PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

クリップオンストロボ・ソフトボックスライティング

DVD5→紹介動画(クリップオンストロボを使ったポートレート・ライティング)を購入されたみなさんへ。

今日紹介している写真のライティングは、DVD5の冊子11p〜13pに写真とイラスト付きで解説している紹介しているソフトボックスで撮れます。

被写体の右側からソフトボックスを1灯飛ばしているだけです。

とてもシンプルです。

ソフトボックスにした理由は・・・

カサバンだと光が回り過ぎる、オパライトだと光が強過ぎるので、ソフトボックスを使いました。

僕が使ったストロボはクリップオンではありませんけど、クリップオンストロボにソフトボックス用のディヒューザーを付ければ、同じライティングで撮れます。

僕は被写体が女性の場合はフロント紗幕で光をまわして撮ることが多いのですが、

今回はJAZZの空気感を出したかったので、サイド光にして影も表現したかったのです。

もちろん、撮影前に「こんな感じの光ですけど、どうですか」と提案して、OKが出たのでこのライティングで撮ったわけです。

「もっとこうして欲しい」という要望があったら速やかに変更します。

彼女はJAZZピアニストであって、ファッションモデルではありませんから、いいポーズ、いい表情などしてくれません。

だから、カメラマンが表情やポーズを少しずつ指示します。

シャッターを押しながら

「手をテーブルの上に置いて、顔は少し下を向いてもらえますか」とか

「今の表情いいですね」

「少し顔を上げて遠くをみてもらえますか?」とか

「あっそれもいいですね!」

みたいな感じで、撮られることに慣れてもらう作業をしながら、

写真を撮っていきます。

こういった時は、音楽も重要です。

このCDになる曲を流しながら、撮影します。

本人に、このCDの世界に入ってもらうのです。

これはライブハウスを借りて撮影したのですが、こういったスタジオ以外の撮影の場合は、必ずロケハンをします。

ロケハンしながら「この場所でこんな絵が撮れるな!」とか「ここではどうだろう?」と、

撮影当日のイメージを浮かべながらロケハンをします。

もう、この瞬間から撮影は始まっているのです。

ロケハン終了後に、自分が撮りたい写真を撮る為に必要な機材を決めるわけです。

この写真はソフトボックスで撮っていますけど、もし、あなたが他のライティングが好きなのでしたら、それで撮ればいいのです。

ライティングに「これが正解」というのはありません。

あなたが「私はこの光で撮りたい」と思ったライティングが正解です。

ライティングというのは・・・

「このライティングをすればこんな光と影が作れる」という「ライティングのコツ」を学べばいいだけなのです。

★僕が制作した簡単にライティングが学べるDVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから


それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!

090713.jpg
ISO800、レンズ50ミリ、絞りf2.8 160分の1

「このブログでどんなことを書いて欲しいですか?」
どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

ーーーーーー

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボを使ったポートレート・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年05月14日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。