PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 街の中の撮影

都内はどこも人が多いので、カメラマン的には昼間に街の中では撮影したくはないものです。

でも、先日、久々に街の中で撮影をしました。

クライアントさんから「前はスタジオ撮影だったから今回は街の中で撮りたい」という、要望があったからです。

約束の時間に待ち合わせて、ロケハンをしました。

夕方だったのですが、カメラを持って数分歩いただけで汗びっしょりです。

ラッキーなことに・・・

「出来るだけ人通りが少ない場所」と「ここなら絵的にもいい」・・・

という2つの要素がマッチする場所が見つかったので、この日撮影する俳優さんが来るまでアシスタントを立たせてシミュレーションをしていました。

その時も「うん、ここはいい!!」と僕的にはご満悦でした(笑)

30分程して、この日撮影するタレントさんが到着・・いざ撮影!!

・・・と、ここまでは予定通りだったのです。

ところが・・・

ちょうど会社の終業時間だったのか、何なのか・・・

撮影を始めたら、さっきまで人通りがなかったこの場所に、こっちからもあっちからも、次から次へと人が現れたのです。

最初の数分間は、人がファインダーの中から通り過ぎるまで待っていたのですが・・・

もう、そんなことしてたら約束の撮影時間が終わってしまいます。

時間内に撮影が終わらないと困るんドので、現場のスタッフがざわつき始めます。

そこで・・・

「人は後で消しますから、気にしないで撮影続行しましょう!」と言って撮影を開始したわけです。

こういった時は・・・

クライアントさんや、タレントさんや、この場にいる撮影スタッフ全員が「どうしよう?」と心配するものです。

そんな時にはカメラマンのあなたが「〜〜〜しますから大丈夫です、気にしないで撮影続行しましょう!」と現場のスタッフを安心させて、撮影進行をスムーズに行う事もカメラマンの仕事なのです。

撮影現場では、予想していなかった色んなことがあります。

そんな時に、カメラマンのあなたがスタッフと一緒に「どうしよう〜〜」って騒いでたらダメですよ。

カメラマンは、撮影現場では映画監督、オーケストラの指揮者と同じようなものです。

瞬時に判断して「では、こうしましょう!」と言う感じに提案したり指示をして、その場の進行をスムーズに進めることも、カメラマンの仕事ですよ。

実は、僕も心の中で「どうしよう!!」と騒いでいたんだけどね(笑)

A618694.jpg

それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!


*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2014年08月06日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

人を消す・・・

そんなに簡単に、背景の人を消すってできるものなのでしょうか?
大きめに写ってしまったら修正は難しいのでは、と思ってしまうのですが・・・・人がいない時に風景をとっておいて、あとでコピースタンプとかでしょうか?
それでもポジションと画角を変えたら不自然になってしまいますし・・・

| jet | 2014/08/12 07:12 | URL | ≫ EDIT

人を消す。。。

先生のおっしゃいたかったことは、『現場のスタッフを安心させて、
撮影進行をスムーズに行う事』であることは百も承知しておりますが。。。

上記コメントされた方と同じ疑問がわいております。
「人は後で消しますから」???

風景写真など撮影位置がある程度固定されているのでしたら、
不必要な人/ものを消す方法はいろいろありますが、
手持ちで色々アングルを変えての撮影で、奇麗に消せますか?。。。
通行人をボケさせて撮影したら、そのボケを処理するのは
なおさら難しいのでは?と思いますが。

出来るだけ同位置&同アングルで、数枚ずつ撮影しておいて、
背景の動いた人物をマスク処理、でしょうか?

それとも思いっきり背景(通行人)をボケさせて写す(後処理無し)、
という意味で『消す』とおっしゃったのでしょうか?

先生の秘密技、お聞かせください。 気になって眠れません (*_*;)

| TY | 2014/09/21 17:21 | URL |

*jetさんTYさんへ

誤解を招くようなことを書いてすみませんでした。

まず、モデルさんの背景に写る人の数が何十人でななく、2〜3人の時の撮っています。

モデルの背景はボケてるので、当然通行人もボケています。

ボケている通行人を消して、その上にの実際の背景である、道路や壁や樹木をボケた感じでスタンプを押して絵を描いていく感じです。

背景がぼや〜〜としているので、知らない人が見れば自然な道路や壁&樹木に見えます。

あくまで通行人がモデルの後方にいる時です。

モデルの真後ろや横にいる時は、シャッターは押していません。

誤解を招く書き方をして申し訳ありませんでした(反省)







| タクマクニヒロです | 2014/09/22 13:14 | URL |

宅間先生

ご説明ありがとうございました。

| TY | 2014/09/24 18:45 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。