PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

チャンスを掴む方法。

僕が独学でカメラマンになって数年目の話です。

ある雑誌の仕事で、某有名アーティストの撮影をさせてもらいました。

それは、カラー1ページで1カットだけの仕事でした。

僕は某有名アーティストのAさんを撮れることがメチャメチャうれしかったです。

ただ、撮影時間も短くて、撮影はあっという間の出来事でした。

数日後、なんと・・・

Aさんのファンクラブの事務所から、ファンクラブの会報に掲載する為の写真を撮って欲しいという依頼が来たのです。

CDジャケットや広告の撮影は、今まで撮っているカメラマンに撮ってもらうのですが、こういった小さな仕事はそういう売れっ子カメラマンには依頼できません。

そこで、僕にオファーが来たのです。

でも、僕のようなカメラマンはいっぱいいるのに、「なぜ、僕なんだろう?」と思ったので、素直に聞きました(笑)

すると、先日雑誌で1カットだけ撮らせてもらって時に、

Aさんが、僕の撮る時のリズム感がよかったので撮られてて心地よかったという理由でした。

「リズム感ってなんだろう?」と思いながら、あまり深くは考えないで(笑)

どのような写真を撮ればいいのか打ち合わせに行きました。

実は、今でも、撮影後に「宅間さんって撮る時のリズム感がいいので心地よかったです」ってよく言われるのです。

さすがに今は、リズム感の意味はわかっていますけどね(笑)

だから、意識して撮ってます。

話は逸れましたけど・・・

必要な写真は、モノクロで、腰から上のカットを服を変えて2パターン撮って欲しいという撮影でした。

ファンクラブの会報に掲載する写真で、カラーではなくモノクロなので・・・・

「これは売れっ子カメラマンには頼めないよな」と、僕自身、納得しました(笑)

でも、うれしかったです。

今まで僕というカメラマンの存在を知らなかった、ファンクラブの会報を作っている人が、僕のことを知ってくれたわけですからね。


打ち合わせでは、1カットは背景はシンプルなグレーで撮って欲しい

もう1カットは宅間さんが撮りたいように撮って下さい

使用する写真は腰から上なので、全身は撮らなくてもいい

ということでした。

ファンクラブの会報誌なので、撮影料は思ってた以上に少なかったです。

ただ、撮影時間も雑誌の時と違ってゆったりあったので

2カットの腰から上だけのモノクロ写真だけではもったいないなぁ〜と思い

そうだ、「僕自身の作品を撮ろう!!」と決めたのです。

背景をグレーで撮るカットは、ファンクラブからの要望通り、普通のライティングで撮り

もう1パターンは、いつかこのライティングで撮ってみたいというセットを作り

背景も、僕のがこの背景で撮りたいという布バックを自腹で用意しました。

撮影料は、フイルム代、現像代とかすべて込みの値段だったので、おもいっきり赤字でした(笑)

本当は、モノクロで、腰から上だけのカットでよかったのですが・・・

もらった撮影時間内で、モノクロ、カラー、全身、アップ、目線ありなし、ライティングチェンジ、背景もチェンジと

もう、「Aさんを自由に撮れるなんて、こんなチャンスは2度とない!!」と思って、撮りまくりました。

ファンクラブ会報を制作しているスタッフは、僕がメチャメチャ撮るのでびっくりしていました(笑)

でも、Aさんは「この布バックおもいろいですね」とか「このライティングいいですね」と、結構、喜んでくれていました。

撮影後も、本来でしたら、ファンクラブから依頼されたモノクロで腰から上の写真だけ渡せばいいのですが

「色んな写真を撮ったので、使用料は入りませんから、よかったら自由に使って下さい」と、僕が自由に撮ったカラーの写真もお渡ししたのです。

最終的に、布の外注代、カラーフイルム代、現像代などなどで、大赤字でした。

ただ、僕の自身は、あのAさんを「自分だったらこんな感じに撮りたい!」という写真が思う存分撮れたので

もう、お金のことより、心が満たされていました。

そして、数ヶ月後・・・

なんと・・・

AさんのCDジャケットの撮影依頼が来たのです!!

撮影依頼の電話に出た時の僕は、一瞬なんのことか理解できなくて

「えっ、今、なんておっしゃいました?」と、2度も聞いてしまいました(笑)

あの時、僕が撮った写真がファンクラブ経由でAさんのCDを制作しているディレクターの目に止まり

「これ撮ったの誰?」 「このカメラマンいいね」という話になったみたいで

「今度のジャケ写、このカメラマンに撮ってもらおう」という展開になったようなのです。

そして、ジャケットの撮影打ち合わせをして驚いたのが

「宅間さんが曲のテイストを感じたまま、自由に撮って下さい」と言われたことです。

お言葉に甘えて、自由に撮らせてもらいました(笑)

そのCDは100万部以上売れ、撮影した僕もメチャメチャうれしかったです。

実は、その撮影で終わりではなく、

その後もAさんのCDジャケットの撮影、カレンダーの撮影、また、Aさんが所属している他のアーティストのCDじゃケットの撮影をさせてもらうようになったのです。

また、AさんのCDジャケットを撮影したということで、他のレコード会社のアーティストのCDジャケットの撮影依頼がどんどん来ることになり、音楽雑誌からの依頼も増えて、メチャメチャ忙しくなったのです。

もし、ファンクラブの会報の撮影依頼があったあの時・・・・

僕が、安い撮影料の中で利益を出す為に、撮影経費をケチって、モノクロカットだけ撮っていたら、こんな展開にはならなかったのです。

ここで何が言いたいのか?というとですね。

僕の自慢話をしてるのではなくて(笑)

チャンスは、いつ訪れるかかわからないということです。

もし、あの時、僕の頭の中に

「チャンスがあったら、こんなライティングで、こんな背景で、こんな写真を撮りたい」という想いがなければ

せっかくのチャンスを掴むことができなかったと思います。

当時やってた撮影の仕事は、小さなものでしたけど、その時でも

「いつか自分が雑誌の表紙を撮るようになったら、こう撮りたい」とか

「他のカメラマンの撮った写真を見ながら、自分だったらこう撮るのにな」とか

チャンスがいつきても対応できるように、頭の中でいつも練習をしていたのです。

それは、仕事が少なくて暇だったからできたのです(笑)

今、仕事が少ないな〜と悩んでいる方へ

実は、暇な今こそ、写真の女神に微笑んでもらえるチャンスを作る時間なのです。

今の自由に使える時間は、写真の女神があなたに与えてくれた贈り物なのです。

写真の女神は・・・

「それでは、○○日にチャンスを与えますか用意してて下さい」という連絡はしてくれません(笑)

それでは、いつ、チャンスを与えられてもいいように・・・・

今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

あなたの今日1日の行動が・・・あなたの未来を創っているのです。

A6b.jpg

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年04月20日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

いつも楽しくブログを拝見させていただいております!
私はまだ駆け出しなのですが人物をメインにカメラマンのお仕事をしたいと思っています。
ひとつ、、撮影のリズム、、とありました。
具体的に教えていただけますでしょうか?
ブログに書いていただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします!

| りえ | 2015/05/25 12:57 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。