PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

モデル撮影・ポーズ指示

Q:学校では先生の指示でセットしたライティングでの撮影しか経験無いので、 経験を積むべくモノブロ1灯でライティングの勉強も兼ねてモデルさんを撮影してきました が、ポージングの指示がとても難しいですね。

一歩間違えればセクハラ発言になりかねないですし、 どのようなポーズをお願いしたらいいのか、頭の中が真っ白になり冷や汗ダラダラ状態でした 。

タクマさんは、女の子を撮られる時にどのようにしてポーズや表情の指示をしていらっしゃるのでしょうか。

なにか気をつけている事があれば教えていただけると助かります。

A:僕なりの返答です。

実は僕は女の子に指示をすることが本当に苦手でね、プロになって初めて女の子を撮って時は、あなたと同じで汗ダラダラでした(笑)

僕は独学でしたので、プロカメラマンがどうやってモデルの子に接しているのか、まったく分かりませんからね。

マネることもできなかったのです(涙)

撮影が終わってからアパートに帰って「本当にプロでやっていいけるんだろうか?」ってメチャメチャ不安だったのを覚えています。

女の子の撮影に慣れていなかった僕がよくやったのは・・・

グラビア雑誌から自分が気に入った写真を切り抜いて、それらを見ながらですね

鏡の前に立ったり座わったり、寝たりして、自分がモデルになった気持ちでポージングの勉強をしていました。

水着の撮影をするなどは、パンツ1枚でやっていました(笑)

この時も、カメラマンの自分が鏡に写ってる、モデルになった自分に「もっと腰上げて」とかいいながら声を掛けるのです。

自分がモデルになってみると

「あっ、このポーズは絵的にはいいけど、ポーズをとる方は結構つらいんだな」

みたいなことがよ〜〜くわかるので、モデルさんに指示を出す時に

「このポーズちょっとキツいけど、ゴメンネ」みたいな、やさしい言葉を、自然にかけてあげたりする事ができるようになります。

そうやって、今度撮るモデルにやって欲しいポージングを自分でやってると

自分の体が覚えているで撮影当日モデルさんに「こんな感じに」と、指示を出せるようになるものです。

また、女の子の友達がいる人は、その子にモデルになってもらってポージングの指示をする練習をすればいいのです。

プロカメラマンが撮った写真をたくさん見て、気に入ったポーズをマネるのです。

僕みたいにパンツ1枚で自分がモデルになる必要はありません(笑)

若い頃の僕には女の子の友達なんかいなかったので、本当に鏡の前でパンツ1枚になって、

鏡に映る自分に「はい、もっとおしりを上げて」と言いながら、ポージングを指示する練習をしていました(笑)

今、思い出しただけでも笑えます。

スポーツと同じで、撮影時にアイデアがどんどん出てくるようになるような練習を、あなたなりに考えてすることです。

あと、撮影する時にカメラマンが恥ずかしがったら絶対にダメです。

カメラマンは絶対に自信たっぷりにシャッターを押さなければ、モデルさんが不安になりますからね。

絶対的に自信をつける為にも、日々練習です。

練習は、いざという時にあなたに自信を与えてくれます。

それでは、今日も1日今の自分がやるべき事にベストを尽くしましょ!!

150512-13.jpg


このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

ーーーーーー

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2015年05月26日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

タクマさんへ、
鏡の前のタクマさんを想像しただけで、、、
ボクも結構そうやって練習します。また、モデルさんに鏡を見てもらいながらアドバイスをする時もあります。撮影にコミニュケーションは大切ですよね。

| ますいしんいち | 2015/05/27 10:04 | URL |

はじめまして

はじめまして。
15歳の中学3生です。

5年ほど前に自分の撮った写真が、選ばれ市の展覧会に飾られたことがありました。

それから、私はカメラマンに憧れています。
どうやったらカメラマンになれるのでしょうか?
教えていただけると嬉しいです。


| SHIHO | 2015/05/27 20:36 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。