PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

撮影場所はカメラマンが選ぶの?

Q:こんにちは。現在フォトグラファーを目指している者です。

ポートレートの撮影時の質問なんですが、撮影場所や写真の背景はカメラマンが用意するものなのでしょうか?
それともクライアントが決めてあるものなんでしょうか?
また背景の決め方などでコツなどありますか?
お時間があるときでいいので返信いただけたら幸いです。

A:僕なりの返答です。

Q:ポートレートの撮影時の質問なんですが、撮影場所や写真の背景はカメラマンが用意するものなのでしょうか?

撮影場所やスタジオなどで使う背景は、クライアントさんと打ち合わせをした後にカメラマン主導で決める場合が多いです。

なぜなら、カメラマン自身が撮影しやすい場所や撮りやすい背景で撮るのが、一番自分のカメラマンとしての腕を発揮しやすいからです。

クライアントさんとの打ち合わせの時に・・

「こんな写真を撮って欲しいんだけど、どこがいい場所ないですか?」とか

「どこかいいハウススタジオ知りませんか?」とか

「白ホリのスタジオで撮影するんですけど、背景は何色がいいですか?」とか

「ソファーかイスなど用意した方がいいですか?」

などなど、聞かれます。

そういった時に、カメラマンが「それならいい場所がありますよ」とか「何色の背景(バックペーパー)で撮ればいいと思いますよ」という感じで、色々と提案をするわけです。

ただ、クライアントさんによっては、打ち合わせの時に「今度はここで撮ろうと思っています」とか「この色の背景で撮って下さい」と決めてくる人もあります。

そんな時は「はい、わかりました」と言ってクライアントさんが望む場所や望む背景で撮ればいいだけです。

僕の経験では、クライアントさんの90%はカメラマンにいいアイデアを求めてきますね。

だた、スタジオで使う背景のペーパーや布バックに関しては、カメラマンが自分のを持って行く場合と、スタジオに手配してもらう場合があります。

僕は自分では何ももっていませんのでいつもスタジオや写真の背景(布バック)を扱ってるレンタル会社に手配しています。

Q:背景の決め方などでコツなどありますか?

これには、正解はありません。

あなたのカメラマンとしての感性の問題です。

つまり、カメラマンのあなたが閃きで決めるのです。

いい閃きを得るように感性を高める為にも、プロになる前から感性を高める為に色んなこと経験したり見たりすることが大切です。

何をしていいのか分からない人は、雑誌でも写真集でも個展でもなんでもいいから・・

とりあえず、自分が「こんな写真を撮りたい」と思った写真のストックを集めることです。

自分が「これの写真いい」と感じたものは、それを撮ったカメラマンと感性の波動があってるということです。

今日書いたことは、雑誌やグラビア雑誌なのでポートレートの撮影時ということを前提に話しています。

広告やCDジャケット、カレンダーやカタログ、パンフレットなどの撮影の時は、カメラマンだけが決めるのではなくて・・・
打ち合わせの時に、デザイナーと話しながら決めることが多いです。

下の写真は、今発売されている→別冊プラスアクトに掲載されている写真です。

テレビ局の小さな1室の壁に、黒い布をテープで貼って、その部屋に最初からあったソファーを使って撮りました。

ライティングは窓からの自然光のみです。

こういった取材と呼ばれる撮影では、前もってモデルさんの服の色、どういった場所で撮れるのか?、そこに何があるのか?

といことが当日現場に行ってからじゃないとわからないので・・・

とりあえず、黒バックを用意していたらなんとかなるんじゃない!!

というかる〜い気分で背景を決めています(笑)

この時は、その黒バックが正解だったというわけです。

布は僕が用意したものではなくて、編集担当者が編集部にあった布を持って来てくれたものです。

ガーゼのような薄い布だったので、壁に張った時には壁の茶色い板が見えていました。

いつも24〜70ミリのズームで撮るのですが、この時は黒い布の後ろから茶色の板の目が見えていたので・・・・

レンズを50ミリの単焦点レンズに変えて、解放値近くで撮ることにしたのです。

理由は、50ミリの単焦点レンズを解放値近くにして撮ると、ズームと比べてモデルの後ろがボケるのです。

被写体の後ろがボケることで、茶色の板の目が目立たなくなり布の黒が強調されるわけです。

そして、撮影後に粒子を荒らして後ろの黒をより強調したので、現場では見えていた黒い布バックの後ろ側の茶色の壁がまったく目立たなくなりました。

フイルムで撮っていたころだったら「これはまいったなぁ〜どうしよう〜」と思ってたことでも、今は「後からフォトショップでなんとかすればいいや」と悩まなくなりました(笑)

140218-1.jpg
別冊プラスアクトに掲載されているモノです。

*レンズ50ミリ、絞りF2、ISO感度1600、ライティングー窓からの自然光のみ


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2014年02月18日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

ありがとうございました!

質問への返答ありがとうございました!
将来ポートレートを中心とするフォトグラファーになろうと思ってるんですが、撮影風景を見たことがないので、いろいろ不安になってしまいます。
なのでTAKUMAさんが書いてくださることがとても参考になっています!
また何か質問させて頂くかもしれませんがよろしくお願いいたします。

| KAZUMI | 2014/02/19 05:43 | URL |

*KAZUMIさんへ
このブログが少しでもお役に立ててよかったです。
また何かあったら遠慮なく質問して下さい。

| タクマクニヒロです | 2014/02/19 13:06 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。