PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ライブカメラマン 営業方法。

Q:タクマさんのDVD 「効果的な営業方法 効果的なポートフォリオの作り方」を購入し、拝見しました。
参考になる事が多く、本当に役立っています。
ありがとうございます。

営業について質問があります。
私は音楽関係の写真(ライブ写真、アーティスト写真。)を撮っており、 これから音楽雑誌などへ営業をしていこうと考えているのですが、 雑誌以外のライブハウスやアーティストさんの所属事務所などへの 営業の手順と言いますか、やり方がわからないので、教えていただけますでしょうか?

そもそもライブハウスやプロダクションにカメラマンが営業にいくというのは、 一般的に行われている事なのでしょうか?

また、雑誌のように、連絡をしない方がいいタイミングなどはありますでしょうか?

その他、雑誌、ライブハウス、プロダクション以外に、 アーティストさんの写真を撮るために営業ができる所があれば教えてください。


A:僕なりの返答です。

ライブハウスやプロダクションにカメラマンが営業にいくというのは、 一般的に行われている事なのでしょうか?

僕はライブハウスやプロダクションへの営業はやったことはありませんけど、一般的に行われていないとしても、トライしないよりした方が絶対にいいです。

あなたが、好きなアーティストが所属しているプロダクションの人に作品を見てもらって、気にってくれたら撮影依頼がくる扉が開きます。

ライブハウスもライブハウスの支配人にあなたの作品を見せて気にってもらったら、アーティストなりプロダクションを紹介してくれるという扉が開きいます。

僕がライブハウスやプロダクションへの営業をやったことがないのは・・・

雑誌で初めて撮らせてもらったアーティストさんが、僕の撮った写真を気に入ってくれて、そこからCDジャケットの撮影やコンサートパンフレットの撮影などを直接依頼されることが多かったのです。

あとは、雑誌で一緒に仕事をしたデザイナーさんが、その人が関わっているアーティストのCDやパンフの撮影依頼をしてくれていたからです。

タクマさんがDVDの中で話されていた、雑誌に営業する時のように連絡をしない方がいいタイミングなどはありますでしょうか?

ライブハウスやプロダクションのどちらの方達も、夜は仕事で連絡がとれませんから昼間がいいと思いますね。
また、昼近くまで寝ている方が多いので午前中も連絡がとれない確立は高いです(笑)

その他、雑誌、ライブハウス、プロダクション以外に、 アーティストさんの写真を撮るために営業ができる所があれば教えてください。

あなたが好きなアーティストのCDを制作している会社(昔はレコード会社と言っていました)があります。

今は、電話だけではなく・・

アーティスト、プロダクション、レコード会社、などなどのフェイスブックを見つけて、フェイスブックから直接「私の作品を見て下さい」というメールをするという方法もあります。

また、フェイスブックであなたと繋がっている人達にも「アーティスト、プロダクション、レコード会社の人を紹介して〜〜」と、お願いすればいいのです。

その為には、クライアントさんがあなたというカメラマンに興味が湧いた時に、あなたの作品を見れるように、センスのいいHPを作った方がいいです。

とにかく・・・

このアーティストの撮影がしたい、ライブの撮影がしたいと思っているのでしたら・・・

今のあなたができる事は、すべてトライすればいいのです。

トライすれば、あなたの夢が叶う扉が大小に関わらず絶対に開きます。

「こんなことして大丈夫なのかなぁ〜」なんて、思っている限り・・・・

夢が叶う扉は永遠に開かないのです。

でも・・・

トライすればあなたの夢が叶う扉が絶対に開きます。

なぜなら・・・

あなたの作品を見てくれた人達と繋がることができて・・・

そこから、あなたが歩みたい「カメラマンヘの道」が開通するのです。

「あのアーティストの撮影したい!!」と感じた直感を大切に!!

「恥ずかしい」「どうしようか?」という弱気になった時は・・・

「いつか死ぬ時に後悔しない?」と、自分にやさしく問いかけて下さい。

あまりキツく問いかけると、おもいっきり落ち込むことがありますから(笑)

それでは、今日も1日、今のあなたがやるべき事にベストを尽くして下さい。

0902181.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2014年09月26日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

早速のご回答、ありがとうございました!

躊躇している場合じゃないですね。
頑張ります!

本当にありがとうございました。

| miki | 2014/09/27 00:07 | URL |

*mikiさんへ
やりたいと思ったら、電話でもメールでも人の紹介でも何でもいいから、今の自分ができることから、トライすればいいのです。
トライしなければ、1ミリも進むはできないですからね。
この世界に失敗はないのです。
行動することで、あなたの「カメラマンヘの道」を歩む為の門の扉が少しずつ開き始めます。
僕は、門の扉が開くまで3年間トライし続けましたから。
開いてからは楽しいよ〜〜!!
殆どの人が、「申し少しで開く」という手前で諦めてしまうのです。
mikiさんも・・
ただ、トライするのではなくて「ベストを尽くして」トライして下さい。
僕も応援していますよ!!

| タクマクニヒロです | 2014/09/27 12:33 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。