PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

撮影料の設定

Q:撮影料を幾らにすればいいか教えて下さ。

A:僕の思ってることを書きます。

これはあくまで僕の考えなので、これが絶対に正しいと言うことではありませんからね.

初めて撮影の依頼をされた時に「撮影料幾らですか?教えてくれますか?」って言われると、ドキドキしてしまうものです(笑)

なぜか?

それは、「いったい幾らにすればいいのか?」ということが分からないからです(笑)

撮影料というのは、他の商品と違って「1カット撮影したら幾らです」と、全国で決められてる値段なんてないのです。

だから、幾らでもいいんです(笑)

あなたが欲しい金額を撮影料にすればいいんです。

例えば、初めての撮影だとしましょう。

あなたが今まで一日アルバイトをして8000円貰ってたとしたら・・・

初めて撮影した時の労働時間に撮影という特殊技術を足して、アルバイトの時に貰っていた8000円で満足するでしょうか?
撮影時間はアルバイトの時の一日8時間の半分だったとしたら8000円で満足するでしょうか?

もし満足しないのでしたら、その倍の1万6千円だったらどうでしょう?

こうやって少しずつ考えていって、あなたが「この金額だったらうれしいなぁ~」「撮影した甲斐があるなぁ~」と思う金額を請求すればいいんですよ。

あなたが撮影した写真を見て相手が喜んでくれても、撮影料があまりにも少なくて、もしくは赤字になってしまったら、撮影したあなたの心は決して満たされないと思います。

あなたの心が満たされないということは、いくら相手が喜んでくれたとしても、あなた自身にとっても精神衛生上よくないことです。

かといって、いきなり「撮影料は50万です」って言ったら、今度は相手がびっくりすると思います(笑)

だから、一番いい方法はまず相手に「撮影料幾らくらいだったら予算内で収まりますか?」って訪ねてみるといいですよ。

そして、相手が「分かりません」というのでしたら、今度はあなたが「この撮影だったらコレくらいの金額だったら撮影しててもうれしいなあ~」という撮影料を正直に言えばいいんです。

そこで「え~~そんなに高いんですか?」って言われたら「幾らくらいだと思いましたか?」って聞いて、最終的にお互いが納得して満足する値段を決めれば良いと思いますよ。

*撮影料は、自分がその撮影をする事で「自分と相手が納得できる金額」であればいいのではないでしょうか?

くれぐれも「こんなに安い金額にするんじゃなかった!!」って思いながら撮影するのだけは辞めた方がいいですよ。

そんな気持ちでは絶対にいい写真は撮れませんから。

写真はその時のあなたの心を写しますからね(笑)

*「勉強ですから無料でいいです!!」って言う時は「最初だけは」と言ってから撮影しないと、相手は2回目からも無料でやってくれるものと勘違いしますからね(笑)

*それでは、怖がらずにあなたが満足する金額を言ってみましょう!!

D611.jpg

*魚の鱗みたいでしょ(笑)


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年06月25日 | コメント:10 | TOP↑

コメント

こんにちは

丁度、家族写真の撮影依頼をされて金額を考えていたところです。参考になりました、どうもありがとうございます!

| ぴゅうこ | 2006/06/24 14:52 | URL |

そういう風に考えていくと、値段をつける過程もそれほど悩まなくてもよさそうですね。てゆーか、タクマさん本当、いつもオープンに教えていただいて、ありがとうございます。今日の写真は鱗というより、未来の集合住宅みたいです。

| かなん | 2006/06/24 15:09 | URL |

高すぎても、安すぎても「え?」って言われちゃう。
なかなかバランスがとりにくいんですよねえ…
知人の紹介だから安くしてくれるでしょうとか無理だし。
撮りっぱで渡してくれれば安くなるでしょうとか…
最近の課題は、無理難題を角を立てずにかわす方法でしたが
これもまた予算を聞いて調整ですね~。

