PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

モニターとプリンターの色の違い

Q:質問させてください。

パソコンでみている色合いは気に入っているのですが、自分のプリンターから印刷すると忠実な色が出せません。

できるだけ近い色合いにするにはどんな方法がありますか?

使っているプリンターはキャノンPRO9000、アプリケーションはデジタルプロフェッショナルになります。

よろしくお願いいたします。

A:僕なりの返答です。

まず、ノウミさん!!コメント欄からこの方の質問に答えて下さってありがとうございます。

それでは、僕がやっている方法を話します。

僕が使っているプリンターはキャノンPRO9000とエプソンPX5400の2種類です。

プリンターを使い始めた頃は、色を合わせる為に結構な値段のキャリブレーションを購入してモニターの色調整をして、プリンターから出力されるプリントとの色ができるだけ合うように調整しました。

ところが、どんなに必死にやっても同じ色にはなりませんでした。

そして、キャリブレーションでの色調整も少なくても一週間に一回はしなければダメだと書いてあったので、やっていたのですが・・・

やはり、モニターと同じ色のプリントはできませんでした。

そこで、印刷所に行く機会があったのでそこでいったいどうやって色を合わせているのか聞いたのです。

そこで言われたことは・・・

1−まずモニターのある部屋の壁をグレーにする。

2−照明を同じ色温度の照明機材にする、そこでは蛍光灯でした。

3−キャリブレーションでの色調整は、毎日する。

4−モニターで見える色は透過光なので、紙にインクを印刷するプリントでは色の見え方は100%同じにはならないということを認識するということでした。

僕は4に関しては理解していたのですが1、2、3に関しては無理でした(笑)

そこで何をしたか?

まず、この時点で僕には必要ないと思ったキャリブレーションをオークションで売りました(笑)

これは想像してたより高い値段で売れたので、びっくりしました。

僕の事務所では・・・

1−撮った写真の色がきちんと見えるようにモニターの色を、自分の目を信じて調整する。

2−モニターの色に合った色のプリントが出るように、プリンターのカラーバランス、コントラスト、彩度のを調整する。

この2つを基準にして、テストプリントします。

今度は、プリントの色がモニターに色に近くなるようにプリンターのカラーバランスではなく・・・

フォトショップのカラーバランスでイエローを強くしたり、マゼンタを弱くしたりと・・・

モニターの色に近いプリントができるように色調整をしています。

最初はプリンターのカラーバランスを調整していたのですが、出て来たプリントの色があまり変わらなかったのです。

フォトショップのカラーバランスでの調整をやり始めてからは、ほぼモニターに近い色でプリントできるようになったのでイライラしなくなりました(笑)

ただ、誤解しないで欲しいのが、先ほども書いたように・・・・

モニターは透過光で見える色、プリンターは紙にインクで出す色なので、色が100%合うということはまずありません。

だから、モニターの色ではなく・・・

プリントの色がどこまで自分が満足する色になっているか?ということを考えて色調整をすれば、イライラしなくなるような気がします。

あくまで僕がやってることで・・・

こういったことに詳しい方が、今日僕が書いてることを読んだら・・・

「タクマさん、間違っていますよ!!」と怒られると思います(笑)

ただ、僕自身が満足しているので僕にとっては、この方法がベストなわけです。

というわけで、あなたも、色々試してみてあなた自身が満足する方法を見つけて下さい。

こちらの本を参考に→基本からわかる!モニターとプリントの色合わせ (玄光社MOOK スッキリ解決シリーズ No. 1)

それでは、今日も1日、「今」の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

3119222.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2014年06月10日 | コメント:16 | TOP↑

コメント

タクマさん、はじめまして。
私もちょうどカラーマネージメントについて悩んでいたので、今回のブログはとても参考になりました。ありがとうございました。
ひとつ伺いたいのは、モニターの設定です。
私は自分のMacBookproを色温度6500K、ガンマ2.2、輝度110cdに設定していますが(基本sRGBです)、プロカメラマンの多くは5000Kに設定しているとも聞きます。
しかし私にとっては5000Kは赤すぎて、かなり違和感があります。
部屋の環境光はだいたい5000K近辺だと思いますが、それと比べてもモニターの5000Kは色がかぶって見えます。
タクマさんはいかがでしょうか?
アドバイスをいただければ幸いです。

| かえる | 2014/06/10 16:28 | URL | ≫ EDIT

フォトアルバムについて質問です。

こんにちは!いつもタクマさんのブログ読ませていただいてます。

私は、今高校3年生で、日芸の写真学科に進学しようと考えています。
6月の終わりごろにオープンキャンパスがあり、そこで自分のフォトアルバムを持っていって見てもらおうと考えているのですが、どのように作成すればよいのか全くわかりません。

写真のサイズやどのような紙に印刷すればよいかなど教えていただければ幸いです。
また、印刷はカメラのキタムラなどの店でもやってもらえるのでしょうか?
ちなみに風景写真がメインなのですが配置する場所も考えた方がいいのでしょうか?

