PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンになる方法を教えて下さい。

Q:将来カメラマンを志望している者です!
今、県内の高等専門学校に在籍しており、来年度で20歳を迎え、5年生となって学校を卒業します.
私は姉が趣味で写真をやっているという影響を受け、高専1年生の冬に始めてカメラを買い、今まで写真を撮り続けています。
自慢話となってしまいますが、高総文やコンテストでは数回の入賞を果たし、賞金や旅行券、カメラなどの賞品を頂き、自分の写真に対する自信につながっています。
入賞する事は非常に嬉しい事なのですが、やはり一番嬉しいのは、自分の写真を見てもらった友人や先輩に、「この写真好き!」「この写真欲しい!」などと言ってもらえることです。
そんな喜びを糧に写真を続けてきました。
ですが、そんな楽しい学生生活もいよいよ来年度で終わり、次の道を選ぶときが刻々と迫っています。

私は、写真を一生の職業として続けていきたいと強く思っています。
理由は、写真が好きだからです。
私には、自分の写真をもっと多くの人に見てもらい、もっと多くの人を感動させたいという夢があります。

ですが、進路の一つとして「カメラマン」という職種について調べていると、「将来が無い」「厳しい」という意見ばかりで、カメラマンを目指す事が怖く、不安でいっぱいです。
夢に向かう一歩をなかなか踏み出せずにいます。
私は、写真を職業にできるのならお金はいりません。
というと綺麗事のようで生意気だと思われるかもしれませんが、私は本気でそう思っています。
生活するのにはお金が必要なので多少は欲しいですが...(笑) 

最後に決めるのは自分だとわかっていても、どうにも踏み出せません。

このまま普通に卒業して、会社に勤めて、安定した給料をもらい、幸せな家庭を築き、趣味で写真を撮り続けながら、そっと死んでいく。
そんな一生でも十分に幸せだと思うのですが、私はいつか、どこかで、絶対に、「カメラマンになりたかったなあ」と後悔をする気しかしないのです。
少しでも実力があるとわかっている事に賭けてみたいですし、一度しかない人生の中で、人一倍輝いてみたいのです。

私は今、真剣に悩んでいます。
私はカメラマンになりたいです。
どうか、ほんの少しでよろしいのでアドバイスをいただけたら幸いです。

A:僕なりの返答です。

私は、写真を一生の職業として続けていきたいと強く思っています、理由は、写真が好きだからです。

だったら、写真を一生の職業にしたらいいかがですか。

私には、自分の写真をもっと多くの人に見てもらい、もっと多くの人を感動させたいという夢があります。

だったら夢を叶えて、人を感動させたらいいと思いますよ。

私は、写真を職業にできるのならお金はいりません。
というと綺麗事のようで生意気だと思われるかもしれませんが、私は本気でそう思っています。


本気でそう思ってるのでしたら、何かに「将来が無い」「厳しい」とか書かれていてもそんなこと気にしないで、カメラマンになればいいのでは?

そんな一生でも十分に幸せだと思うのですが、私はいつか、どこかで、絶対に、「カメラマンになりたかったなあ」と後悔をする気しかしないのです。

人生を振り返った時に後悔したくないのでしたら、カメラマンになればいいじゃないですか。

少しでも実力があるとわかっている事に賭けてみたいですし、一度しかない人生の中で、人一倍輝いてみたいのです。

賭けてみたらいいじゃないですか。

そして、人一倍輝いてみたらいいじゃないですか。

最後に決めるのは自分だとわかっていても、どうにも踏み出せません。

踏み切れない理由は・・

「本当にプロとして通用するのだろうか?」「生活できるのだろうか?」という不安だと思います。

でも、これだけはやってみなければわからないのです。

『今のあなたの想いが、あなたの未来を創っています。』

つまり、カメラマンになった「将来が無い」「厳しい」と想っていたら、そんなカメラマンになるということです。

もし、僕から・・・

あなたなら100%プロカメラマンになれます!!