| RINA | 2006/06/24 16:02 | URL |

初めて撮影料の交渉をした時は、本当にドキドキしました。
(メモをする手が震えちゃったりしました。)
それから、ディスカウントの申し出や、現物支給(笑)の洗礼をうけて、
今に至ります。
宅間さんの仰る、精神衛生って大切だなあと、気づかせて頂きました。
真心を込めて撮影できるよう、交渉にも、心を開いて誠実に
取り組みたいと思います。参考になるお話し、ありがとうございました。

| とるてん | 2006/06/24 20:21 | URL | ≫ EDIT

ベストタイミング

私も、ちょうど商品撮影の依頼が来たばかりだったので、ビックリしました!

なるほど!
そういうふうに撮影料をもらえばいんですね。
相手も、自分も納得するように決めたいと思います。

| みなこ | 2006/06/24 20:29 | URL |

ありがとうございます!

すごく参考になりました。

デジカメに切り替えたので、
フィルム・現像代がかからなくなりました。
請求金額を言いやすくなったと思います。

そのかわり、データを渡して欲しいと
気軽に言われるようになりました。
もちろんタダではお渡しできません。

タクマさんが教えてくれたように、
自分も相手も納得できるような価格で
気持ちよく撮影したいと思います。


| 紀瑠美 | 2006/06/25 01:01 | URL |

うーん、なるほど。
お金のことになると、相手の反応も怖くてかなり受け身になっていました。
だけど、こうやって一つずつ考えていけばいいんですね。
でも、仕事ではなく、相手が普通の方だとまた悩みますね。

写真集を無料で作れるキャンペーンを見つけました。
会員にならないといけないのですが、自分の作品集がしっかりした
印刷で作れるのは魅力かな、と。
お金を出してでも作ってみたいな、と思いました。
こちらです。
http://amana.jp/topics/campaign-vbp/

| ケンタッキー | 2006/06/25 12:39 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

* ぴゅうこさんへ
お役に立ててよかったです。

*かなんさんへ
いつもすてきな写真の感想ありがとう!!

*RINAさんへ
大切なことは、相手の話を聞いて、そして自分の正直な気持ちを話す事です。
「きっと分かってくれるに違いない」と思っても、こちらが言わない限り相手には通じませんから(笑)

*とるてんさんへ
もっと自分に自信を持って下さいよ(笑)

*みなこさんへ
そうです、自信持って交渉して下さい!!

*紀瑠美さんへ
そうです!!
自分も相手も気持ちよく!!です。
相手だけが気持ちいいのでは、自分の気持ちが続きませんからね(笑)

*ケンタッキーさんへ
すてきな情報ありがとう!!
これはみんな喜ぶと思いますよ!!

| タクマクニヒロです | 2006/06/25 17:33 | URL |

お久しぶりです、拝見だけはいつもしているのですが。料金設定・・・以前は割りとすんなりこちらの設定が通っていた気がします。
でも、なぜかデジタルが主流になってからダウン気味。後処理時間が相手に理解してもらえない感じです。
でも、写真が(内容)いのちのものにはなかなか値段がつけがたいものでもありますよね。そんなときは、やっぱり先方に「お任せします」が、いちばんかもしれません。(笑)
それと、機材の償却費が以前(アナログ)のようにながく計算できないのが悩みの種です。+パソコンの性能まで償却費に入れれるような世界にしていかないとこれからは大変ですよね。(T T)
追記、頂いたポストカードいつも眺めています。ありがとうございます。<(^^)>

| photo-t | 2006/06/25 21:11 | URL |

タクマクニヒロです

*photo-tさんへ
心配しなくても大丈夫ですよ!!
お客さんが喜んでくれる写真(商品)さえ提供出来ていれば、仕事(お客さん)はなくなりませんから(笑)
安心して下さい。
良い仕事(商品)をしていれば(制作していれば)仕事は必ず増えますから。

| タクマクニヒロです | 2006/06/26 11:09 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。