PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

フロントトレペとソフトボックスで撮る

この写真は、ホテルの部屋で撮りました。

メインは、僕の大好きな(笑)フロントトレペのカサバン1灯です。

なぜ、このライティングが好きか?というと・・・・

女性の場合、鼻の下や、アゴの下などに変な影が出ないからです。

「私は女性の写真でも影を出すのが好き」という人には、このライティングはオススメしません。

僕が好きなだけです(笑)

ただ、このフロントトレペは、首から下を少しだけ暗くしたかったので、カサバンを人物の真正面からではなく、

天井に付くくらい高い位置から少しだけ下に向けて当てています。

これも理由はありません、僕の好みです。

あと、もう1台のストロボを被写体の斜め後ろからソフトボックスのディヒューザーを付けて1灯、被写体の肩口に当てています。

ソフトボックスににしたのは、カサバンだとスロトボの光が被写体の肩口以外の広い範囲に回り過ぎるからです。

ただ、これもカメラマンの好みですから

「これが正解!!」と言ってるのではありません。

1つ前のブログに紹介したライティングは、同じフロントトレペでストロボ4台も使っていますけど、これは2台です。

理由は、背景をできるだけボカしたかったので、絞りを解放値くらいにしたかったのです。

だから、光量が少なくていいのでストロボは2台でまったく問題ありません。

カーテン越しの背景にビルがあり、背景の色がブルーというよりグレーに近かったのでだったので、

撮影後にデジタル処理でブルーだけおもいっきり強調しています(笑)


クリップオンストロボでも同じような光で撮れますので、室内でクリップオンストロボを使って撮影するライティングを学びたい人は

ぜひ、僕が制作したDVD5をご覧になって下さい。
購入されている人は、冊子30Pを参考にして下さい、そして、被写体の後ろからソフトボックスを使えば撮れます。

僕のDVD1で紹介している、同じ「フロントトレペ&フロント紗幕」ライティングでも

写真の用途によって、ストロボの台数、ストロボの高さ、ストロボの並べ方、紗幕にするか、トレペにするか?を変えます。

これがライティングのおもしろいところです。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

あなたの今日1日の行動が・・・あなたの未来を創っているのです。

150407-1.jpg
・ISO400・メインのストロボf4・斜め後ろのストロボf5.6・使用レンズ70㎜〜200㎜ズーム(f2.8)の150㎜相当
必要な写真が腰から上の1カットだけでよかったので、撮影は5分くらいで終了。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「この写真どんなライティングで撮ったんだろう」って、思ったりしませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボを使ったポートレート・ライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年04月09日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

タクマさんへ、
躍動的な前回としっとり感の今回のライティング、勉強になります。ありがとうございます。

| ますいしんいち | 2015/04/10 11:56 | URL |

失礼致します。皆さんの質問に答えていらっしゃって‥申し訳ないのですが、私も失礼してよろしいのでしょうか。返答がなければ場違いだと思いますので大丈夫です、すみません。 服と、その服を着たモデルを撮り、理想の写真を実現させたいという夢があるのですが、写真を撮るのが好きだというわけではないので、写真を撮る技術はありません。夢は、服とその服を着た人と背景だったり照明だったりで理想とする写真を実現して、雑誌に載せられる様になりたいのですが、。 自分が理想とするこれなら世間の人々にはっとさせられる様な服とモデルとその写真を、撮ってはもらえないだろうか、という写真家のサイトを見つけられていません。 そこで、こちらの宅間さんのHPを観たのですが、観て、風景 花 動物 の写真を観たのですが、それから生まれてからの人生も読ませて頂き、どういう人なのかも知れて、そこも自分にとっては大事なところでした、任せて撮ってもらう という事に、その写真を撮る人に信頼がなければ私も実行する事ができない。宅間さんの写真と人生ページを観て考えましたが‥やはり写真には撮る人の人間が出る のでしょうか。写真の表現とその人の人柄が出る‥そんなことも思いました。風景、生き物、の写真を撮る人は心がきれいで、純真で、傷つきやすい、‥そんな人が多いのですかね。写真の世界を全く知らないド素人の私が聞かせて頂きます、例えば、宅間さんに写真を撮って頂きたい、と個人素人の私が言った場合、それは可能なものなのですか?恥ずかしい質問かもしれないです。そして金額、‥検討がつきません、ただ、売れているカメラマンは高いのでしょう、今でこそ売れっ子のカメラマンでさえ、売れてない時代の時は金額が全然違うのでしょう。私は、ファッション雑誌へ載せてその写真の服が売れる‥誰かが感動し、そしてこの服を私自身も着たい、と夢みられるページを実現したいので、例えばファッション雑誌でいうとVOGUEでもそうですし、ファッション雑誌だけではないです、都会に建つブランドの看板もです、ジュエリー、ファッション、でも腕とジュエリーしか写っていない看板でもその写し方ーはっとする写真。それに感心があります。私の実現したいものは、服とその服を着た人物と表情と写真の撮り方(陰影だったり反射‥ですかあとは何だろう)で作り出す、感動を生むものです。自分が感動したいのです、それを偉い人(権限を持つ人)が納得し、世に出ることができ、見た人の心の支え(こんな服を着たい、この服がほしい、)私は、服が心の大きな支えです、共感できない人は沢山いると思いますが、私は、理想の服に出会った時に生きている喜びを感じたり、死にたいという辛い心持ちの時も救われるのは、私に好きなもの生きていて夢中になれるものが服だから、私はそうだから。病気をした宅間さんに、服で生きる喜び なんて言う私は‥という考えも浮かびますが、大変な病気をしたことがない人から、言葉だけで、分かりますその気持ち‥なんて、‥分かるわけはないんですよ。‥ちがう話になってしまいました。私が考えている事は、やはりお金をかけてでも世間で受け入れられている売れているプロの写真家の人に撮って頂き、その写真を偉い人に見てもらえばよいのか。何を迷うかって、誰を選ぶかです、撮るに撮っても理想の写真ができるかというのは相性でしょうか。歌が上手い歌手はみんなです、そのCDを買うほどになるかはー好きか嫌いか、声、と自分の好みとの相性。写真も、上手い人はプロみんな上手いではないですか?権限を持つ人物が選ぶプロ達が撮った写真の中からたった一枚たった一人しか選ばれない‥その決定権をもつ人物との 相性 なのですか。理想の写真を実現できる スタジオ、色々な技術を使える機材?私は陰影が好きだったりするのですが、右にある象の写真モノクロームというんですか、この撮り方も使いたいとか、あります、そして重要視しているものがありますそれは 加工 ですーフォトショというんですか、それらすべて出来て、完成させたい、というか、それらすべて使わないと理想の写真は実現できないと考えていますがどうでしょうか。都会のブランドの看板、ファッション雑誌のページの写真も私が理想とする目指しているものです、そこにはすべて、加工が入っていて、撮るスタジオ、照明や、他の機材、技術を持ったカメラマンさん‥で完成させているのではないのですか。すごく長くなってしまいました。すみません。‥では、失礼致します‥長くなりすみません。

| 女性26歳 | 2015/04/10 14:12 | URL |

*ますいさんへ
お役に立ててよかったです。

| タクマクニヒロ | 2015/04/10 21:53 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。