PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

白バック飛ばしライティング

この写真のは、DVD1(スタジオライティング実践編パート1)で紹介しているライティングで撮ったものです。

被写体の斜め後方から、ストロボ直を肩口に向けて当てています。

背景を白に飛ばすだけでもいいのですが・・・

こうやって強い光のアクセントをつけることで、写真にメリハリができます。

また、床にできる影で写真に立体感が生まれます。

写真の好みは人それぞれ違いますけど・・・

あなたが、白バック飛ばしのライティングでモデルさんを撮る時に、

「何かもう1つ変化をつけたいな〜」と思った時は、ぜひ、このライティングをトライしてみて下さい。

モデルになってくれた女の子が喜んでくれるライティングです!!

DVD1(スタジオライティング実践編パート1)を購入された方は、写真とイラスト入り冊子の6Pに解説していますので、ご覧になって下さい。

DVDの中では、メインのライトにストロボ2灯使っていますけど、

今回はメインに60インチ ホワイトアンブレラ(グラスファイバータイプ)を使用したので、1灯で大丈夫でした。

このジャンボアンブレラ1つで、全身に光がまわるので本当に便利です。
あと、軽いので持ち運びにも便利ですよ。

ということで、この「白バック飛ばしのライティング」で使用したストロボは、たったの3灯です。

フイルムで撮っていた頃は、同じライティングの写真を撮るのにストロボを16〜18灯使っていました。

信じられないでしょ(笑)

理由は、フイルムが6×7サイズのカメラを使用していたのと、フイルムの実効感度がISO64しかなかったので、大光量が必要だったのです。

それでは、今日1日、今のあなたがやるべきことにベストを尽くしましょう!!

150528-1.jpg
Oggi(小学館)より。

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

ーーーーーー

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年06月04日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

質問です。
雑誌のお仕事。いつも請求書は郵送?それとも持参?宅間さんはどちらのパターンが多いですか?

| ビビ | 2015/06/06 17:36 | URL | ≫ EDIT

| ビビさんへ

他のカメラマンさんのことは分かりませんけど、僕はすべて郵送です。
理由は、毎月の請求書を数社の編集部に持参する為の時間と交通費を考えたら、メチャメチャ効率が悪いからです。

| タクマクニヒロ | 2015/06/06 19:21 | URL |

教えて下さりありがとうございました。

| ビビ | 2015/06/07 07:27 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。