PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

スタジオ 黒バック 定常光ライティング

先日、タクマさんはスタジオ撮影をする場合、色温度の設定はどのようにしているのでしょうか。
タクマさんの意図で写真の色温度を極端に変化させる場合もあるのでしょうか。
その場合身につけている物の色も一緒に変化すると思うのですが、それは問題は無いのでしょうか。
以上よろしくお願い致します。

A:下の写真は色温度の数値をノーマルの色温度よりおもいっきり下げています。

下げるというのは、例えばノーマルの色温度が5500だとしたら、2500くらい低く設定しているという意味です。

色温度を下げると写真が全体的に青くなります。

だから、この写真は顔も服も背景も僕の好きなタクマブルーです(笑)

撮影後に、編集部の人にブルーにした写真だけを送ったのではありません。

ノーマルの色合いの写真とブルーにした写真の2パターンを提案して、編集部の人にどちらか好きな方を選んでもらったのです。

この雑誌はファッション雑誌ではないので、服の色を忠実に出す必要はありませんでした。

だから、ビュジュアがカッコいいということでブルーテイストの写真が選ばれましたのです。

ブルーテイストが選ばれた時は、僕自身うれしかったですね。

というわけで、色温度に関しては・・・

クライアントさんが見た目の色に忠実にして欲しいという場合は忠実に再現して・・

今回のように自由にして大丈夫という時は、カメラマンが「こんな色どうですか?」と提案してOKがでたらその写真が採用されると考えてもらえたら問題ないと思います。

つまり、色温度はカメラマンが勝手に決めるのではなく、クライアントさんの要望通りにすることが大切だということです。

この写真のライティングおもしろいでしょ!

僕が制作した→DVD2(スタジオライティング実践編パート2)の冊子の16Pにイラスト入りで紹介しているライティングとまったく同じです。

「えっ、そんなに簡単に作れるの?」というライティングなのです。

僕が予算のない仕事の時に「少ない経費でカッコいいライティングが作れないかなぁ〜」と試行錯誤しながら考えたライティングなので、学校や他のワークショップでは絶対に教えてもらえないライティングです。

140501-1.jpg

今日ブログに掲載している写真は、今発売されているプラスアクトミニ6月号に掲載されていますので、興味がある方はぜひご覧になって下さい。

*amazonで見る→+act. Mini (プラスアクトミニ) vol.25

*楽天で見る→+act.Mini. (プラスアクトミニ) Vol.25  

それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2014年05月03日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

いつもありがとうございます。
色温度の件で質問です。「色温度の提案」はどのようにされていますか?

○撮影前にブックなどサンプルを見せて決定。
○撮影したカットの一部を、意図したい色温度に変える。
○RAWデータからノーマルと色温度を変更したカットの2種類を現像して納品。

特に編集プロダクションなどでは、写真の知識の少ない編集者が増えてきて、変わったことをするとトラブルを生みそうで怖いです。タクマさんの方法を教えていただけないでしょうか?

| nobu | 2014/05/05 00:14 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。