PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

プロカメラマンと機材の関係。

Q:「いいカメラ(機材)を持っていないとクライアントや編集者にバカにされて仕事がこないのよ、いいカメラや機材を買わなきゃだめだよ!!って言われたことがあるんですけど、やっぱりそうなんでしょうか?」

A:僕の答えです。

僕の今までの長いカメラマン人生の中で考えてみても、まったくそんなことはありませんでした。

僕自身今まで「いい写真が撮れないのは、今持ってるカメラ(機材)のせいなんだ。

あのカメラマンが持ってるあのカメラさえあれば、あのレンズさえ手に入れる事ができたら自分もいい写真が撮れるのに」と考えたことは一度もありませんでした。

カメラマンになった数年間はお金がなかったので、仕事の種類でどうしてもその機材が必要になった場合のみ、レンタルしていました。

それ以外の撮影はすべて、その時持っていたカメラ2台と3つのレンズだけで仕事をしていました。

そして、そのカメラとレンズは今でもつかっています。

少しずつ、仕事の内容が変わってきて、どうしてもその機材を常時持っていたほうがいいなぁ~と感じた時に購入していました。

もし、カメラマンが持ってる機材で仕事が決まるのでしたら、今の僕には、まったく仕事の依頼は来ない筈です(笑)

それは、僕に撮影を依頼する人が、僕が使ってる機材を見てカメラマンを決めてるのではなく、僕が撮った写真で判断してくれてるからじゃないでしょうか?

つまり、大切な事は、今持ってるカメラの値段でも最新の機材でもないと思います。

自分は「被写体をどう撮れるのか?」という感性であり、才能なのではないでしょうか?

この2つはどこのお店にも売ってません(笑)

でも、無料で手にいれることが出来るのです。


ただし、絶対にこのレンズがなければ撮れないとか、この機材がなければ撮れないという撮影は例外ですよ(笑)

だから、今現在、廻りの人よりいいカメラを持っていなくても、落ち込まなくてもいいのでは?

今、持ってるカメラでそのカメラの特性をおもいっきり生かした写真を撮ることに専念してみればどうですか?

今のカメラを使いこなす事で、きっと、そこから、大切なものを手に入れることが出来ると思いますよ。

僕は2台のカメラと3つのレンズで、その大切なものを手に入れる事が出来ました。

そのお陰で、今も大好きなカメラマンという仕事をやらせてもらっています。

そして、「自分が撮りたい写真にはどうしてもこの機材が必要だ」ということに気がついたら、その時はお金を貯めて購入すればいいと思うし、もし無理だったら撮影する時に必要な機材をレンタルして撮影すればいいと思います。

僕はそうやって仕事をしてきました。

J205.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年06月07日 | コメント:11 | TOP↑

コメント

うれしいぞ!

おいらも古い機材組だね!デジタルもしかりだよ!でもヨドバシの撮影会の手伝いとか、メーカー主催の際はクライアントから現行機で願いますと言われた事も事実ですね!写真を教えているアマチュアの方から恥ずかしながら借りて出向く事も多いですね!
カメラマンイコール金持ちの図式は趣味の無い人を差すんだろうと思います。

| yoda | 2006/06/05 19:57 | URL | ≫ EDIT

今日の写真、予想通りでした。(*^^)v
さて、次の写真は。

機材の話は本当ですね。
機材でいい写真が撮れるなら、コンテストの上位は金持ちばかりになっちまいますね。
でも、実際には入門機と安レンズで撮ってる写真をよく見かけます。

とか言いながら、最近EOS-1Nの中古を買ってしまいました。(^^ゞ ヘヘヘ
デジカメが普及してきたせいかフィルムカメラの値落ちは凄いですね。
お金が無くて我慢している人は、ちょっと中古屋さんのサイトを覗いてみるのも良いかも。
お金を貯める気が出てくるかもしれません。
ま、あくまでも、フィルムカメラの話ですけど。

それにしても、雨の中でもヘーキ&零下20度以下でも止まらないカメラが欲しかったので、ようやく念願が叶いました。
チョーうれぴー!\(^o^)/

| タヌゾー | 2006/06/05 21:05 | URL | ≫ EDIT

タヌゾーさん零下20で止まらないカメラってアナログ?教えて下され!

| yoda | 2006/06/06 04:46 | URL | ≫ EDIT

少しとらえ方が違いますが、フィルムならどんなカメラでも写すのはそのフィルムですから、ホント機材ではないと思います。

ただ、デジタルで引き伸ばす為となると、それなりの画素数は必要なので、多少高いカメラになってしまいますね(^^;


