PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

AFポイント

Q:タクマサンいつも楽しく拝見させてもらっています。
質問があります。
撮影する時のAFポイントはどこに設定しているのでしょうか。
撮影毎(構図毎)に変更していますか。
それとも中央1点で撮影しているのでしょうか。
よろしくお願い致します。

A:僕が人物を撮る時のAFポイントはすべて1点です。

中央1点ではなく

全身の時は顔にピントが合うような場所の1点、腰から上くらいの時は目と目の間くらいの場所の1点

アップの時はどちらかの目にピントが合うな1点にしています。

構図を変えたり被写体と僕が動きながら撮る時は、その都度、顔や目にピントが合うようにAFポイントの1点の位置を移動しています。

AFポイントがないような構図で撮りたい時は、キャノンではなくニコンに変えてピントをマニュアルにして撮っています。

理由は、ニコンはキャノンよりピントの山が分かりやすいからです。

「じゃぁ、AFもすべてニコンで撮ればいいんじゃない?」と不思議に思ったかもしれませんが(笑)

理由は、AFに関しては、ファインダーの中のAFポイントの見え方がキャノンの方が好みなのです。

本当はすべてニコンで撮ればいいんだけどね(笑)

実は、先日、最初にキャノンで撮っていて途中からニコンで撮り始めたら・・・

その時、撮らせてもらっていた俳優さんに「やっぱりニコンのシャッター音っていですね」と言われびっくりしました。

僕は撮影していることを忘れて「えっ、よくわかりますね!」

「ええ、ニコンのシャッター音って、なんか報道!!って感じがしますよね」

僕「いや〜俳優さんにそんなこと言われたの初めてですよ、写真好きなんですか?」

「ええ、僕も撮ってるんですよ」

僕「あっそうなんすか、どんな写真撮ってるんですか?カメラは何使ってるんですか?」

と2人で盛り上がっていたら、雑誌の担当者に・・・・

宅間さん「あと3分くらいですけど!!」と言われ

「あっ、悪い悪い、撮るの忘れてた」と言って、大慌てで撮影したのです(笑)

ニコンのシャッター音って、僕がフイルムで撮っていた頃のカメラのシッター音に似ててね・・

撮りながら写真を撮り始めてた頃を思い出すんですよ。

なんか、エネルギーが湧いてくるんです。

そんなこと言いながら、AFがメインの時はキャノンで撮ってるという、わけのわからない僕でした(笑)

僕がこのブログで何を書いていても、カメラ雑誌に色んなことを書かれていても、大切なのは、カメラを使うあなた自身が「自分はこの方法が撮りやすい」と感じた方法で撮ることが一番です。

僕のブログも、カメラ雑誌に書かれていることも参考程度にみて、その時の撮影に応じて、自分が撮りやすくて使いやすいカメラ&機材で撮ればいいのです。


それでは、今日も1日、自分が目指すカメラマンになるために「今」やるべき事にベストを尽くしましょう!!

190.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2014年05月29日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

タクマさん、いつもありがとうございます。
とても勉強になります。
質問があります。
屋外での撮影はどのような流れで撮影しているのでしょうか。
今でも撮影前に露出計を使用しているのでしょうか。
それともタクマさんの大体の感覚でまず撮影をして、背面液晶等で露出を見て調整等を行っているのでしょうか。
よろしくお願い致します。

| | 2014/05/30 14:09 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。