PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 雑誌の表紙の撮影をするには?

雑誌など紙媒体の表紙撮影の依頼は、どういう流れでくるのか?

色んなパターンがあるので「これです」とは断定できませんが・・

今までに僕がカメラマンとして経験したことを書きます。

-例えば、あなたが今、ある雑誌媒体の中ページの写真を撮っているカメラマンだとしたらですね

その雑誌の編集長や表紙担当が「このカメラマン最近いい写真撮るな、今度表紙も撮らせてみるか」
と思ってくれるパターン。

-あなたといつも一緒に仕事をしている編集者が、あなたの写真を凄く気に入ってくれてて、

編集長に「このカメラマンいいですよ、今度表紙を撮らせて見て下さいよ」とプッシュしてくれるというパターン。

-あなたが撮ってる雑誌の写真やあなたが個展・写真集・HPなどで発表した作品を見て

「このカメラマンいい写真撮るな、今度うちの媒体の表紙を撮ってもらいたい」と思ってくれて、

あなたに表紙の撮影依頼がくるパターン。

-今の雑誌の表紙のデザインをリニューアルすることが決まった時に、

編集部の人が、表紙のデザインをしてもらっているデザイナーにカメラマンを数人推薦してもらい、

そのカメラマン達の作品を見せてもらって「今回はこの人に頼みたい」という感じで決まるパターン。

-コーディネーターに、表紙をリニューアルしたいので「誰かいいカメラマンいない?」と、数人のカメラマンを推薦してもらい、
そのカメラマン達の作品を見せてもらって「今回はこの人に頼みたい」という感じで決まるパターン。

コーディネーターといのは、色んなカメラマン、デザイナー、スタイリスト、ヘヤメイク、など、撮影に関わる人達がどのような仕事をしているのか?どのようなテイストの作風なのか?ということをよく知っている、みたいな人達です。

僕もいったい何をする人なのか?本当の実態はよく知りません(笑)

−カメラマンが他の媒体の仕事で一緒に仕事をしたことがある、デザイナーさん、ヘアメイクさん、スタイリストさん、フリーのライターさんなどが「あのカメラマンいいですよ」と推薦してくれるパターン。

雑誌など紙媒体の表紙撮影の依頼は、まだまだ、色んなパターンがあると思いますけど、僕が経験したのはこの6パターンです。

大切なのは・・・

あなたが「今」やってる撮影がどんなに小さな仕事でも

「今」のあなたのベストを尽くすということです。

ベストを尽くしたという行為が、未来のあなたを創っているのです。

「この撮影は、小さな扱いの写真だから力を抜いてもいいや」という想いで撮影をしてると、

そういった未来がやってくるということです。

その逆に、どんなに小さな扱いの写真、安いギャラの撮影でも、

一生懸命、「今」の自分のベストの力を出して撮影していると

「あの時、一生懸命やってよかった~~」と笑顔で想える未来がやってくるということです。

「今」のあなたの撮影に対する想い&姿勢が、未来のあなたを創っているのです。

大切なのは「今」あなたの想いです。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

A339.jpg
★ベストを尽くした向こうには、明るい未来が待っているのです。

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンのワークフロー | 2015年03月01日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

タクマさんへ
おっしゃる通りです。
ボクも普段のライフスタイルや人と人との繋がりが一番大切だと思っています。

| ますいしんいち | 2015/03/02 12:44 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。