質問ばかりですいません。
長文失礼しました。
お暇なときにお答えいただければ嬉しいです!

| KAZUMI | 2014/06/11 01:16 | URL |

タクマさん ありがとうございました。ライトルームとフォトショップとキャノンプロフェッショナルで昨日試してみました。同じ画像でもプリントすると違いがあり新たな発見でした。まだ自分が思う色合いになりませんが、紙をかえたりして調整してみます。丁寧に教えていただきありがとうございました。

| りょう | 2014/06/11 18:09 | URL | ≫ EDIT

りょうさんへ
MacBookproは、何度調整しても色がどうしても僕が好きな色合いよりも鮮やかに見えてしまうので、色温度を5100に設定しているだけであとの細かな調整は気にしていないのです。

撮影現場で、どのような写真が撮れているかを確かめるだけに使っています。

本番の色調整などで使っているのはEIZOというメーカーのモニターなのです。
このモニターは、僕が好きな肌色が出てくれるのでメインで使っています。

誤解しないで下さいね、MacBookproの色がダメと言っているのではなくて、あくまで僕がEIZOの色合いが好きだというだけですから。

モニターもプリンターもペーパーもカメラもレンズも、試行錯誤しながら自分の相性と合うモノを選ぶことが一番です。

| タクマクニヒロです | 2014/06/11 20:19 | URL |

キャリブレーションの方法やモニターとプリントとの色の違いは「コツ」をつかむまでなかなか難しい問題だと思います。また、私のコツが他の方に適応されるとも限らないですし。

今回の記事。とても参考になりましたが、一つだけ「?」と思ったのは、インクを変えたら色ががらっと変わる、という物。私は長くキヤノン・エプソン両方のプリンタを使用していますが、そんな事例は一度も経験した事がありません。まさか純正インクを使っていないなんて事もないでしょうし、ひょっとしたらヘッドが詰まっているのか、インクが劣化しやすい環境にあるのかもしれませんね。

りょうさんへ
PSとLRとDPP。もし画像がJpegで同じプリンタードライバでプリントしているのであれば、結果は同じになります。元がRAWだったり、ソフトの自動調整が入っていたり、ドライバ・又はドライバの設定が違っていませんか?
このあたりを理解しないままプリント作業を進めると、出口のない迷路に迷い込んでしまうのでご注意を!!

| Cさん | 2014/06/12 04:33 | URL | ≫ EDIT

PRO9000だと染料系のインクを使用していますので
プリント直後と乾燥・定着した後で色の変化が結構あります。

プリントしてから重ねずに2〜30分放置し
その後普通紙を重ねて24時間程乾燥させてからでないと分からないんですよ。

PRO1、PRO10等の顔料系プリンターであれば
印刷直後から発色が安定していますので、色調整はやりやすいと思います。
染料はどうしても一旦プリントしてから定着するまで待たないといけません。

| 夕暮朝日 | 2014/06/12 08:18 | URL |

*Cさんへ
コメントありがとうございます。
インクを交換すると色が変わるという件、Cさんのコメントを読んで「あっ僕のような書き方ではおもいっきり誤解を与えてしまう」ということに気がついて削除しました。
Cさんからのコメントがなければ、気がつかなかったです。
ありがとうございます!!
これからもよろしくお願いしますね。

*夕暮朝日さんへ
詳しい説明ありがとうございます。
いや〜〜みなさん本当に詳しいですね。
僕自身勉強になりました、感謝!!
これからも、よろしくお願いします。

| タクマクニヒロです | 2014/06/12 14:50 | URL |

>タクマさん 
コメントありがとうございました
EIZOとのモニター以前から欲しいと思っていたモニターなのです。でも高額な記憶があったので購入は躊躇しました...今度銀座へ出かける時に私でも買えそうなモニタがあるかチェックしてみます。

Cさん 
コメントありがとうございました。
>結果は同じになります
ということはドライバーの設定ができてないということですよね...フォトショップから印刷する場合プリンタの設定は自動からマニュアル調整し、マッチングはなし設定しているのですが...その先がよくわからずそのままプリントしてしまいました。思うにフォトショップの中のカラーマネージメント設定が上手くできてない可能性が...
パソコン本体のプリンター設定の変更も必要なのでしょうか?
すでにどこで妥協しようか?と迷路に入り込んでます(苦笑)

