PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 雨

Q:こちらのエピソードとても参考になります。
でも、もしやっぱり雨が止まなかったらどうされていたのか、 2時間のカフェで面白い話をされながらも、タクマさんは考えておられたことと思います。
そのときの対応策も是非教えてください。
よろしくお願いします。

A:お答えします。

実は、外ロケ(外で撮影をする)の場合は「当日、雨で撮れなかったらどうしよう」ということを、スタッフとの打ち合わせの時に考えているのです。

雨が降って撮れなかった場合の予備日がある時は、撮影時間に雨が降っていたら速やかに延期が決まります。

雨予備日がない場合は、打ち合わせの時に「どこで撮るのか?」ということをあらかじめ決めているので、そちらに移動して撮影することになります。

この時は、公園で撮れなかった場合は「背景は緑にはならないけれど、撮影をさせて頂く方の部屋で自然な空気感を出して撮る」ということが決まっていたのです。

だから、僕の中では2時間近くの雨待ちに間・・・

「撮れないどうしよう〜〜」と、焦ってはいなかったのです。

ただ、せっかく公園の撮影許可を取ってるし、デザイナーさんが望んでいる緑の背景で撮った方が、よりこの本の表紙としていい写真が撮れるんだけどなぁ〜とは思っていたので、撮影時間ギリギリまで待ったというわけです。

あなたに、どうしても外で写真を撮らなければいけないという撮影依頼が来た場合は・・・

トンネルとか、雨の日でも雨が降って来ない高速道路などの架橋下とか、ガラス張りで外の光が入るビルの中とか・・・

「雨で外の写真が撮れなかった場合、どこで撮るのか?」ということを、事前に考えておくといいですよ。

だから・・・

カメラマンって、「撮影の仕事がなくて暇だなぁ〜」なんて嘆いている暇はないのです(笑)

そんな自由な時間がある時こそ、色んな場所を見て「ここ使えるな!」みないな感じで・・・

いつか依頼が来る撮影の為に、あなた自身のロケハンをするのです。

暇な時っていうのは・・・

「仕事がなくてどうしよう」なんて落ち込んでる場合ではないのです。

あなたのカメラマンとしての感性を育てる為に、写真の女神がプレゼントしてくれた大切な時間なのです。

だから、ロケハンでもいいし、色んな撮影アイデアを考えてもいいし、個展や美術展を見に行ってもいいし、営業活動をする為のブックを作ってもいいしね・・・

な〜〜んて、語っているけど(笑)

「やった〜遊ぶ時間ができた〜〜」と思って、好きなことをしてもいいのです。

時間の使い方に、いいも悪いもありませんからね。

自分が決めればいいのです。

それでは、今日も1日、自分がやるべきことに、今の自分のベストを尽くしましょう!!

59.jpg
*横浜にあった倉庫の扉ー錆びたボルトがメチャメチャ美しいかったので夢中で撮ってると、ガードマンに「何をやってるんだ」と叱られた。


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2014年02月20日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

詳しいご回答ありがとうございます。
カメラマンもいざというとき慌てないために、危機管理が大切!ということが良くわかりました。ヒマなときにぼーっとしないよう気をつけます。勉強になりました。

| サカシタヤマト | 2014/02/21 00:01 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。