PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンの目のケアー

Q:はじめてメールさせていただきます。

わたしも目が疲れやすいのですが 睡眠をとる他になにかよいケアが ありましたら教えていただけますで しょうか?
よろしくお願いします。

A:僕がやっている目のケアーをお話しします。

僕は、カメラマンにとって目の疲れを取ったりするというケアーは、カメラやレンズと同じくらいというより、一番大切なことだと思っています。

今は僕がプロを目指していた頃と違ってカメラのAF(オートフォーカス機能)を使えば、目が疲れていてピントが危うくても問題ないかもしれませんが、僕のようなMFを長く使っていたような古いカメラマンは凄く神経質です(笑)

フイルムカメラで撮っていた頃と今の違いは、パソコンのモニターを見る時間がメチャメチャ多くなったということです。

1日に何時間も眺めています。

僕は14インチのモニターを見ながら作業をしているのですが、神経を集中させているせいかメチャメチャ目が疲れるのです。

そこで、長い時間パソコンを見続けて目が疲れたなぁーと感じた時は・・・

これを使っています。
  ↓
Panasonic 目もとエステ リフレタイプ

人によって感じ方は違うと思いますけど、僕にはあってるようで・・・

疲れた目のマッサージをしてくている感じで本当〜〜に気持ちがいいのです。

長い時間パソコンを見続けてて疲れたなぁ〜と感じた時に、これを目に当てて音楽を聞きながら数分ぼ〜としていると、目の疲れが取れます。

僕以上にモニターを眺めているアシスタント君に1つプレゼンとしたら「これいいですね〜」と言いながら、暇があったら目に当てています(笑)

今日、紹介した僕の目のケアーの為の商品は、人によってその感じ方が違うの思いますので・・・

絶対にいいです!!とは言えませんけど、僕にはとてもあっていると感じているので紹介しました。

あなたも、色んなモノを試してあなたの目のケアーに一番あったものを選んで下さい。

僕も色んなモノを試しましたから。

それでは、来週も今の自分のベストを尽くしましょう!!

kumi2.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2014年03月07日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

老眼について…

タクマさん、いつも楽しく、そして膝を打ちながら隅から隅まで読ませていただいております。

教えていただきたいのは、タイトルどおり「老眼について」です。

アラフォー真っ只中、というか後半に入った私は、老眼の始まりを強く自覚しています。
このままいくと、撮影の時はメガネ、液晶を確認するときにはメガネを外す、という動作をしなければならなくなりそうですが、それでいいのでしょうか?若者たちと仕事をすることが多いので、いかにもお年寄りな感じがして、抵抗があります。遠近両用のコンタクトなども、そのうち試してみようかと考えておりますが、タクマさんはどのようにされていますか?

よろしければお教えください。

それではこれからも楽しみに読ませていただきます!

| ryoko | 2014/03/07 22:03 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。