PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家 ブック作り

僕がやっているマンツーマンワークショップの会員の人達の中には、すでにプロの人達も結構います。

みなさん

「仕事を増やしたい!」

「どうしたら仕事を増やせるでしょうか?」

と切実な想いでワークショップに来られます。

先日、大きいなブックを持って来た人がいて「今、このブックを持って営業に行っているんですけど、見てくれた人達の反応が薄い感じがして・・見てもらった後に撮影依頼もこないんです」という悩みを抱えた人が来ました。

その大きなブックを見せてもらって感じたのが・・・

色んなテイストの作品がてんこもり状態に入ってて、もう、バラバラなのです。

いつも思うのですが・・・

みなさんのブックは「ちゃんこ鍋屋さん」なのです。

僕はざ〜と最後まで見て、今度はゆっくりと最初から最後まで見せてもらいます。

そこで、「あっ、この人はこの写真(作品)がポイント(個性)になる!!」ということが、はっきりとわかります。

そこから、ポイントとなる写真とその他の写真をバラバラにして、ポイントになる写真が生きるようにその他の写真を並べていきます。

その作業をやってる途中で・・

「これ人物写真ではないんですけど・・・」と、恐る恐る見せてくれたもう1つのブックを見せてくれたのです。

僕はその中にあった風景やイメージ写真の中に、最初の人物を撮ったブックの中で感じたのと同じ個性を感じるものをたくさん見つけました。

そこから、人物の写真が生きるように風景やイメージ写真をまぜて、ブックをある程度作り直したのです。

そして、「ほら、例えば、こんな感じにまとめたら、今までと同じ写真だけど、ブックのイメージがまったく違うと思わない?」と言いながら、見てもらいました。

すると・・・・

Aさんは、僕がある程度作り直したブックをじ〜と見ながら・・

「いや〜〜凄いですね!これ僕のブックですよね!!いや、本当にいいですね、これ」と言いながら、目を輝かせていました。

そして、数週間後に「あの時タクマさんにアドバイスしてもらったようにブックを作り直したのですが、見てもらえませんか?」という連絡があったので、見せてもらうことにしました。

Aさんは新しくまとめ直したブックを僕に見せる前に・・・

「タクマさん、あれからタクマさんに言われたようにブックを作り直して友人のスタイリストやヘアメイクの人に見せたんですよ、そしたら、えっ、これ同じ写真なの?ブックのイメージが前とぜんぜん違う!カッコいい!!これいいね!!」ってみんなに言われたんですよ。

って、喜びながら新しいブックを見せてくれたのです。

そこには、ちゃんこ鍋状態になっていた作品達の中から、Aさんというカメラマン個性を強調する人物の写真の要所要所に、その写真をよりグレードアップしてくれる風景やイメージ写真がとてもいい感じに混じり合っていて、素敵なブックになっていたのです。

これはAさんだけではなく、僕もそうなんだけど・・・

自分の写真を見ながら、「この写真は自分の個性が表れている写真だ!」って分かる人はなかなかいないのです。

もう、どれもすべて、「自分が出ているからすべてをブックの中に入れて、見てもらいたい!!」って思うのです(笑)

でも、違うのです。

ブックを見るクライアントさんは、あなたというカメラマンの個性を見極めることができなくなるのです。

つまり、あなたというカメラマンの印象が薄くなって・・・

しばらくすると、「あのカメラマンさんどんなテイストの写真を撮る人だったかしらん?」って忘れられるのです。

あなたのオンリーワンでまとめた方が印象に残ります。

僕は、今までに多くのクライアントさんに自分のブックを見てもらって、たくさんの嫌な思いをした経験があるので、クライアントさんの感覚で冷静に見ることができるようになりました。

お陰でマンツーマンワークショップでブックを見せてもらった人に的確なアドバイスができるのです。

僕のがワークショップで、ブックを手直しさせてもらった人はみなさん「目から鱗です」って驚いています。

また、僕のアドバイスでブックを作り直したみなさんからは・・・

「撮影依頼が来るようになりました〜」というメールが届いていますので、間違ったアドバイスはしていないと思います。


そうそう、Aさんにプロフィールを見せてもらったら、おもいっり普通だったので・・

印象に残るプロフィールの書き方もアドバイスしました。

作品と違ってプロフィールなんて普通に書けばいいでしょ?って、思ってる人が多いですけど・・・

そこそこ大切なのですよ(笑)

続く・・・

それでは、今日も1日、今の自分ができるベストを尽くしましょう!!

B12bb.jpg
*春です、そこかしこに花が咲き始めますので、あなたも街を歩きながら花の色を楽しんで下さい。


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ブックの作り方 | 2014年04月11日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

ワークショップ

こんばんわ。
以前、ブログで拝見したのですが
5月か6月くらいから
「月二回、全10回のワークショップをやろうと思っています」
といわれていましたが、参加したいのですがいつごろワークショップを開く予定でしょうか。
よろしくお願いします。

| ショウ | 2014/04/29 20:56 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。