PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

プロカメラマンの営業に必要なこと?

僕は、僕のアシスタントをしてもらっていた人に、よく撮影の仕事を紹介しています。

アシスタントのことを信頼しているから紹介するんだけど、

撮影に行った日は「上手く撮影できるんだろうか?」と、やはり心配なのは確かです(笑)

先日、元アシスタントのA君を紹介したクライアントさんから、うれしいメールがあったのです。

お世話になっております。

先日Aさんを紹介していただきました、○○です。

実はその後、Aさんの写真が、クライアントさんに好評で、今後継続的に撮影をお願いしたいということになりました。

今月も依頼を受けていただいたところです。

企画会議の度にAさんの写真がいいという話が出ます。

写真のクオリティーはもちろんですけど、撮影時から納品までの細やかな心配り

何より、一生懸命にいいモノを作ろうとする心意気が感じられて、そこが素晴らしいと

毎回撮影に同行するクライアントさんも褒めております。

さすが、宅間さんの元で学んでこられた方です。

いい方をご紹介いただいて、皆嬉しく思っています。

どうもありがとうございました!

という、うれしいメールが届いたのです。

A君がクライアントさんに喜んでもらえる仕事をしっかりやっているということが実感できて、

僕自身がうれしかったです!

僕がよくワークショップで

「プロカメラマンがいい写真を撮るのは当たり前」

「大切なのは、写真とは関係ない部分」

言ってるんだけど、僕の元アシスタントのA君は、それをしっかりと実践してくれてるようで、メチャメチャ安心しました。

専門学校や写真教室では絶対に教えてくれないので、ワークショップでは必ず話すことなんだけど・・・

「そんなことより、撮るテクニックを教えて欲しい」とよく言われます(笑)

でもね、撮影って、人に教わらなくても上手くなるんですよ。

プロを目指している人に大切なのは・・・

カメラマンという仕事を、いかに長く継続させるのか?ということなのです。

ここが大切なのです。

いい写真を撮のは、プロとしてのスタートラインに立つには当然のことなのです。

プロがやるべきことで大切なことは、

写真を撮る前と、撮ってからなのです。

この大切なことを プロが教えるカメラマンへの道「写真の学校」 という本に書いて出版したんだけど・・・

まったく売れずに絶版になりました。

ただ、アマゾンや書店に在庫がある場合は購入できます。

理由は撮影テクニックのことを書いていない写真本だからです(笑)

なぜ、書いていないのか?

写真のテクニックを書いている本は、すでにたくさんあるので、僕が書く必要がないのです。

プロが教えるカメラマンへの道「写真の学校」を読まれて、実際にプロになられた人からは、「本当にいいに出会えました」と、うれしいメールが届いています。

書店からなくなる前に購入された方・・・カメラの次に大切な宝物を手に入れましたね。

僕がいつもワークショップで話していることや、この本に書いてあることを

知らないでプロになるのと、知っててプロになるのでは、

数年後に圧倒的な差がでます。

なぜ断言できるのか?

僕自身が「知らないバージョンと知ってるバージョン」の、両方のカメラマンとして実践して確かめたからです(笑)

A君のお蔭で、

僕がいつも語っている「プロカメラマンに大切なこと」が間違っていなかった、と、実感できました。

来年開催するオープンワークショップでも、具体的な例を、おもいっきり話したいと思っています。

今、「えっ、私来年開催するワークショップのこと知らなかった!」と焦った方

ワークショップの詳しいことはまだ決めていませんので、ご安心下さい(笑)

それでは、今日も1日、今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょう!!

P9160092.jpg
湧き出る水。

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2014年11月13日 | コメント:6 | TOP↑

コメント

タクマさんへ、ボクも本当に心からそう思います。長く続ける事は簡単なようで難しい事です。定年のない商売、商いでどこまでもカメラマンの道を歩きましょう。

| ますいしんいち | 2014/11/13 22:11 | URL |

タクマ師匠
いつもありがとうございます。
師匠の著書「カメラマンヘの道」は、
本当に素晴らしい書籍です。
私は、プレゼント用に3冊取り置きがあります。
多くの方に読んでいただきたい本です。

| デイシゲタダ | 2014/11/13 23:37 | URL |

「独立したら、この部分は自分で考えろ」という部分がカメラマンのために全部書いてある本ですね。こんな内容の本はどの業界にも無いような気がします。訳の分からないコンサルのような本は山ほどあるのですが・・・。実際に独立して成功している人は、この本の良さの話を3時間は盛り上がることが出来ると思います ^^

| アリモトミツオ | 2014/11/14 17:36 | URL | ≫ EDIT

*ますいさんへ
はい、お互い楽しみながら、カメラマンの道を歩みましょう!
*デイシゲタダさんへ
3冊も!!
ありがとう〜〜!
いつか、伝説の書籍になるかもしれませんから(笑)

*アリモトミツオさんへ
コメントありがとうございます!
あの本のよさをわかってくれている人は、
着実に「カメラマンへの道」を歩んでいるので、
うれしいです!
もしかしたら、
僕が撮った写真だけ掲載していれば、
見た目に一貫性があるので、
売れてたかもしれません(笑)

| | 2014/11/14 18:20 | URL |

タクマさんが「カメラの次に大切な宝物」とおっしゃるので、
Amazon捜してみまたら昨日届きました。
(ちなみに追加の入荷予定はしっかりあるようです。
捜されているみなさん、すぐに手に入りますよ!)

プロカメラマンになれるかどうかはおいておいても、
他の業種でもフリーランスの人には役に立つと
レビューを書いている人がいました。

姿勢を正して拝読させて頂きます!


| kiki* | 2014/11/20 12:06 | URL | ≫ EDIT

* kikiさんへ
ありがとうございます!!!!

この本はフリーカメラマンだけではなく、
他の業種でもフリーランスの人には役に立つことを書いているんですよ。

分かってもらえてうれしいです。

アマゾンの在庫がなくなったら・・
「プロが教えるカメラマンヘの道」を読んだお蔭で、今の私がある、
・・・みたいな、伝説の本になるかもしれません(笑)

| | 2014/11/20 13:42 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。