PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真 批評

自分の撮った写真を、自分より写真のキャリアのある方にケチョンケチョンに批判された人から相談メールが着ました。

その方は僕と同じようにブレたりピントをボカしたりすることが好きで、そういった写真を撮ってて、それをある写真クラブのキャリアのある方に見てもらったらしいです。

ところが「こんな写真は起きて破りだ!!」「これは写真とは言わない!!」と、こき下ろされて泣きそうになったらしいです。

それ依頼、自分の写真に自信がなくなって、撮ることも楽しくなくなったというお悩みでした。
可哀想に!!

みんな、誰かに写真を見てもらう時って「なにか足りないところなんかあったら、教えてもらえませんか?」と謙虚に言うんだけど、本当はそんなことどうでもいいから、褒めて欲しいんじゃないですか?

僕は今でも、おもいっきり褒めて欲しいです(笑)

でも、自分よりキャリアがある人に否定されたらそれは落ち込みますよね(笑)

笑ってる場合じゃないけど・・・

僕は、写真って、撮る人の感性の部分が重視されるので「これが正しいとか間違ってる」というのはないと思います。

ブレていてもボケていても自分が好きだったら、それが自分にとってはいい写真ではないでしょうか?

迷った時は、自分に問いかけてみてはどうでしょうか?

「自分は、誰の為に写真を撮ってるんだろう?」って

*プロとしての仕事(撮った写真で収入を得る)となると、自分に仕事を依頼してくれた人(写真を購入してくれる人)の為に撮るわけです。

依頼してくれた人が喜んでくれる写真を自分の感性で撮るといことです。

その写真を見て、依頼してくれた人が喜んでくれる、そしてまた撮影を依頼されるということです。

でも、仕事ではないのでしたら、誰になんて言われても自分の感性に任せて好き勝手に撮ればいいんじゃないでしょうか?

もっと、写真を楽しんだ方がいいと思います。

自分の写真を批判する人には見せないことですね(笑)

だって、その人の為に撮ってるわけじゃないでしょ?


G7f.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年05月27日 | コメント:17 | TOP↑

コメント

写真をとっていると、
自分を取り戻せるような気がしてます。
いいものとって人を喜ばすぞ、と思うとうまく撮れません。
私自身の感受性がどんなかを確かめるために
私は写真を撮っているのかなぁ…なんて思います。
今はブログにちょこちょこ載せていますが、
もうちょっとたくさん撮って上手になったら
頑張ってHPも作ってみます。
へたっぴでもいい、たくさんとるぞ~!!

| miso | 2006/05/26 22:52 | URL | ≫ EDIT

僕も好きです。

今日の写真、いいです。
なんだかお天道様を見ているようです。
僕も好・き・で・す。ウッフン(^_-)-☆

やっぱ最後は自分の感性を信じるしかないですね。
かなり気まぐれですが、教えてもらったように自分の好きな作品を分析したり、スクラップしたりしています。
なんだか少しは自分の好きなものが分かってきたような気がしてます。
ちょっぴり自分に自信が持ててきたような気がしてます。
み~んな宅間さんのアドバイスのおかげです。
どうもありがとうございます!

| タヌゾー | 2006/05/26 22:59 | URL | ≫ EDIT

僕もこの写真は好きです。
僕は写真にうまい、へたはあると思いますが。好き、嫌いは人それぞれだと思います。

| isa | 2006/05/26 23:41 | URL |

昨日,写真に関して,僕はこう思うんだ。
というメールを下さった方がいらっしゃいました。

感じ方の違いをとても感じましたが,嬉しくもありました。

エネルギーのある写真に出会ってしまうと,
とたんに自分の写真が色あせて見えることがあります。

けれど,タクマさんのおっしゃるように,
私は私の写真を撮りたいです。
こんな風に撮りたいんだ!って想いも。
それが撮れないのは,技術なのでしょうか?

