PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンの年収はいくら?撮影料は?

プロカメラマンの年収を、知りたい!という人が多いので、

プロカメラマンが色んな撮影で、どれくらい撮影料をもらっているのか?ということを、僕の今まで経験の中で書かせてもらいます。

<雑誌>
1ページ幾ら、というページ単価で支払っているか雑誌が多いです。

僕の経験では、1ページ8000円〜3万円です。

平均、1ページの撮影料は、1万5千円くらいですね。

ページ単価というのは、1ページの為に何カッ撮影しても、1ページ分しか支払われないとうことです。

表紙は5万〜20万です。

ファッション雑誌はみなさんが想像しているより安いです(笑)

グラビア雑誌、男性雑誌は高いです。

撮影料の交渉はありません、各雑誌で決められています。

<業界紙>
ページ単価ではなく、ページ数に関係なく1つのテーマの撮影で幾らというのが多いです。

1回の撮影で、1万円〜10万円 (その業界紙を出版している企業の規模で違います)

表紙は5万〜15万円

これは東京の業界紙の話です、地方の業界紙(フリーペーパー)の場合は単価は安いと思います。

<CDジャケット>

シングルCDは10万〜20万、アルバムCDは20〜40万円くらいです。

これは、そのアーティストの知名度で決まります。

撮影料は、レコード会社と交渉です。

大きなレコード会社に所属していないインディーズのアーティストのCD撮影の場合は、2万〜5万くらい。

この場合は、カメラマンとアーティストが直接撮影料の交渉をします。

<コンサート・ライブ撮影>
僕の場合は、売れているアーィストの撮影でしたので、1回の撮影で10万〜30万円でした。

撮影料は決まっていないので、カメラマンと担当者が交渉をします。

インディーズのアーティストの場合は、売れているアーィストの撮影と比べると0が一桁少ないと思います。

<カレンダー>

これも、アイドルやタレントさんの知名度で違いますが、

撮影料は、30万〜80万円の範囲で40万円くらいが多かったです。

撮影日数は1日か2日間です

<単行本・文庫本の表紙>

表紙の為に特別に撮影する、今持ってる写真を使ってもらうという2種類ありますけど

撮影料、使用料は5万〜10万円でした。

その本の作家の知名度で発行部数が変わるので、それで撮影料が違うのかもしれません。

<アイドル・俳優さんなどの写真集>

写真集は印税で支払われる場合と、1冊の撮影で幾らという2つの支払い方法があります。

今は、写真集はあまり売れないので、印税ではなく1冊の撮影で幾らという方が多いです。

ちなみに印税の場合は写真集の値段の5%〜10%です。

2000円の写真集を1万部販売されたら、印税が8%として計算すると、160円×1万部=160万円です。

印税ではない1冊の撮影で幾らという場合は、僕の場合60万〜120万円でした。

<広告>

これも、広告主の大きさで違ってきます。

それでも、雑誌と比べると0が一桁多いです。

小さいクライアントさんの撮影で、20万〜80万円

大きなクライアントさんの撮影で100万〜300万円

撮影料は、その時に撮るカットの数、使われる規模でも変わります。

海外ロケになると、撮影料に数日間の拘束料も請求できます。

他のカメラマンさんのことは分かりませんけど、僕は1日3万〜5万円を請求していました。

例えば、5日間海外ロケに行くと5日×5万=25万円です。

拘束料だけでもいいくらいです(笑)

でも、広告は数千万〜数億円という予算で作られているので

カメラマンの拘束料なんて、微々たるものです。

写真だけではなく、動画(ムービ)も撮るカメラマンは、撮影料は0が一桁増えると思って下さい。

<ウェブ用の撮影>

印刷媒体と比べると撮影料は安いですね

1回の撮影料がカット数に関係なく、平均1万〜2万円くらいでした。

<一般の人に撮影を依頼される>

出版社・広告代理店・レコード会社・企業の宣伝部からとの撮影依頼ではなく、

自分の友人知人を通して、プロフィール写真、赤ちゃんの写真、七五三、披露宴、運動会、催し物、お店のメニュー、サロンのヘヤーカタログなどなど、個人の撮影をする場合の撮影料は、数十万円ではなく、数千円〜数万円です。

<学校などの講師、セミナーなどの講師>

学校の講師の場合は、1時間5千円ということが決められているようでしたので2時間の講義で1万円でした。

交通費は出ません。

専門学校で朝9時から夕方5時まで実技と講義を依頼された時は、5000円×8時間=4万円か?と思っていたら、1日1万円でした。

あと、セミナーなどで講演を依頼された場合は、1時間30分〜2時間の講演料が2万〜8万円というのが多かったです。

値段は、主催者によってそれぞれ違います。

1度、往復の飛行機代+30万円という破格条件での講演依頼の時は、「撮影するよりいいな〜」と喜んだことがあります(笑)

ーーーーーーー

カメラマンの年収・収入というのは

これらの仕事を毎月&1年間にどれくらいするのか?で決まるのです。

ある意味、スポーツ選手と同じで

毎試合の成績がよければ、収入が増えるということですね。

カメラマンで言うと、クライアントさんに喜んでもらえる写真を撮れば、収入が増え続けるということです。

ーーーーーーーー

カメラマンの収入は、カメラマンの種類によってそれぞれ違います。

今日はあくまで僕が経験したことを書いていますので、何かの参考にしてもらえたら幸いです。


それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!

k13.jpg

「このブログでどんなことを書いて欲しいですか?」

「何か質問したいことがありますか?」

どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に書いて下さい。

僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

ーーーーーー

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボを使ったポートレート・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの収入 | 2015年05月12日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。