PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

好きを仕事にするには?

僕の→マンツーマンワークショップに参加した人達の話。

Aさんの場合・・・

Aさんは「女の子を撮るカメラマンになりたい」ということで僕のマンツーマンワークショップに参加しました。

Aさんの作品を見せてもらった時の僕の感想は、本人も写真も「暗いな〜〜」でした。

とにかく、映ってる写真はピチピチ弾ける年頃の女の子なのに写真全体がが暗〜〜いのです。

そこで・・・

どうしてカメラマンになりたいのか?

どうしてこんなに暗い女の子の写真を撮ってるのか?

などなど・・・色々話を聞かせてもらいました。

そこで気がついたのが・・・

趣味の料理の話になると、Aさんが笑顔で明るい人になるのです(笑)

「料理の道具はプロ並みに揃えているんですよ」とか「今度、私の料理を食べて下さい、おいしいですから!」と、話しているAさんの表情とてもいいのです。

そこで「女の子の写真を撮るカメラマンではなく、料理もできる料理カメラマン」になれば?と「料理ができる料理カメラマンへの道」の歩き方をアドバイスさせてもらったのです。

1年後・・・

タクマサん、今度○○という雑誌で小さいカットですけど、料理の写真を撮ることになりました!!
と喜びのメールが届きました。

2年後・・・

タクマサん、料理を撮る仕事ではなく『私が創った料理が雑誌に掲載されるんです!!』
と、大喜びのメールが届いたのです。

そして、今では各種マスコミに登場するほどの若手料理人になっています。

Bさんの場合・・

Bさんは「アイドル、タレントなど人物を撮るカメラマンになりたい」ということで、僕のマンツーマンワークショップに参加しました。

ところが、見せてもらった作品は「上手い!絶対プロになれる!」という程ではなかったのです。

つまり、作品を持って営業に行ったとしても撮影を依頼してくれるクライアントさんを探すのはなかなか難しいな〜と・・

で、いつものように

どうしてカメラマンになりたいのか?

どうして人を撮りたいのか?

などなど色んな話を聞かせてもらいました。

すると、Aさんとは違うのですがBさんはグルメなのです。

「食べることが何よりも好きです!!」と笑顔で言うのです(笑)

そこで僕は「人物を撮るカメラマンではなく、料理カメラマンを目指したらどう?」

なぜなら、「料理カメラマンって料理家の先生が創った料理を、撮った後に食べることができるんだよ・・」

「撮影料をもらいながら、おいしい料理を食べることができるって、よくない?」

と言ったら・・

「本当ですか?それいいです!!料理カメラマンになりたいです」と笑顔で言ったわけです(笑)

そこで僕は・・

「人物を撮るカメラマンではなく、料理を撮るカメラマンへの道」の歩き方をアドバイスさせてもらったのです。

Bさんは、それからは料理写真のノウハウの勉強をしながら作品創りをしました。

そこそこの作品が出来たので、僕がDVD5で話している営業方法を具体的にアドバイスして営業活動開始

DVD5で話している営業方法は間違っていなかったようで、小さな仕事ですけど撮影依頼が来たのです。

そうやって少しずつ仕事が増えていき・・・

タクマさん、タクマさんが言ってた通り・・・

撮影料をもらいながら、おしい料理を食べることができる、私にとって、こんな幸せなことってないです。

1日に何品も撮影する時は、料理家の先生が創った料理をすべて食べたいので、朝から何も食べないで行くことにしています。お陰で太りました(笑)

とうれしいメールが届きました。

Aさんは、料理カメラマンを目指して→料理人になり→今はカメラマンに撮られる側の人になり

Bさんは、食べることが大好き→料理カメラマンになり→撮影料をもらいながら、日々おいしい料理を食べている

人生っておもしろいです。

ただ、誤解しないで欲しいのは・・

僕のspan style="color:#0000FF">マンツーマンワークショップに参加した人すべてが、2人にように自分が好きな道を歩めるわけではありません。

何が違うのか・・・

2人に共通していることは・・・

諦めないで前に進むという強い意志です。

いったい何がそのパワーの元なんだろう?と考えて、答えが見つかりました。

それは、2人とも『大好きだからあそこに行きたい』という目的地を見つけたからです。

大好きだから「絶対に、何があってもあそこに行きたい!!」というエネルギーが湧いて来たのだと思います。

『好き』という想いは、大きなパワーになります。

bluenote.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2014年01月29日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。