PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンのアシスタントになるには?

Q:僕は現在、物撮りをメインにしているカメラマンに付いています。

アシスタントになって半年程ですが、日々怒られ自信も無くしていくいっぽうです。

何より僕は将来、人物を撮るカメラマンになりたいです。

今の師匠はライティング技術が凄く、とても幅広い撮影をしておりとても勉強になるのですが、どうしても物撮りが好きになれずモチベーションが上がりません。

やはり自分が目指す分野のカメラマンに付いた方が良いのでしょうか?

どうかご回答下さい。よろしくお願いします。

A:僕なりの返答です。

同じカメラマンという仕事でも、物撮りと人物撮影をするカメラマンでは、やること、学ぶことは、まったく違います。

陸上競技で例えると、マラソンと短距離走くらいの差があります。

同じ陸上競技と言っても、マラソンと短距離走の選手は鍛えるところがまったく違うでしょ。

カメラマンも同じで、物撮影と人物撮影では、

プロカメラマンとして仕事をする為に必要とされるスキル、学ばなければいけない事が違います。

また、物と人物撮影では、クライアントさんがカメラマンに求めるモノも違います。

せっかく、将来プロカメラマンになる為に凄い才能のあるカメラマンさんのアシスタントに就けたのに、

あなたのモチベーションが上がらないのは辛いですね。

そこで、僕からの返答です。

カメラマンさんに・・

「自分は人物を撮るカメラマンになりたいので、人物を撮ってる人のところで勉強したいです」ということを、正直に伝えて
新しい道を歩むことをオススメします。

でも、「明日から辞めます」という行為は絶対にダメですよ。

あなたに変わる、新しいアシスタントが来るまでは今の事務所でしっかりと働かせてもらい

今のカメラマンさんがあなたが辞めても困らないという状態にして、あなたが辞めるという方法です。

新しいアシスタントが来る前に辞めてしまうと、今のカメラマンさんが困ってしまうので

それは絶対にやってはダメですよ。

辞めるまでは、一生懸命働いて下さい。

そして、辞める時は「ありがとうございます」とお礼を言って、

新しいスタートを切って下さい。

「えっ、すぐにやめたらダメなの?その数ヶ月がもったいない」と思うかもしれませんけど・・・
若い時の数ヶ月はあっと言う間に過ぎます。

大切なのは・・・

アシスタントに就くということで縁を持った今のカメラマンさんとの縁を継続させることです。

辞める理由を正直に伝えて、辞めるまで一生懸命アシスタントの仕事をしたら

そのカメラマンさんが

「この人のアシスタントになったらどうだ!」と、人物を撮っているカメラマンを推薦してくれるかもしれません。

それでは、今日も1日、自分がやるべきことにベストを尽くして・・・

写真を撮ることで、あなたのまわりの人達を笑顔にして、自分も笑顔になりましょう!!

121010-8.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| アシスタントになる方法 | 2015年01月19日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

宅間様
早急にご回答頂き、誠にありがとうございます。
昨年からずっと悩んでいたんですが、宅間さんのお言葉ですごく納得できましたし、背中を押して頂けました。
次のアシスタントにきちんと引き継ぎをしつつ、残りの期間に学べることを貪欲に吸収し、新しい環境に挑みたいと思います。
本当にありがとうございました!

| きょう | 2015/01/20 13:17 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。