PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ストロボで自然光を作るライティング

この写真は、ハウススタジオではなく壁も床も白いスタジオで撮ったものです。

編集者からのリクエストは、

1−自然光の入るハウススタジオで撮ったような空気感にしたい。

2−アップのカットは 「カッコいいではなく、カワイイ感じで」

という2点でした。

カワイイというリクエストだったので、

僕が制作した、スタジオライティングが学べるDVD1で紹介している

プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

週刊朝日の表紙やグラビアで女の子を撮る時に使っていたライティング&ポーズで撮りました。

ライティングはDVD1の冊子6Pのライティングです。

クリップオンストロボのライティングDVD5を購入されている人は、冊子36Pの一番上のライティングで同じような写真が撮れます。

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

ポーズは、冊子22Pの右下にある「テーブルを使う作例」とほぼ同じです。

ヘアーラインをキラキラさせる為のライティングは、女の子を撮る時によく使っていますけど・・

これは、若い男子にも使えますね(笑)

左側の写真は、被写体の向かって左からカサバン1灯、右側からストロボ直で1灯飛ばしています。

右側のストロボ直を左側のカサバンより絞り(露出の値)を1段以上強くしています。

男子なので、右側のストロボ直1灯だけでいいと思ったのですが、

そうすると影が強調されて、柔らかい光の中という空気感がでないので、左側からカサバンを飛ばして影を柔らかくしています。

色々書きましたけど・・

このライティングが正解ということではありません、ライティングってカメラマンの好みですね。

でも、やっぱり、このライティングとポーズは女の子向きかな〜。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

150321-1.jpg

スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★宅間國博の仕事を知りたい人は、HPをご覧なって下さい★
  ↓  ↓
こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年03月23日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。