PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンでは食べて行けない?

15歳の中学生から「どうやったらカメラマンになれるでしょうか?」という質問があった日に

「もう、フォトグラファーで食べていける時代は終わりました」というコメントをしてくれた方がいます。

この方は、本当に「もう、カメラマンでは食べて行けない時代になった」と思ったから、正直な気持ちを書いてくれたのだと思います。

ただ、カメラマンと言っても、色んなジャンルがありますので、ジャンルによっても違いがあります。

僕は、一般の人に有名人と言われている人物を中心に撮る仕事ですけど

カメラマンになって数十年経った今でも、ありがたいことに、まだカメラマンで食べています。

僕がプロになった頃の話をします。

僕が独学でプロになって、同じ雑誌の同じ企画ページの仕事をしていた縁で2人のカメラマンさんと知り合いになりました。

独学の僕と違って、2人ともスタジオマンを経験してその後、プロカメラマンのアシスタントに付いて、プロデビューした人達です。

2人とも僕と1〜2歳しか変わらなったのですが、独学で30歳でプロデビューした僕から見たら

2人の持ってる機材の量、ライティング、写真の撮り方に関しての知識は、大人と子供くらいの差がありました。

そんな子供の知識しかなくて、専門学生か?と思われるくらいの機材しか持っていない僕が、

彼らと同じ企画ページを撮らせてもらってたのです。

当然、メインの写真は僕以外の2人が撮り、僕は残りの小さな扱いの写真を撮っていました。

ただ、扱いが小さい写真でも、「写真を撮ってお金がもらえる」ということがうれしくて、うれしくてしょうがありませんでした。

3人で飲んでる時に、よく「俺たちはこんな小さな企画ページ撮ってるようじゃダメだよ!」

「こんな仕事やってたらカメラマンで食って行けなくなるよ」と言われたものです。

プロ1年目の僕の年収150万円くらいでした。

カメラマンとして食って行く為のギリギリラインです(笑)

ただ、それまでの数年間、アルバイト収入が100万円あるかないかだったので、カメラ1つで稼げたのがうれしかったです。

2年目、それまで小さな扱いの写真しか撮らせてもらえなかった僕が、メインの写真を任されるようになったのです。

一緒のページををやっていた2人には「申し訳ありません」という気持ちでしたけど

メチャメチャうれしかったです。

収入は2年目で300万円を超えたので「やっとカメラマンで食ってる」と言えるようになりました。

3年目、その雑誌の編集長から

「宅間君、○○さんの1年間の連載企画が始まるんだけど、キミ、やってみる気あるか?」

「返事は今すぐ答えなくてもいいぞ、2〜3日待ってやるからゆっくり考えろ」と言われたのです。

○○さんというのは、今でも有名ですけど、当時はもう圧倒的に有名でした。

この時、僕は、編集長からの提案に一瞬頭の中が真っ白になりました。

そして次の瞬間、編集長になんと・・・

「編集長!今の僕に必要なのは○○です!!」 と言ってしまったのです。

今考えても恥ずかしいです(笑)

明日に続く・・・・・

A65107.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

ーーーーーー

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 未分類 | 2015年06月07日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。