PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

モデルさんへの声かけ

Q:質問よろしいでしょうか?
先日、モデル事務所に依頼して撮影の勉強をしてきました
新人のモデルだったらしく?マネージャ?が
「もっと○○で!」とか「もっと目に力を入れて!」とか指示を出して、わたしが声を掛けるのはNGなのかな?と思ってしまいました
タクマさんならこういったときはどうされますか?
カメラマンから指示とか声かけしますか?

A:僕なりの返答です。

僕もプロを目指していた頃に、モデルクラブの新人さん達のプロフィール写真をスタジオで撮らせてもらったことがあります。
みんなモデルクラブに所属したばかりの新人さん達なので、カメラマンの僕が指示をしないと、ポーズも取れないし、表情も作れません。

僕自身は、モデルクラブに所属したくらいだから、新人と言っても色んなポーズや表情をしてくれるモノだと思っていたのです。

でも、いざ撮影がスタートしてびっくり

新人モデルさん達は、僕の前で、ただ、ぼ〜と立ってるだけなのです。

新人モデルさん達は、「カメラマンさん、どうして指示を出してくれないの?」

「私は新人なので素敵なポーズなんてできないんです」 「早く素敵なポーズの指示を出して下さい」
という気持ちだったのです。

指示を出せないカメラマンが、ポーズができない新人モデルを撮ってるわけです(笑)

この場を見かねたマネージャさんが、「もっと○○で!」とか「もっと目に力を入れて!」「足はこんな感じで手はここに」と細かく指示を出してくれました。

僕はその指示を聞きながら

「あ〜〜なるほどね〜〜そうやって指示すればいいのか〜」と、マネージャーの指示の仕方を「「これ頂きます!」という感じでした(笑)

つまり、僕の場合はあなたのように

「マネージャさんが指示をしてるから、自分はしないほうがいいんだろうか?」と悩む以前に

僕自身が指示など出せなかったのです(笑)

もし、あなたが指示を出せるのでしたら、マネージャーに遠慮などしなくて

どんどん指示を出せばいいんですよ。

あなたの的確な指示でいいポーズやいい表情の写真が撮れると、マネージャーさんも喜んでくれます。

そして、あなたへの信頼感も増します。

僕の場合は、あまりにも僕の指示ができなかったので、マネージャーさんに

「ダメね、このカメラマン」と思われてしまい、次からは撮影させてもらえませんでした(笑)

この時の経験で

「新人モデルには、カメラマンが指示をしなければダメなんだ」ということに気がついた僕は

お金がなかったけど、全身が映る鏡を買って安アパートに置き、ファッション雑誌でモデルのポーズを見ながら

鏡の前に立って、自分がモデルになってつもりで色んなポーズをマネました。

「足はこんな感じにして、手はここに」と、鏡に映ってるモデルの僕に、カメラマンの僕が指示をするという練習を、夜な夜なしていました(笑)

この練習は、ファッション雑誌の読者モデルのページの仕事をやるようになった時に、メチャメチャ役に立ちました。

当時の読者モデルは、普通の大学生とか高校生だったのでポーズができない人が多かったのです。

そして、ファッション雑誌のプロモデルのページを撮らせてもらうようになって、またまた驚いたことがあります。

それは、カメラマンが何も指示をしなくても、モデルさんの方がメチャメチャ素敵なポーズ、カワイイポーズや表情をしてくれるのです。

つまり、カメラマンは、シャッターを押せばいいだけなのです。

「ファッション撮影って、こんなに楽なんだ〜」と、ある意味、感動しましたね。

そして、もっと凄いことを経験したのです。

マリークレール、COSMOPOLITAN、シュプール、装苑、MRハイファッション、という外人モデルさんがメインのファッション雑誌の撮影をするようになってからです。

とにかく、欧米のモデルはスタイルが抜群にいいので、そこに普通に立ってるだけでも、絵になるのです。

また、顔が小さい、どんな表情をしてても、カワイイくて、美しいくて、フォトジェニックなのです。

カメラマンも僕は、撮影前に 「はいスタート」 の一言で

あとは、モデルの動き合わせてシャッターを押せばいいだけなのです。

そして、クライアントさんには「タクマさんの写真素敵!」って褒められるのです(笑)

話は、おもいっきり逸れましたけど・・・

あなたが、指示を出したいのでしたら、マネージャさんのことは気にしないで、自信をもって指示を出して下さい。

指示を出すことはいいことなのです。

そのことで、マネージャーが怒ったりは絶対にしませんから。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

souen21.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

ーーーーーー

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2015年05月30日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。