマさん、初めておじゃまします。
HPの写真を見ながら、なんかドキドキしてしまいました。

最近写真の楽しさにかなりはまっているんですが、
僕は何かにつけ人の影響をうけやすい物真似大王なので、
他の人の写真はなるべく見ないようにしていました。
でも横目で見るのではなくて、
真正面からしっかり真似すればいいんだーと、目からうろこです。

自分がやりたいことをいっぱい楽しんで、
それで人も喜んでくれたら最高ですね^^
ブルーノートも欲しいなー
またおじゃまします。

| ゆらゆら | 2006/04/23 22:20 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!
ちょこちょこ拝見させて頂いてました。あいこっていいます^^
自分は今写真部に所属して1年になるのですが、まだまだです;;

タクマさんのブログは勉強になることがいっぱいで、
色が鮮やかな写真がもとても好きです!

今まで、真似ってしちゃいけないことなのかと思っていましたが、そうではないのですね。
私もそれを頭に入れて、どんどん写真を撮っていこうと思います!
それから最近すごく悩んでいたことがあったのですが、
タクマさんの記事を読んで、すっきり解消できました。
ありがとうございました。

まとまりのない文章でごめんなさい。また来ます!

| あいこ | 2006/04/24 00:44 | URL | ≫ EDIT

タクマさん こんばんは!

誰かの真似をすることって自然なことですよね。憧れというか。
同じものをみても、一人ひとり違う受け止め方があるから、
その人を通して生まれたものは、その人にしか生み出せないものだと私は思います。

今日、『地球交響曲』のDVDが届きました!
1~5番+特別映像、シノプシスブック付。
当然のことながら星野さんが登場されている3番も入ってます。
初回限定版は残りわずか、通常版については未定だそうです。
ほんの少しだけ観てみましたが、それだけでもとても癒されました。
私は写真については詳しくありませんが、
星野さんが冒頭に
「自然をみててほっとしたり、何かを感じるって言うのは、
熊だからじゃなくて、鳥の動作が面白いからじゃなくて、
やっぱりそこに鳥が生きている不思議さっていうのは、
最終的には自分自身が生きている不思議さなんで。」と語るときに
映し出されている動物たちの写真には
その星野さんの思いが表れているような気がしました。

皆さんも是非、「地球交響曲」自主上映映画ですが、
ごらんになってみてくださいね。

写真についての書き込みじゃなくてすみませんm(_ _)m
そぐわなかったら削除なさってくださいね☆

| ameixa | 2006/04/24 00:45 | URL |

タクマさん、はじめまして。
初めて書かせていただきます。

自分は人物を撮影しています。
最近こちらを知って、作品作りに勇気を頂きました♪♪

撮りたい物は決まってても、なかなかオンリーワンが見出せていないんですが、思いっきり真似ることもその方法のひとつかなって、また勉強させていただきました♪

ありがとうございました。

| まさ | 2006/04/24 01:45 | URL |

タクマさん、こんにちは。
今大好きなチューリップの撮影に明け暮れています。
何回もタクマさんの作品を見て、同じように撮りたいとがんばっています。
先日やっと似たような感じに撮れ、すご~くうれしかったぁ。
それから質問なんですが、今日の作品のクロス現像って何ですか?

| レイ | 2006/04/24 08:56 | URL |

生まれてこの方、「まね」をしたことない人はいないと思います。
「まね」から始まり、そこから誰のものでもない自分だけの本当のオンリーワンが出来上がってくる、そう信じてます。

いつもながら、タクマさんのメッセージには勇気付けられます!!

| ひらりん | 2006/04/24 13:20 | URL |

タクマクニヒロです

*みなこさんへ
はい、おもいっきり真似てください(笑)

*なんちゃってさんへ
そうなんです、真似は簡単そうで難しいのです。
いい感性がないと真似ることもできません。

*こりゅうさんへ
なかなか言えないものです(笑)

*ゆらゆらさんへ
本当に才能がないと、ただの真似で終わってしまいます。
だから、真似が出来る人は才能があるということなのです(笑)

*あいこさんへ
コメントありがとうね!!
よく真似はダメだと言う人がいますけど、僕は真似る過程で僕のオンリーワンを見つけることが出来ました。
真似をする過程が大切なのです。
必ず、いい発見がありますよ。

*ameixaさんへ
そうですか?DVDがでたんですか!!
僕もこのシリーズは映画ですべて見ています。
とくに写真家の星野さんが出ているシーンは、ず~~~と泣きながら見てました(笑)
はっきりいって、感動しましたね!!
いい情報ありがとう!!

*まささんへ
コメントありがとう!!
真似をしたいと思うってことは、そのカメラマンと自分の感性が近いとういう証拠なんですよ。
つまり、ある意味で自分の将来の写真の一部なんです。
オンリーワンを焦る事はないです。
自分が気がない間に出来てますから(笑)
そんなものです。
「オンリーワンを見つけるんだ!!」
「作るんだ!!」って言ってる間はダメです。
無我夢中で撮ってる時、に、それは「やってきます。」

*レイさんへ
前に、このブログに詳しく書いたんだけどね(笑)
簡単にいうと、ネガフイルムをポジ現像にする。
コントラストが柔らかくなります。
ポジフイルムをネガ現像するということです。
コントラストが強くなります。
でも、東京の大手の現像所でしかやってくれません。

*ひらりんさんへ
おっしゃる通りです!!
そして、真似をしていなくても人から「真似じゃない」って言われることがあります。
それは、喜んでいいんです。

| タクマクニヒロです | 2006/04/24 19:38 | URL |

こんばんは

はじめまして。
タクマさんの写真観参考にさせてもらってます。

タクマさんの作品を真似してネモフィラなんかを撮ってみましたが、全然違うものが出来上がりました。(笑)
芸術は模倣からなんて言いますが、真似しようと思ってもなかなかできるものではありませんね。
でもいい作品を真似するプロセス、そんな気持ちを持ち続けたいです。

| クローム | 2006/04/24 21:58 | URL | ≫ EDIT

植田正治写真集

初めまして
この本を見つけて嬉しくなり\(^o^)/ コメントします。
私がモノクロをやってみようと思ったのは
植田さんの写真展を見てからです。
それまでは、
色が付いているのになぜモノクロにするのだろう?
と思っていました。
彼のモノクロ写真をみて嬉しい気持ちなった!!
楽しくなった!!
洒落た気分になった!!
だから写真専門学校まで飛んでしまいました。
アハハ (^∇^)
私、モノクロ写真に調和する被写体をさがしてみたい。
カラー写真とは違う気がしてます。
東京の空の下で見つかるかしら?

タクマさんのブログは優しさが漂っていて
素敵ですね。私もお仲間に入れて下さいね

| shinri.A | 2006/04/26 02:45 | URL |

タクマクニヒロです

*クロームさんへ
そうなんですよ!!
真似をしようとして違うものが出来てしまう!!
ここがいいんです!!
ここにオンリーワンが隠れているんですよ!!
大切な事は真似をすることより、真似をするという、その過程で生まれる自分の工夫の中にあるのです!!

*shinri.Aさんへ
コメントありがとう!!
東京にもモノクロになる被写体、いっぱいありますよ(笑)

| タクマクニヒロです | 2006/04/26 19:25 | URL |

はじめまして。
いつもこっそり拝見していました。
自分らしい写真ってなんだろう?って悩みつつ私も誰かの作品を真似てばかりのような気がして落ち込んでいました。
でも、タクマさんの言葉で雲が晴れたような気がします。
これからも撮り続けます。

| こっぱ | 2006/05/06 06:40 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。