>夕暮朝日 さん
コメントありがとうございました。
乾燥がやっぱり大切なのですね...今回はそれを怠ってすぐさまフォルダーに入れてしまいました。
プリントした時はそうでもないのに翌日みると色合いがどんより変化しているようにみえました。1日くらい時間をかけてしっかり乾燥させた方がよさそうですね。
小さいサイズでプリントしているのでもう一度トライしてみようと思います。

| りょう | 2014/06/12 20:20 | URL | ≫ EDIT

タクマさん
あれっ、すみません、何か読み間違っていましたか??
こちらの認識ミスでおかしな突っ込みを入れてしまったようで申し訳ございません。

りょうさん
編集ソフトが違っても、1.同じjpeg画像を同設定で開いて 2.同じプリンタードライバの 3.同じ印刷設定で印刷したら、結果は同じになります。ので、結果が異なる場合はこの3つのうちどれかが違っている可能性があります。(RAWの場合は現像レシピが個々で異なります。1がそれに該当します)

PCのプリンター設定はプリンタードライバで制御されるので、同じ設定にする事を意識していれば問題ありません。基準となるオリジナル設定を一つ登録しておくと良いでしょう。

PhotoShop、DPPの設定ですが、作業用設定が異なっているとJpegでも結果は異なります。
PhotoShopの「カラー設定」を、→「作業用スペース」→「RGB(R)をsRGB IEC6」。CMYKを「Japan Color 2001]に。
DPPの「環境設定」を→「カラーマネージメント」→作業用色空間とカラーマッチング「sRGB」→印刷用プロファイル「なし」
にして、両者ソフトから同プリンタドライバで印刷してみてください。
これで結果が大きく異なれば、問題は現像ソフトとプリンタードライバ以外にあると思われます。
夕暮朝日さんが書かれているように、2、30分は乾燥させてくださいね。
(PRO9000用のBCI-7E系インクは乾くのに時間がかかり、さらに色変化も大きいのでじっくりと。私も以前iP8600というプリンターで使用していました)

| Cさん | 2014/06/12 22:24 | URL | ≫ EDIT

かえるさん
「色温度6500K、ガンマ2.2」だとWindowsのモニターでの見え方に近いでしょうね。出てくる印刷物に比べてモニターの方が明るく見えるはずです。
キャリブレーションの基本は、プリンターの印刷にモニターの色を会わせるのが基本です。印刷用に「色温度5500K、ガンマ1.8」にしてみてはいかがですか?そこからもっと自分なりに追い込んでみてください。
インクはCMYK、モニターはRGBですが互いに補色の関係にある事を覚えておいてください。
まずはプリンター側のカラーマッチングは使わないようにしましょう。
Mac側のColorSyncを使ってください。ソフトウェア側とプリンター側の二つのカラーマッチングが入るとコントロールが難しくなります。
インクは値段が高くても純正インクを使ってください。
しっかりと乾かす必要があるのは主に「染料系」のインクで、「顔料系」のインクは比較的色変化が少ないです。私もメインは顔料系で、EPSON PX-G5300を使っています。
色合わせはかなり奥が深くて困るのですが、ぜひ思い通りの色がでるようにチャレンジしてみてください。インクジェットプリンターではそこそこの色合わせであれば、ちょっとがんばれば希望通り出せると思いますよ。

参考書籍は、
「基礎からわかる!モニターとプリントの色合わせ」(玄光社MOOK)
少し前の本ですが、わかりやすいですよ。

| sdei(デイシゲタダ) | 2014/06/13 02:41 | URL |

KAZUMI さんへ

こんばんは。ノウミと申します。
日芸写真科のオープンキャンパスつて6月29日ですよね。ならば、少し急いだ方がいいです。

さて、写真のサイズは、私はA4が最適だと思ひます。それ以下だと六切りになる場合がほとんどですが、これは正直、おすすめできません。でもその下の2Lだと、六切りよりはおすすめ出来るものの今度はサイズがいかんせん小さい。そこで、やはりプリント代はかかりますが、A4サイズをおすすめいたします。

なぜ、六切りといふ昔からあるサイズよりも値の張るA4の方がよいかといふと、写真を入れる入れ物(ポートフォリオとか云ふ)の数と種類に圧倒的な差があるからです。これは店頭に行けば分ります(たぶんヨドバシカメラ新宿西口本店カメラ館地下1階がいちばん品揃へが豊富)。