>yodaさん
マイナス20度程の環境ではないんですが、真冬の悪天候での屋外撮影していた経験上、EOS1系や1D系、ニコンD2系機なら結構寒さや水には耐えられますよ。
1D系ならカメラ用に防寒のバック(?)みたいなのもあるみたいですし。
デジタルはバッテリーが弱いので、カイロで暖めたり、メモリも寒さに強いそれなりの物を選ばないと書き込まれなかったり等しますが(^^;

| まさ | 2006/06/06 07:00 | URL |

僕は、事情があって、機材を売却して、
カメラも初心者用の入門機になりました。
悲しかったけど、その時・・・
これは、初心に帰れって事だなぁ~って
気持ちを前向きにして、カメラがあるだけでも
幸せだぁ~・・・だって、写真を撮る事が
出来るんだもん・・・って思いました(笑)
そして、EOS-1を持ってる人に負けない
写真を、頑張って撮るぞ~!って誓いました。
レンズも、大したもの持ってないけど、
その中で出来る事・・・まだまだ沢山あるって
思います・・・。
標準レンズ一本でも、いろんな写真が撮れます。
でも、欲しいもの・・・いっぱいあるので
頑張って手に入れます(^_^)
なせば成る・・・です(^_^)
写真撮るの・・・大好きですヽ(^。^)ノ

| まえっぴ | 2006/06/06 08:39 | URL | ≫ EDIT

たくまさん、ごめんなさい<m(__)m>

えっと、ちょい宅間さんの意図と違う発言をしちゃったかな。(^^ゞ
>>ただし、絶対にこのレンズがなければ撮れないとか、この機材がなければ撮れないという撮影は例外ですよ(笑)
というところに該当するということでご容赦。<m(__)m>

>yodaさんへ
>>零下20で止まらないカメラってアナログ?
アナログって機械式という意味でしょうか?
ならば、違います。
完全な電気カメラです。
僕は以前EOS5(キヤノンの中級機)を使って霧氷を撮影していたときに、カメラが正常に動かなくなってしまったことがあるんです。
その時は、電池を換えても暖めてもだめ。
1Nだったら、電池を暖めたり、交換してやったりすれば、ちゃんと動くらしいです。

また、EOS5は視野率が100%でないので、ファインダーの外のものが写ってしまうことがあります。
風景写真はその辺とてもうるさい人が多くて、何度もがっかりしています。

また、風景写真は雨だとか、風だとか、人が撮影を嫌がるようなときこそ素晴らしいシャッターチャンスに恵まれます。
これまでは、雨の中で撮影するときは、いつ止まるかひやひやしながら撮っていました。

ということで、1Nはどうしてもほしいカメラだったんです。
ようやく念願かなって1Nを手に入れられてハッピーです。
僕にとって過剰装備てんこ盛りの1Ⅴは興味がありません。

1Nは、定価が20万円以上だったのが、僕が買ったのはかなり状態が良くて3万円台半ば。
ちょっと外観の傷なんかを我慢すれば、3万円を切る値段で買えます。
これなら何とか生活費を切り詰めて貯金をしようという気にもなるでしょう。

| タヌゾー | 2006/06/06 11:54 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。

タヌゾーさん貴重な意見ありがとう参考にしますね!フムフム三万で安心が買える訳じゃな。
天気が悪い写真が俺以外にも好きな奴がいるという事も嬉しい~

ありがと!宅間さん場所貸して頂き感謝ですじゃ~

| yoda | 2006/06/06 12:37 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*yodaさんへ
「宅間さん場所貸して頂き感謝ですじゃ~」
はい、遠慮なく使って下さい(笑)

*タヌゾーさん、まささんへ
いい情報をyodaさんに伝えて下さってありがとう!!

*まえっぴさんへ
やっぱり、写真撮る事が好きということが一番ですね。

| タクマクニヒロです | 2006/06/06 18:20 | URL |

名文だと思いました.

機材の話,とても共感しました.
で,色んな事を考えました.
例えば,技術とセンスの関係とか,
アイデアと方法論の関係とか,
才能と努力の関係とか,
更には,限りない物欲の事とか(笑)
プロの写真家の方が,至極,まっとうで健全な見識を持たれている事に,
感銘をうけました.
──────────────────────
HPの作品,とても気に入りました.

| 銀背 | 2006/06/06 19:25 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*銀背さんへ
銀背さんから提案があった
・技術とセンスの関係。
・アイデアと方法論の関係。
・才能と努力の関係。
・限りない物欲の事。
この3つの項目、なかなか面白いので今後書いてみますよ。
いい提案ありがとうございます!!

| タクマクニヒロです | 2006/06/07 08:32 | URL |

宅間先生、タヌゾーさんありがとうございました。

| yoda | 2006/06/07 15:09 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。