PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ポートレートの撮影の練習方法

Q:現在フォトグラファーを目指している高校2年生です。
私は今高校生なので、一眼レフを購入しても風景写真しか撮ることができません。
しかし私は将来人を撮るフォトグラファーになりたいと思っています。
大学に進むまでは現在のような活動を続けようと思いますが、ポートレートの撮影の練習などはどのようにすればよいのでしょうか。
最初はやり方がわからずモデルさん等に迷惑をかけてしまうようなことはないのでしょうか?
長文の質問失礼しました。

A:僕なりの返答です。

Q:ポートレートの撮影の練習などはどのようにすればよいのでしょうか。

風景以外に人を撮ればいいのです。

友達、家族、などなど男性とか女性にこだわらないで「撮らせて」と言ってどんどん撮ればいい練習になります。

ポートレイトの中でも「女の子のポートレイト」の撮り方を勉強したいのでしたら、この本がオススメです。
    ↓
よくわかる!ポートレイトレッスン

*本のタイトルの最初に「よくわかる!」と書いてあるように、女の子のポートレートを撮る為に必要なこと・・・

・一眼レフカメラの機能の活かし方・ポーズのつけ方・色んな場面でのレンズの選択方法・手軽に購入できるクリップオンストロボを使った撮り方、などなど、女の子のポートレートを撮る為に知っておいた方がいいことが、とても分かりやすく丁寧に解説されていいます。

この本はとにかく、見やすくて、分かりやすいです!!

高校生の時からこの本を読んで専門学校や大学に入ったら、女の子のポートレイトに関しては圧倒的に上手い生徒になれますよ。

学校で出る試験の解答を事前に知ってるようなものですから(笑)

Q:最初はやり方がわからずモデルさん等に迷惑をかけてしまうようなことはないのでしょうか?

この本で学んだことを、最初は男子とか女子にこだわらないで、あなたの友達に「撮らせて」と言ってどんどん撮ればいい練習になります。

こういったことはスポーツと同じで、練習してなれれば大丈夫です。

ちなみに学生の頃の僕は、あなたと同じで風景しか撮っていなかったので、女の子を撮影する時に声をかけるのが恥ずかしくてね。

せっかくお願いしてモデルになってもらった子に、撮影中一言も話さないで、顔を真っ赤にして、冷や汗をかきながら、ただシャッターを押していました。

撮影後に「もうタクマさんには撮られたくない」って言われましたから(笑)

あなたはまだ高校生ですので大丈夫です。

撮影を楽しんで下さい。

*僕がブログで本紹介しているのは、僕が出版社に頼まれて書いてるのでは?と思っている人もいるかもしれませんけど、誰からも頼まれていませんよ(笑)

僕が本屋で見て「これはいいかも?」と思った本を購入して、じっくり読んで「やっぱり、これはいい!!」と思った本だけ紹介しているのです。

ただ、本の好みは人それぞれ違いますので何かのピントにしてもらえたら幸いです。

A161.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2014年01月20日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

ありがとうございました!

質問への返答ありがとうございました!
オススメしてくださった本購入して見ようと思います。自分らしい写真を撮りたいとは思いますが、撮影の基礎はいくつ学んでもいけないことはないと思うので!!
私の家族は写真嫌いなので友達に頼んで見ようと思います。少しでもポートレートの撮影に慣れることができるよう、頑張ります!
同時に風景写真もたくさん撮っていこうと思います。
ありがとうございました。

| KAZUMI | 2014/01/20 23:40 | URL |

ご無沙汰しています

タクマさんこんにちは、Hollyです。
もう忘れられちゃったかもしれませんけれど(苦笑)
お腹手術したり、目を患ったり、いろいろありましたがようやく写真撮れるくらい元気になりました。
右目の視力が落ちたので左目でファインダーを覗く練習がてら、ポートレート撮っています(あいかわらずニコニコ顔しか撮れませんけれど)。カメラも左目で撮りやすい機材に乗り換えました。またよろしくお願いいたします。

| Hollly | 2014/01/20 23:45 | URL | ≫ EDIT

* KAZUMIさんへ
はい、あの本は分かりやすくて役に立つと思いますので、ぜひ読んで色々学んで下さい。

* Holllyさんへ
覚えていますよ!!
元気になられてよかったですね。
好きなことをやってると免疫力があがって元気になれるので、これからも写真をおもいっきり楽しんで下さい。

| タクマクニヒロです | 2014/01/21 19:01 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。