さて、オープンキャンパスに持参する写真を選んだら(←これ、ものすごく重要ですよ!先生になぜそれを選んだのかを問はれるかも?また並べる順序も大事。選んだ写真をどのやうな流れ<ストーリー>で相手に見せたいのかをよーく考へてね。撮つた順とかあんまり意味ないですよ)、写真のプリント(印刷)をお店に頼みます。このサービスは大手のカメラ屋なら普通にやつてゐます。ネット経由で注文して宅配で受け取る、なんてワザも可能です。ただし、店によつては1週間ほどかかるところもあるやうなので、急げるところは急いでください。

また、自分のパソコン・スマホ・タブレットその他で見てゐる色合ひとお店プリントのそれとは、ほとんどの場合一致しないと思つて覚悟しておいてください。きつとどこかで「うそー!」となります(幻滅しないためには写真用のプリンターで自宅で印刷するしかありません)。

次に、写真が出来たら、ポートフォリオなる入れ物に写真を入れませう。要するに写真専用のクリアファイルです。これまた値段もピンきりなので、ほんの少しだけ質に妥協すると安く出来ます。ただし、安物でも「写真用」を選んでください。

ところで、KAZUMIさんの写真はヨコ位置ですか?それともタテ位置ですか?それとも混在してゐますか?問題は混在してゐる時です。写真を見る人が首を傾けなくても済むやうに出来るならしてください(例・タテ位置の写真をヨコ向きの紙に印刷する。もしくはその逆)。さういふ印刷が可能かはお店と相談した方がいいかもしれません。

さて、参考までに、ヨドバシカメラとカメラのキタムラのプリントサービスとおすすめのポートフォリオ(20枚まで入ります)のURLを貼つておきます。お値段等はこちらで。あ、小文字の h を補つておいてください。
ttp://www.yodobashi.com/ec/print/
ttp://www.kitamura-print.com/
ttp://www.fueru-mall.jp/nakabayashi/products/2014.html
ttp://www.fueru-mall.jp/nakabayashi/products/1941.html

とはいへ、上記の方法ではなくいはゆる「フォトブック」がよいといふ場合は、
ttp://photobook.kitamura.jp/
でご確認くださいませ。

| 能見 | 2014/06/13 03:39 | URL | ≫ EDIT

>Cさん
丁寧なコメントをいただきありがとうございました。

PhotoShop、DPPの設定ですが同じ色合いになりました。
もうひとつ気になったことがあったのでまた質問させていただきたいのですが..

PhotoShopでプリントしようとすると
「非postScriptプリンタでプリントしているため、いくつかのpostScript特有プリント設定(補間、キャリブレーション、エンコーディング)が無視されます。」というメッセージがでます。これは気になくてもいいのでしょうか?それともなにか他にも設定する必要があるのでしょうか?わかる範囲でかまいません。
宜しくお願いいたします。
PhotoShopはエレメンツ7.0を使っています。

| りょう | 2014/06/13 23:18 | URL | ≫ EDIT

りょうさん
>「非postScriptプリンタでプリントしているため、
>いくつかのpostScript特有プリント設定(補間、キャリブレーション、エンコーディング)が
>無視されます。」というメッセージがでます。

同じような環境でないと検証できませんが、非PSプリンターを使う限り仕方ないでしょうね。
PSプリンターというのは業務用プリンターに多く存在し、Adobe社が取り決めているPostScriptに準拠したプリンターです。コンシューマ用のプリンターではあまり見かけません。数百万円以上、オプション構成によっては軽く一千万円するようなプリンターや印刷機では対応している事がほとんどです。

気にしなくてよいというより、無視するしかありません。
設定を見直して、PostScriptに関する設定を外すなどを行ってください。

| sdei(デイシゲタダ) | 2014/06/14 22:38 | URL |

> sdeiさま
コメントいただきありがとうございました。

設定を外すのは難しくないようですので無視します!
教えていただきありがとうございました。

| りょう | 2014/06/15 00:10 | URL | ≫ EDIT

りょうさん
>PhotoShop、DPPの設定ですが同じ色合いになりました。
良かったです! この辺のレシピって意外とどこにも書かれていないんですよね・・・なんでだろ?

>「非postScriptプリンタでプリントしているため~が 無視されます。」というメッセージがでます。
sdeiさんのコメントにもある様に、これは仕方ないですね。わざわざエラーメッセージ出してくる背景には注意喚起だけでないAdobeの営業戦略も見え隠れしています(笑
簡単な解決方法は「今後このメッセージを表示しない」にチェック入れる事でしょうか。

| Cさん | 2014/06/15 01:31 | URL | ≫ EDIT

>Cさん
コメントありがとうございました。

>「今後このメッセージを表示しない」にチェック入れる事でしょうか。

そうですよね。こちらにチェックしたらでなくなりました。
ありがとうございます。

| りょう | 2014/06/15 11:35 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。