PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 営業

野村さんの撮影の依頼は、出版社からではなくこの写真集をデザインしたデザイナーさんから依頼がきたです。

実は、このデザイナーさんとはもう随分長い間、7〜8年くらい一緒に仕事をしていなかったのです。

僕の中では「もう忘れられたなぁ〜〜」と思っていました(笑)

ところが・・・

昨年の2月に撮影依頼の連絡があったのです。

この写真集を撮っている僕以外のカメラマンは、そのデザイナーさんといつも一緒に仕事とをしてて、今現在カメラマンとして大活躍している人ばかりです。

そんなに凄いカメラマンにまじって、もう何年も一緒に仕事をしていない僕がなぜ選ばれたのか?

「これは絶対に知りたい!」と思ったので素直に聞きました。

その理由を聞いて「そうなんだ!!」と確信したことがあったのです。

それは、僕がDVD6「仕事に繋がる効果的な営業方法」の中で・・・

「僕は1度仕事をしたクライアントさんに自分のことを忘れてもらわない為にこんなことをしています」と語っている、まさしくそれだったのです。

僕がそのデザイナーさんに「本当にそれで今回僕に連絡してくれたの?」と聞いたら・・・

「カメラマンの中であんなことしてるの宅間さんだけすよ、あれはいいですね。」

僕が知ってる若手のカメラマンに「ほら、宅間さんはこんなことしてるよ」って教えてあげてるんですよ。

「いや、あれは、秘密にしてて下さいよ(笑)」と、話は盛り上がったのです。

お陰で、僕がDVD6の中で話している「あの方法は正しかった」と確信しました。

★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから


フェイスブックなどで毎日「今日はこんなおいしいモノを食べました」って更新しているのではありませんよ(笑)

自分が1度仕事をしたクライアントさんに、自分というカメラマンの存在を忘れられない方法・・・

そして「このカメラマンに、また撮影を依頼したい!!」と思ってもらえる方法なのです。

「こカメラマンと飲みに行きたい」と思ってもらえる方法ではありませんよ(笑)

「このカメラマンに、また撮影の仕事を依頼したい!!」と思ってもらえる方法なのです。

今回のように、僕は何か気になることがあったらこうやって必ず、撮影を依頼してくれたクライアントさんに「なぜ?」とリサーチしているのです。

それでは、今日も1日「今の自分がやるべきことに、ベストを尽くしましょう!!」

ind8.jpg

*カトマンズの子供達

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2014年04月01日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

質問です、、、

はじめまして、こんにちは。
わたしは地方国立大学で化学を勉強している大学3年生です。
タクマさんのブログやお写真、楽しんで拝見させていただいております。

昔から写真を撮ることが好きで、大学生になってからも実家で、旅先で、サークルで、沢山の写真を撮ってきました。
化学を勉強している身ではありますが、周りの人が進路を決めていくにつれ、カメラマンになってもっと写真を撮りたいという思いがどんどん強くなってきました。
親の気持ちもありますので、大学を出てから行動するしかないのですが、その場合はやはり都心部でアシスタントなどのお仕事を探していくべきなのでしょうか。
また、写真を撮ることが好きとは言っても、技術もなにもなく、撮り方はすべて独学です。
こんなわたしが、大学を出てからカメラマンの道を志すのはやはり無謀すぎるでしょうか、、、。
無謀で考えが甘いのだとは思っても、諦めきれないのです。

長々と申し訳ありません、ご教授いただけましたら幸いです。

| 嬉生 | 2014/04/04 05:24 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。