PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

人物を撮る時のリズムって?

Q:いつも楽しくブログを拝見させていただいております!
私はまだ駆け出しなのですが人物をメインにカメラマンのお仕事をしたいと思っています。
ひとつ、、撮影のリズム、、とありました。
具体的に教えていただけますでしょうか?
ブログに書いていただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします!

A:駆け出しカメラマンさんへ

僕が言ってる「撮影のリズム」というのは、

カメラマンが、シャッターを押しながらリズムに乗って踊りながら撮るというのではありません(笑)

リズムと書いたのですが、正確には、カメラマンがカメラを構えてシャッターを押す時のテンポ(タイミング)のことです。

僕の場合はですね。

撮り始めたら

「いいですね」 カシャ・カシャ 「カワイイ!!」 カシャ・カシャ・カシャ 「その感じ」 カシャ・カシャ 

「メチャメチャ、カワイイ!」 カシャ・カシャ・カシャ

という感じで、声を掛けながら、

「カシャ・カシャ」2回 「カシャ、カシャ、カシャ」 3回 「カシャ・カシャ」2回 「カシャ・カシャ・カシャ」3回

と、2、3、2、3みたいな感じでシッターを押し続けているのです。

このシャッターを押すテンポが、撮られている人にしてみたら、いい感じのリズムになってるわけです。

例えば、カメラマンが「はい、撮りますよ」と言って撮影がスタートしてから

カシャ、(沈黙)シ〜〜ン

そして数秒後に カシャ、 (またまた沈黙)シ〜〜ン

こういったテンポだと、撮られている人は

「もしかしたら、いい表情していないんだろうか?」

と、不安になってしまうのです。

また、ファッションモデルとか、写真に撮られるのが好きなタレントさんなどは、

カメラマンがシャッターを押したら、瞬時にポーズを変えてくれます。

そういう人は、心の中で 「ほら、今撮って!」と言いながらポーズを変えてくれてのです。

その時に、彼らの心の声に反応して、カメラマンがシャッターを押さないと

「このカメラマン、テンポの悪い人だな」とか

「このカメラマンに、撮られたくない」と、思われてしまう可能性はあります。

僕は、彼らの心の声が聞こえるので(笑) 絶対にシャッターを押します。

言葉で話さなくても伝わる、以心伝心みたいな感覚です。

カメラマンと被写体がダンスをしている感じですね(笑)

そして、撮影時間が早い

すると、被写体になってくれた人は

「今日のカメラマンさん、撮られてて気持ちがよかった」とか

「また、撮って欲しい」という気持ちになり、

次からカメラマン使命をしてくれるということが増えるのです。

色々書きましたけど・・・

別に、カシャ、カシャ、カシャ、と、シャッターを押し続ければいいと言ってるのではなくて(笑)

あなたが、撮られる人の気持ちを汲み取って、あなたなりにいいテンポで撮ればいいのです。

写真は、数学と違って「これが正解」という答えはありません。

あなたが、「自分はこの撮り方が好き」というのが、あなたにとっての正解です。

今日書いたことは、「あっタクマさんはそうなんだ」という感じに、参考程度にしてもらえたら幸いです。

☆質問をしてくれてる方へ☆

日々の撮影の仕事で忙しいので、あなたからの質問にすぐ返答をすることができません。

あなたの質問の返答は必ずしますので、安心して下さい。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

C2b.jpg


このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

ーーーーーー

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2015年05月28日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。