PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

仕事の充実感。

先日、ある撮影依頼が来ました。

それは、いつも撮ってる人物撮影ではなく、「日常の風景写真」を撮って欲しいという依頼でした。

僕は、ブルーノートという写真集を出版しているくらいだから、人物撮影と同じくらい「日常の風景写真」を撮ることが好きなので撮影したいと思ったのです・・・

ところが・・・

クライアントさんが提示していた撮影料を見てびっくり!

それは・・・

「えっ?」と思うほど少なかったのです。

でも、僕に撮影依頼メールをして下さった担当者の「宅間さんの写真を使ってこういったページにしたいんです」という、熱い想いが伝わってくるメールを読んで「ぜひ撮らせて下さい」と引き受けました。

そして、撮影をした写真の中から数点選び・・・

その写真をタクマテイストに見えるようにレタッチをしてデーターを送りました。

データーを送った次の日に、クライアントさんからこんなメールが届いたのです。

『写真、鳥肌が立ちました。

データを開いた瞬間、やっぱり宅間さんにお願いができて本当に良かったと心から思います。』


このメールを読んだ僕は・・・

「あ〜〜この人の仕事をさせてもらってよかった〜〜!!!!!!」と・・・

この気持ちをなんて言っていいのか分かりませんけど・・・

達成感、充実感、いろいろコトバはあると思います。

「僕に撮影を依頼してくれた人(お客さん)が喜んでくれる写真を撮ることができた〜〜!!」

「自分の撮った写真が人の役に立つことができた!!」という充実感で心の中が満たされたのです。

そりゃぁ、撮影料は高ければ高い程いいと思います(笑)

でも、撮影料よりもっとうれしいのは・・・

自分が撮った写真をお客さんに収めた時に・・・

お客さんが「ありがとう!!」「うれしい!!」と喜んでくれることです。

自分が写真を撮ることで、誰かの役に立てている。

自分が写真を撮ることで、喜んでくれている人がいる。

ということを、実感できることなのです。

今回、このクライアントさんからのメールで・・・

「カメラマンなってよかった〜〜」と、つくずく思いました。

そして「次回はもっといい写真を撮ろう!!」というエネルギーが湧いて来ます。

この仕事は毎月一回一年間続く撮影なので、毎月の楽しみが増えました。

会社員だったら自分の仕事が1つ増えたら「え〜〜どうして自分がやるの?」って、愚痴る人もいるかも知れません(笑)

きのうテレビを見ていたら「仕事というのは、嫌なことを我慢して耐えることが仕事なんだよ」
「仕事に楽しさなんか求めたらダメなんだよ」と語っていたコメンテーターがいましたけど・・

僕自身は・・・写真を撮るという行為自体が好きなので

どのような撮影であっても、仕事をすることは楽しいのです。

それでは、今日1日、「今」の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!

blue.jpg


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンへの道 | 2014年06月17日 | コメント:5 | TOP↑

コメント

ボクも仕事を楽しんでこそ人生を楽しめると思います。仕事を楽しんでいるタクマさんに一票。

| ますいしんいち | 2014/06/17 20:17 | URL |

その番組、、、

自分も、たまたま同じ番組見てました。

自分の世代でも「嫌なことを耐えながら生活していくしかない」と
頭ごなしで教えこまれてきたので
40からカメラマンやるっていうことに対して
みんな同じこと言ってきました〜

ただ海外の人や文化と多く接していると
日本の、いわゆる大人が言うセリフに、とても違和感を感じます。


もちろん現実も考えないといけないでしょうけど、夢を追う人が居ない世界って
何の変化も生まれないので、ツマラナイでしょうね。

| 踊るカメラマンAKIRA | 2014/06/18 13:02 | URL |

ポチッ。

| ママ | 2014/06/18 13:08 | URL |

私が初めて撮影をした時に、
「素敵な写真が撮れて良かった。
今度は孫達を連れてまた来ます。」
とお客様が喜んで下さり、
この仕事を始めて本当に良かったと、
嬉し泣きをした事を
思い出しました。
最近色々と悩んでしまっており、
仕事のやりがいや充実感を、
忘れそうになっていました。
宅間さんのおかげで、
大切な事を改めて感じる事が出来ました!
本当にありがとうございます(;_;)
どれだけ大変で疲れた時でも、
お客様に喜んでもらえて、
本当に良かった!ありがとう!
と嬉しそうな笑顔を見れたら、
疲れも吹っ飛び、よし!頑張ろう!
と思えますよね!
初心を忘れずに、
喜んでもらえる素敵な写真が
撮れるように明日からも
また頑張ります!
長くなってしまいすみません(;_;)

| mina | 2014/09/19 23:46 | URL |

*minaさんへ
僕らの仕事は、お客さんが喜んでくれる顔を見れるのが一番ですね!!
これからも、撮影を依頼してくれる人の為に、今の自分ができるベストを尽くしましょう!!

| タクマクニヒロです | 2014/09/20 15:45 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。