PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 色温度

Q:タクマさんこんばんわ。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
質問があります。
タクマさんはスタジオ撮影をする場合、色温度の設定はどのようにしているのでしょうか。
撮影前にモデルさんにグレーカード等を持ってもらったりするのでしょうか。
また、タクマさんの意図で写真の色温度を極端に変化させる場合もあるのでしょうか。
その場合身につけている物の色も一緒に変化すると思うのですが、それは問題は無いのでしょうか。
以上よろしくお願い致します。

A:お答えします。

タクマさんはスタジオ撮影をする場合、色温度の設定はどのようにしているのでしょうか。
撮影前にモデルさんにグレーカード等を持ってもらったりするのでしょうか。


ライティングが決まったら撮影前にグレーカードをスタジオさんに持ってもらいます。

スタジオさんがいない場合は僕がグレーカードを持って、アシスタントがグレーカードを持ってぼ〜と立ってる僕(笑)を撮って設定しています。

撮影するモデルさんに持ってもらうなんてことはしていません。

あと、ロケの場合は、撮影場所が瞬時にころころと変わるのでグレーカードは使いません。

カメラの色温度を5100に設定して、自由に撮っています。

5100というのは、僕がこの色温度が好きなだけで他の理由はありません。

僕の場合スタジオでもロケのどちらにしても、撮影後にフォトショップで色温度調整をするので、本当はグレーカードに関しても「絶対必要!!」という感じではないのです。

僕は本当〜〜にアバウトです(笑)

僕の場合「撮影前にグレーカードで撮らなければいけない」という、ことより・・

「今日はどうやっていい写真を撮ろうか」といことしか考えていないのです。

ただ、広告、ファッション、商品などのポスター、カタログ、パンフレット、ネット用の撮影では、撮影する被写体、モデルが着ている服、商品の色はきちんと出さなければいけないので、撮影前にカラーチャートをしっかり撮り、本物の色と同じ色になるように心がけています。

タクマさんの意図で写真の色温度を極端に変化させる場合もあるのでしょうか。
その場合身につけている物の色も一緒に変化すると思うのですが、それは問題は無いのでしょうか。


アーティストのCD ジャケットや音楽雑誌・俳優さんやタレントさんのインタビューがメインの雑誌などで、自由な色で撮っていい場合は、好き勝手にしていますので、顔色や服の色もむちゃくちゃです(笑)

音楽雑誌や俳優さんやタレントさんのインタビューがメインの雑誌などでは、ノーマルに撮ると、クライアントさんに「このカメラマンはテクニックがない」と思われることがよくあるので、おもいっきり遊んだほうがいいですよ。

ただ、殆どの媒体は、本物に忠実な色の写真を望みますので・・・

まずは、あなたが一番やりやすい方法で色温度を設定して本物の色にに忠実な色を再現することを最優先するようの心がけることをオススメします。

色を忠実に出すという基本ができたら、あとは「あなたの閃き」に任せて自由に撮影すればいいのです。

僕は、露出がころころと変わるような場所ではカメラ任せのオートで撮っていますから・・

殆ど、一眼レフで初めて写真を撮る初心者と同じです(笑)

僕が大切にしているのは、その場の色温度や露出ではなく『撮る瞬間の閃き』です。

僕は、写真を撮るというのは、数学のように「これが正解!」という答えはなくて・・・

自分は「こう撮りたい」と思ったことが、今の自分自身の正解だと思っています。

プロカメラマンに大切なのは・・・

自由に撮っても決めごとを守って撮っても、どちらでもいいので・・・

「撮影を依頼してくれたクライアントさんが満足する写真を撮る」ということです。

「写真は閃きだ〜〜」と言って、自分の好き勝手に撮っていいのではありませんよ(笑)

プロは、あなたに撮影を依頼してくれる「お客さん」ありきなのです。

もし、あなたにだ〜れも撮影依頼をしてくれなかったら・・・・

ただの、写真好きな人になってしまいますからね。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

140108-1.jpg
*この写真なんか、色温度は6000くらいです。
だから、肌の色や服はオレンジ色に被っています、でもこれでOKなのです。


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2014年04月10日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。