PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

モデル ポーズ

きのうのブログへの質問です。

Q:それって、自分が撮っていてもモデルさんに撮らされてるっていうか?

モデルさんが主導権を持ってるような感じがしませんか?

自分のオリジナリティーを引き出して撮影することが逆に難しい気がしました。

カッコいいモデルさんは、誰がとってもカッコよく撮れるものです。

海外のモデルさんを撮影しててもそう思うんですよね。

A:質問ありがとうございます。いや〜なかなか鋭い質問ですね!!

僕なりの返答です。

僕の場合というか、カメラマンだったらみなさんそうだと思うんだけど・・

撮影する時に一番大切にしていることは・・・

僕に撮影を依頼してくれたクライアントさんが撮って欲しい写真を撮るということです。

というわけで、撮影する時にはモデルさんがどんなにいい動きや表情をしていたとしてもですね・・

クライアントさんが撮って欲しいカットではない場合には、自由に動いてくれているモデルさんに・・

「こんな感じの表情してもらえますか?」みたいに、僕が撮りたい表情やポーズのリクエストをして、自由に動いてくれているモデルさんの動きを微調整していきます。

そうやって、あくまで僕のストライクゾーンの中に導いて、そこで自由に動いてもらうようにしているのです。

だから、おもいっきり好き勝手に動いてもらっているわけではないのです。

女優さんはファッションモデルと違って、色んなポーズや表情をしてくれる方は少ないのです。

カメラマンが顔の表情、手の表情、手をどの位置に持っていけばいいのか?、体の向き、座った時に足の形をどうすればいいのか?などなどを、撮りながら1つ1つの指示を出すということは、みなさんが想像している以上に多いのです。

俳優さんは、映画やドラマのように台本があって、ある役を演じている時はその中でいい表情をするのですが・・・

写真を撮る時は、何の役も演じる必要がありません。

その人の素なのです(笑)

だから、モデル出身の人なら色々ポーズを取ってくれるのですが、最初っから役者の方は・・・

カメラマンが指示をしない限り、スタジオの真ん中でただ立っているだけなのです。

信じられないと思いますけど・・・

シャッターを1回押すごとに「じゃぁ、次は、手はこんな感じでこの位置においてくれますか」「顔はもう少しよこに向けて」と言った感じで、まるで人形をコマ撮りする時にように1つ1つのポーズを指示しなければ、立ったまままったく動いてくれない方もいます。

そんな中、先日撮らせてもらった宝塚出身の女優さんは・・・

僕が望むストライクゾーンに導いた中で、頭の先から足の先までもう「美しい〜」としか言えないような完璧なポーズをしてくれたということです。

だから、僕が撮りたいカットが撮れるようにかる〜〜く導いて撮っているので、決して撮らされているのではありません。

きのうのブログで僕の書き方が悪かったので、あなたに誤解を与えてしまってスミマセンでした。

僕もマリークレール、シュプール、荘苑、ハイファッション、ブルータスというファッション雑誌の撮影をしていた時にあなたと同じことを考えました。

外人モデルは、顔がいい・スタイルがいい・表情が上手い・ポーズも上手い・だから「これ誰が撮ってもいい写真撮れるじゃん」って思いましたね。

本当に楽でした(笑)

当時は1本36枚撮りのフイルムで撮っていたんだけど、36枚の内、僕のシャッタータイミングが悪くてモデルが目を閉じているカット以外、殆ど使えましたからね。

じゃぁ、どこでカメラマンの個性を出すのか?

というと・・・

僕の場合は、構図・写真のテイスト(色合い、コントラスト、彩度、明るさ、粒子など)・ライティング・ロケだったら撮影する場所の選定などです。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!

84.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2014年04月29日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

こんばんは。お聞きしたいのですが5月or6月スタート予定のワークショップはもう締め切ってしまったのでしょうか?今月中にお知らせしますと書いていたのでちょくちょく確認していたのですが巡り合えませんでした。ワークショップ参加したかったです。

| ぬん | 2014/04/29 20:24 | URL |

ストックフォトについて

はじめまして、いつも更新楽しみにしています!
質問なのですが、写真の勉強も兼ねてストックフォトのクリエイターとして活動して収入を得たいのですが、カメラはeosの70dでもできますか?フルサイズじゃないと厳しいですか?そして、需要はありますか?もしご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします!(現在、専業主婦です)

| さわ | 2014/04/30 07:53 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。