PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真集の印税って?

「写真集を出版すると印税ってどれくらいもらえるのですか?」ってよく聞かれますので・・

今日は、写真集の印税に感して僕が経験したことをお話しします。

1−アイドル、タレント、俳優、アーティストという有名人の写真集を撮影した場合

撮影料が印税として支払われる場合と、

印税ではなく、撮影料という形で支払われる2パターンあります。

印税の場合は、10%〜5%の幅があり、平均8%というのが多かったです。

印税のパーセンテージは、出版社、撮影する被写体の有名度、どれくらい売れそうか?カメラマンの知名度、という様々な要因で決まります。

例えば、8%で印税契約をした場合

初版(一番最初に発行する部数)で、 2000円の写真集を1万部発売すると

カメラマンに支払われる印税は→1冊に売れると 2000円×8%=160円です。

印税というのは、売れても売れなくても、初版に刷った部数×印税契約した%が支払われるのです。

つまり、500冊しか売れなくても、初版で1万部発行したら

160円×1万部=160万円支払われるということです。

最初にこの事実を知った時は、出版社って結構危ない仕事をしてるんだなぁ〜と思いましたね。

この写真集が初版が売れて再版されることになると

また、発行部数×8%の印税が支払われるということです。

僕が今まで一番多かった印税は、3500円という高い値段の写真集を初版1万部発行したので

7%の印税契約で、出版した時に245万円もらいました。

初版の1万部が売れたので再版することになり、また印税の入金がありました。

この時は、「3日間の撮影でこんなにもらえるの〜〜」って、本当にびっくりしました。

2−印税ではなく、撮影料という契約

これは写真集が何冊売れても、撮影料しかもらえないということです。

今は、写真集は売れないので、印税契約ではなく、1冊の撮影料という契約で撮影することが多いです。

撮影料は写真集の値段、撮影する人の知名度にもよりますけど、50万〜120万くらいです。

撮影に関わる諸経費に関しては、撮影前に「どの経費まで請求できるのか?」ということを決めます。

出版社によっては、撮影前に細かなことを決めた契約書を交わすこともよくあります。

あまり売れそうもない写真集の場合は、すべての経費込みという時もありますね。

以上・・・アイドル、タレント、俳優、アーティストという有名人の写真集を撮影した時の印税の話でした。

これは、あくまで僕が経験した話です

有名なカメラマンさんの場合は、内容や数字的なことが違う可能性もあると思いますので、

僕の話は何かの参考にしてもらえたら幸いです。


次回は、カメラマン個人が出版する写真集の印税に関してお話しします。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにべストを尽くしましょう!!

B5bb.jpg

「このブログでどんなことを書いて欲しいですか?」
どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

ーーーーーー

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真集を出版する方法 | 2015年05月19日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

モデルの印税について

はじめまして。
カメラマンの印税が5~10%ということですが、モデルの印税も別にあるのでしょうか?
その場合何%ぐらいでしょうか?

| たけし | 2015/08/19 13:23 | URL | ≫ EDIT

たけしさんへ
質問への返答は、8月20日のブログに書きましたので、ご覧になって下さい。

| タクマクニヒロ | 2015/08/20 14:38 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。