私は,私の写真を撮りたいと思うと同時に,
同じ感性の方との出逢いが嬉しいです。
今日のタクマさんの写真がそうなんですね。


なんだか,支離滅裂な文章でスミマセン。

ひとつ。
「あなたは、誰の為に写真を撮ってるの?」
「その写真でどうなりたいの?」

タクマさんのこの言葉,ずっと考えています。
自分でも,分からなくって・・・。


| ゆきち | 2006/05/27 00:36 | URL | ≫ EDIT

同感!同感!
僕の所へのバッシングメールは似たような内容だよ!知ったかぶりを押し付けたがるんだろうか?

PS/プリント売りは良いらしいね?

| yoda | 2006/05/27 07:17 | URL |

タクマクニヒロです

* misoさんへ
「へたっぴでもいい、たくさんとるぞ~!!」そうそう、この気持ちです!!

* タヌゾーさんへ
僕のアドバイスがよかったんじゃなくて、それを聞いて行動する タヌゾーさんが偉いんです!!
行動しない限り、なんにも変わりませんからね。
0に幾ら×ても0ですから(笑)

* isa さんへ
ありがとう!!

*ゆきちさんへ
考えないで自分と対話して下さい。
ちゃんと答えてくれますから。

*yodaさんへ
みんな1度は同じような経験をするようですね。

| タクマクニヒロです | 2006/05/27 10:43 | URL |

タクマクニヒロです

*ゆきちさんへ
忘れてました。
ゆきちさんからの質問の答です。
「私は私の写真を撮りたいです。
こんな風に撮りたいんだ!って想いも。
それが撮れないのは,技術なのでしょうか?」
この「どうしてこんな写真が撮れるんだろう?」っていう気持ちが大切なんですよ。
この時こそ、色々と試行錯誤して試せばいいんですよ。
レンズなのか?フイルムなのか?被写体なのか?などなど・・
そうしているうちに、ゆきちさんのオリジナルのテクニックが生まれるんです。

| タクマクニヒロです | 2006/05/27 10:59 | URL |

今日の写真は、夕日みたい。好きです。今日のタクマさんの話は、ちょっと考えちゃいました。人からの批判って、本当、その人の良いところまで潰しちゃう事多いですよね。でも、結局何と言われても、自分の好きな写真を撮るしかないですよね。自分が撮りたいから撮るんですもん。私は趣味でやってるから、こんな事言えるのかもしれませんが。(^^;)

| かなん | 2006/05/27 14:59 | URL |

タクマさんから頂いた言葉。
「どうしてこんな写真が撮れるんだろう?」と,思うこと。

自分の写真でも,他の方が撮られた写真でも。
その時が,新しい自分に出逢える時なんですね。
ありがとうございます!
本当に,ありがとうございます!!


| ゆきち | 2006/05/27 17:15 | URL | ≫ EDIT

同感です!

誰のために、何のためにやっているのか。

この部分は、写真に限らず
何をするにも大事ですよね。

ある写真教室の先生が
「あなたは、教室に来ない方がいいですよ。
自由にやって個性を大切にしなさい」
とおっしゃいました。

仕事以外の写真は、自己表現ですから
他人の批判は、どうでもいいんです。
(極論ですが)

見てもらいたい人に見せるようにしています。

なので、個展は若い女の子が来てくれる場所でやっています。
老舗の写真ギャラリーも、たまには面白いですけど。

自分のために写真が撮れるなんて、
とっても贅沢で幸せなことですよね!

| 紀瑠美 | 2006/05/27 20:57 | URL | ≫ EDIT

やっぱ・・・

いいねぇ~!って言われたいかなぁ。
特に初心者の私目などは自信がないので、これいいじゃない!って言われて、自分の写真を再認識したりすることもあります。

去年、秋桜の写真を撮ったので、ポストカードにして母に送ったら、ちょっと写真をかじったことがある人なので、第一声に「構図に黄金率とかあるよねぇ~。もっと…」って始まっちゃったので、自分の親ながら言わせておこう…なんて思っちゃいました。
で、そう思いながら、自分の子どもにも同じような気持にさせてるかな~なんて反省・・・。

