PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンの営業方法

僕が書いた営業するという意味を、もしかしたら勘違いしてる人がいるかもしれないので、僕が言う営業の意味を詳しく書きます。

「営業」という言葉から「嫌なものを、嘘をついて売りつけに行く」と、感じてる人もいるかもしれません。

でも、カメラマンは「自分が」「自分の写真を撮るという才能が」「自分が撮ってる写真が」商品なのです。
そして、その商品がどんなに素晴らしいものであっても、カメラマンが自分の部屋でじ~~と、自分が撮った写真を眺めて喜んでいるだけでは(笑)
世界中の誰にも「あなたという商品(カメラマン)」が、ある(存在する)といういことが伝わりません。

どこかの誰かにあなたという商品(あなたの写真)を知ってもらわない限り、永遠にカメラマンとしての仕事の依頼はきません。

もし、自分という商品(カメラマンとしての才能)がおかしな商品じゃないのでしたら(笑)「ここに、素敵な商品がありますよ」って、編集社やデザイン事務所や広告代理店というお客様に知ってもらわなければいけません。

それが、僕のいう営業です。

あなたのカメラマンとしての才能(写真)を、仕事を依頼してくれる人達に知ってもらうという行為です。

嘘、偽りの商品を騙して売って行く営業ではないのです(笑)
あなたの才能を知らせるという行為なのです。

これを恥ずかしがったり、私は「営業は嫌い!!」って言ってる限り、あなたがどんなに素晴らしい写真を撮る才能があっても、あなたに撮影の依頼が来るチャンスは殆どないと言うわけです。

なぜなら、あなたに撮影の依頼をしたいと思ってる人達が、あなたという才能のあるカメラマンがいるということに気がつくことが出来ないからです。

どんなに素晴らしい写真を撮る才能があっても、あなたの写真を撮るという才能(商品)にお金を支払ってくれる人を見つけない限り、ただの写真がうまい人で終わってしまうのです。

趣味でいいと言う人はこの状況で幸せなのです。

でも、プロを目指してる人にとってはこんなに辛い事はありません。
その為に、自分と言う商品を人に買ってもらうという「営業」が大切なのです。

*メチャメチャ有名なコンテストでグランプリでも取ったら、話は違いますけどね。
みんな、あなたという商品を知ってくれますから。

僕は、このカメラマンして才能の次に大切な、営業というテクニックのお陰で、今でもカメラマンという仕事ができているのです。
僕がカメラマンになってから知り合った多くのカメラマンが、知り合ってから数年後にカメラマンを廃業しました。

みんな仕事の依頼が来るのをただ待っていたのです。
そして、少しずつ来なくなってしまいました。

僕は、彼らを見てて「これじゃまずい!!」と思いました。

そして(カメラマンータクマクニヒロ)という商品を売る販売促進を考え、商品(タクマクニヒロが撮る写真)を購入してもらう為の営業マンにもなったのです(笑)

だから、僕が言ってるカメラマンにとって営業という意味は。

自分の才能を「自分が惚れて、認めて」その自分をお客様(撮影を依頼してくれる人達)に知ってもらう行為、ということです。

営業というのは、嫌らしい事でも、人に迷惑をかけることでもないのです。
その逆で、いい商品を買ってもらうんだから、購入してくれた人は喜んでくれるんですよ(笑)

F667.jpg

*ブラしてみました。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2006年06月13日 | コメント:6 | TOP↑

コメント

宅間さん、ありがとう!

昨日の書き込み、ちょっと舌足らずで誤解されたかもと思ってましたが、僕の書きたかったことを100%書いてくださいました。
宅間さん、さんきゅ!<m(__)m>

今日の写真もグーッです。
めちゃカッコイイ!!!

| タヌゾー | 2006/06/13 22:42 | URL | ≫ EDIT

私は、はるか昔の学生の頃、営業だけはしたくない、という偏見をもっていました。
偏見といったのは、騙して商品を売りつけるのが営業、と漠然とイメージしていたのでした。
しかし、社会にでて、20年以上経ってみると世の中には素晴らしい営業さんが多くいることに気づきました。
素晴らしい営業は、お客様の立場に立って自分の会社の商品でどうしたら満足を得られるのかということを真剣に考え、お客様に提案し、且つお客様に喜ばれるのです。
このことは、タクマさんが仰ることと同じだと思います。
凄く良く分かります。

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/06/14 02:15 | URL |

営業って、大切なことだと思うけど、私には無理!と思っていました。
タクマさんの書き込みを読んで、そういうことか!と納得♪
ありがとうございます。

この写真も好きです♪絵みたい!

| みなこ | 2006/06/14 07:04 | URL |

 笑われるかもしれませんが、この年になるまで一度も営業活動をした事がありません。なぜか内職やバイトとかをもらって、食いつなげて来れましたので・・・でもぼちぼち貧乏の限界です。
50の営業マンデビューを目指して頑張ります。

| SHU | 2006/06/14 09:28 | URL | ≫ EDIT

私も編集部へ持ち込むという形の営業はしたことがありません。
ちょっと変わった営業はしています。
でも全ての人に当てはまる営業ではないかもしれないです…。
たまには知り合い作りも兼ねて編集部とかへの持ち込みもしてみようかな~。
新しい発見があるかもしれない^^

| RINA | 2006/06/14 10:03 | URL |

タクマクニヒロです。

*タヌゾーさんへ
きょうの写真もいいでしょ!!

*なんちゃってフォトグラファーさんへ
素敵なお話ありがとうございます!!

*みなこさんへ
納得してくれてありがとう!!

*SHUさんへ
営業といっても、自分と言う商品を一人知ってもらうということですから。
楽しくやって下さいね!!

* RINAさんへ
営業には色んな方法があります。
これが正しいというのはありません。
RINAさんも自分の方法でいいんですよ。
僕も今までの経験で、数パターンの方法をクライアントによって使い分けていますから。

| タクマクニヒロです | 2006/06/14 11:33 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。