PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

モデル ポーズの付け方。

Q:はじめまして。

福岡でカメラマンアシスタントをしている25歳です。

いつも楽しくブログを拝見しています。

今私は写真スタジオでアシスタントをして3ヶ月が経ちます。

ブライダルホテルのテナントスタジオで婚礼の撮影をメインに仕事をしています。

これまでいろんな新郎新婦のポーズ付けをしてきたのですが、今だにポーズが覚えられないでいます。

特に前撮りというロケーション撮影においては、場所によってポーズがバラバラでとても多すぎて覚えきれません。

そこで質問なのですが、宅間さんならどういう方法でポーズを覚えますか?

ちなみに私は撮影後の写真を見て立ち位置や体の向きのパターンを記録していますが、撮影当日になるとカメラマンの動きがいつも違うので頭がパニックになってしまい、覚える事に恐怖を覚えてしまいました。

何かいい方法はありますでしょうか。

変な質問で申し訳ありません。

A:僕なりの返答です。

僕だったら、あなたと同じように撮影後の写真を見て立ち位置や体の向きのパターンを記録して、それを毎日徹底的に覚える努力をします。

それと同時に、自分が新郎新婦になった気持ちで、撮影するそれぞれの場所をイメージして、部屋の中で鏡を見ながらポーズの練習をします。

そうやって頭と体で覚えます。

そして「撮影当日にはカメラマンの動きが変わるものなんだ』ということを前提に、今まで自分が覚えたポーズのパターンプラス、カメラマンの動きがいつもと変わった時のポーズのバリエーションも資料の中に日々増やしていって、毎日その日の仕事を振り返って「あの時はこうやればよかったんだ、今度はそうしよう」と、反省会をしいます。

反省会と言っても自分を責めるのではなくて・・・

「今日できなかったことを次回出来るようにするには何をすればいいのか?」ということを考えて、それが実行できるように練習するなり、分からない箇所はカメラマンに質問します。

カメラマンの動きが違うとパニックになるという対処法は・・・

毎回仕事のスタート前に「カメラマンは毎回動きが違うものなんだ、だから今日も前とは違う動きをする」と、いう心づもりで対処すれば焦ることはないと思います。

どの仕事でもそうですけど、最初から上手くいくことなんてないんですよ。

大切なのは「今日できなかったことを次回できるようにするには、何をすればいいのか?」ということを日々考えて、それを実行するためにベストを尽くせばいいのです。

そうやっていくうちに「どうして、こんなことでドキドキしていたんだろう?」と笑える日がきます(笑)

それでは、明日からもあなたがやるべきことにベストを尽くして下さい!!

29_20140110190208c84.jpg
*パラオで見つけた民家の壁。
コバルトブルーの海と同じくらい美しかった、ペンキの剥がれ具合は100点満点。

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2014年01月15日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。