最近はこれがイイのよっ!って開き直ってます!!
でも、「掟破りだ!」って言わせる程の写真が撮れるのもすごいと思う!

| kuku81 | 2006/05/27 23:08 | URL | ≫ EDIT

私の娘が今年、写真の大学を受験したいといっているのですが、選ぶ側の学校の先生はどのような感覚の方なんでしょうか。
一所懸命勉強して受験しようとしているのですが、少々不安。なのが正直なところです。

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/05/27 23:59 | URL |

>紀瑠美さん、

>なので、個展は若い女の子が来てくれる場所でやっています。
>老舗の写真ギャラリーも、たまには面白いですけど。

個展を開く「立地」=どんなお客さんが訪れそうか、は
大切ですよね!
わたしも、写真ではありませんが、
抽象画の個展をひらいたことがあります。
有楽町そばで立地はとてもよかったのですが、
どうも中高年の絵画サークルの方たちが
よく使う場所だったらしく、
割と、人の作品をけなすために(笑)
訪れる方が多いようなところで、
いろんな意味で勉強になりました。
その中でも、画家に指導をしている先生という方が
センスをほめてくださったり、
「こうするともっと深みが出ますよ」といった
アドバイスをいただけたのは、
暗闇の光明、でした~
なにごとも勉強ですね!

| やねうらべや | 2006/05/28 09:15 | URL | ≫ EDIT

宅間さん、皆さま、こんばんは♪
涙が出そうなほど、いい記事ですね。
辛いことがある度に、ここで繰り返し宅間さんが
この言葉を言って下さるコトが、とても有難いです。
宅間さんや皆さまの存在自体が励みです(笑
お陰で毎日がとても楽しいです♪
いつもありがとうございます(^-^)

| あや☆ | 2006/05/28 18:22 | URL |

タクマクニヒロです

*かなんさんへ
そうです、好きな写真を好きに撮るのが一番です。

*ゆきちさんへ
「自分の写真でも,他の方が撮られた写真でも。
その時が,新しい自分に出逢える時なんですね。」
なんて、素敵な言葉なんでしょう!!
感動しました☆☆☆3つ!!

*紀瑠美さんへ
おっしゃる通りですね!!

*kuku81さんへ
「最近はこれがイイのよっ!って開き直ってます!!」
いいですね~~それ!!

*なんちゃってフォトグラファーさんへ
安心して下さい!!
写真の学科がある大学だけではなくて、普通の大学で写真は学べますし、カメラマンにもなれますので。
学校の先生よりりっぱなお父さんがいるじゃないですか!!

*あやさんへ
このブログは、写真のブログなのに心も楽しくなれるブログかもしれませんね(笑)

| タクマクニヒロです | 2006/05/28 20:31 | URL |

はじめまして。
今日ここを覗かせてもらって心が軽くなりました。ありがとうございます!
批判を受けて他人の思惑通りに変えるべきか、先日悩んだばかりでしたので。
結局その時自分は写真を差し替え、その上レタッチし直しました。
しかし、相手の要求を受け入れようと必死で努力した結果、
その一枚はやはり相手の気を引きもしませんでしたが、
自分にとって非常に気に入るものとなりました。
相手の言う事も受け入れつつ自分の主張を果たす、、、、
難しい事でしたが、いい結果をもたらしてくれました。
やはり心情としては、ただ褒めて欲しいのですよね!
しかしそれだけでは生まれなかったあの一枚を思うと、
批判もまた良しと思えます。

| mizuho!! | 2006/05/29 13:52 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

* mizuho!!さんへ
いい経験しましたね!!
この経験が必ず役に立つ時がきますよ。
楽しみですね。

| タクマクニヒロです | 2006/05/29 17:57 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。