多くの収入を得て生活に困ることもありません!!

と言われなければトライできないのでしたら、趣味で写真を撮ることをお勧めします。

我慢できないくらいトイレに行きたくなった時に・・・

「今からトイレに行ってもいいですか?」って誰かに聞きますか?

トイレがとんでもない場所にあっても、ダッシュするでしょ。

いい例えではなかったかもしれませんけど(笑)

つまり、誰に反対されても「トライする!!」と強く言えるようでしたらGO!です。

カメラマンを目指して色々トライして、もし、なれなかったとしても・・・

その仮定で得た経験は、それ以降のあなたの人生において必ず役に立つものになると思います。

これも、断言はできませんよ。

でも、人生を振り返って「あ〜〜あの時トライしておけば」と後悔はしなくてすみます。

職種に関係なく・・・

夢を叶えるための努力を苦労と感じる人は、趣味でやることをお勧めします。

僕はカメラマンになれるまで色んなアルバイトをしながら貧乏生活をしましたけど・・・

そういった日々を苦労だと感じたことは1度もなかったのです。

「かめらまんへの道」を歩んでる途中に目の前に壁が現れて「うわぁ〜ダメだこりゃ〜」と落ち込みはしましたけど(笑)

「苦労してる」と思ったことは本当にないのです。

別に「貧乏生活をしなさい」と言ってるのではありませんよ(笑)

・・・以上が僕からの返答です。

カメラマンになる方法は、このブログのカテゴリー欄の「カメラマンになる方法」に色々書いていますので、参考にして下さい。

あなただけではありません・・

みんな学生生活が終わりに近づいて将来のことを考えた時にメチャメチャ迷います。

ネットで調べたり、人に相談したりします。

でも・・・最後に決めるのは人ではありません。

自分自身です!!

自分がどうなりたいのか迷っている人に一言

もし、今、手元に10億円あったら何がしたいのか?

と、自分に問いかけて下さい。


それでは、今日も1日、自分のベストを尽くしましょう!!

3.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2014年01月30日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

ポートレート撮影をする予定があるのですが当日までの間、撮影方法を勉強したりその知識で毎日試し撮りしています。心配なのが二人きりという事です。当日はいろいろと試したいライティングやプランの流れなど頭をフル回転しての撮影になると思うのですが自分はひどく焦り症なので撮る事でいっぱいになりそうで心配です。タクマさんが紹介してくださった本も購入してその辺の事もわかりやすかったのですが、もっといろんな方のコツが知りたいのでタクマさん流のモデルとのコミュニケーション法をぜひ教えて下さい。

またほんの少しポッチャリ系(丸顔)の女の子を撮影する際に撮影方法・注意点を教えて頂けないでしょうか?お願いします

| AKI | 2014/01/30 22:58 | URL |

カメラマン志望のかたへ、
一言いわしていただくと、一生懸命努力すればお金は必ず後から付いて来ると信じています。それがあなたの希望する金額かどうかはわかりませんが。。。
他力本願はどうかと思いますが世の中そんなに捨てたもんでもないですよ。
がんばって下さい。

| ますいしんいち | 2014/01/31 21:08 | URL |

宅間さんへ:
お忙しい中、質問に回答していただいて本当にありがとうございます。
これまで何度も悩む中、何度もブルー・ノートを読んで、宅間さんのまっすぐなメッセージを見て、自分自身の夢について真剣に考えてきました。そして、このような形で宅間さんから直接メッセージをいただくことができて、本当に嬉しいです。全ての一言がとてもストレートで、心に響きました。やっと一歩を踏み出す事ができそうです。僕は、カメラマンになります。

ますいしんいち さんへ:
こんな見ず知らずの僕にアドバイスをくださり、ありがとうございます。
僕も、努力をすれば必ず結果がついてくると信じています。
頑張ります!!

| へんみ | 2014/02/01 00:14 | URL |

*ますいさんへ
質問への返答、ありがとうございます。

| タクマクニヒロです | 2014/02/01 19:03 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。