PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

フイルムで撮ったような写真を撮るには

フイルムで撮ったような写真を撮る、僕なりの方法を教えます。

僕がフイルム感を出したい時に撮る時の方法、

その1−ピントはデジタルカメラのマニュアルで撮る。

AFで撮ると、ピントがガチッと合い過ぎるのです。

フイルムカメラで撮ったことがある人はわかると思いますけど、

ピントが合ってるかどうかわからない微妙な感じがいいのです。

その2−レンズは単焦点を使う。

ズームレンズよりボケ味がいいのです。

僕は、いつも50㎜を使っています。

理由は、目で見てる感じに近いからです。

その3−絞りは解放値に近い値で撮る。

f2.8のレンズだったらf2.8〜f4くらいの値で撮ってます。

理由は、2と同じで背景がボケ感を出したいからです。

その4−明るさは、適正露出より2分の1〜1段くらい明るくしています。

理由は、僕が「これって露出オーバー?」と感じるくらいな絵が好きだからです(笑)

その5−室内の場合、ストロボを使わずに窓から入る光&部屋の照明器具の光だけで撮る。

理由は、ストロボで撮ると「いかにもストロボで撮りました〜〜」という光が固いテイストの写真になるからです。

その6−ISO感度を1600以上で撮る。

理由は、ISO感度を上げて撮るとノイズが出ます。

そのノイズが、フイルムで撮った写真のようにザラザラした感じに見えます。

このザラザラ感がいいのです。

その7−色をノーマルではなく、少しシアン系統に被らせる。

これは、僕が好きだからです(笑)

その8−三脚は使わない。

カメラを手持ちで、ピントもマニュアルで動き回りながら撮ると、ボケます(笑)ブレます(笑)

このブレ感、ボケ感がなんとも言えない、いい感じのフイルム感を出してくれるのです。

今日書いたことはあくまで僕が勝手に思ってることです。

「いや〜〜それじゃフイルム感は、でないでしょ!」と思った人は、あなたのその感覚が正しいのです。

写真を感じる感性は人それぞれ違います。

今は、色んな情報を得ることができますので、その情報をすべてを正解だと思う必要はないのです。

「違うな!」と感じた箇所が、あなたのオンリーワンの個性なのです。

人に合わせる必要はありません。

あなたの、感性を信じて、あなた自身の「カメラマンへの道」を歩んで下さい。

そして「この情報いただき!」と思った人は、どんどん利用して下さい(笑)

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

150428-1.jpg
今発売中の+actminiで撮らせてもらった写真です。
この小さな写真では粒子感がわかりませんけど、掲載誌で見てもらうとフイルムで撮ったような写真に見えます。

被写体が、もしアイドルだったら・・
僕のレンズを覗き込んでもらったり、鏡にチューをしてもらったりして、友達に撮られている感を演出した写真を撮りますね。

この被写体に方に、その演出をお願いしたら僕が変態カメラマンに思われます(笑)

Amazonで見る→+act. mini (プラスアクトミニ) vol.29
楽天で見る→+act.Mini. (プラスアクトミニ) Vol.29


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2015年04月28日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。