PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

白ほり撮影ライティング

スタジオに正面だけがアールになっていて左右は白い壁タイプになっているスタジオがあります。

壁タイプのスタジオでは、この写真のように被写体に壁にもたれてもらって撮ることができるのです。

被写体に壁にもられてもらうと、この写真のように被写体の影を生かした写真が撮りやすいのです。

アールになってる場所では、影がアールのホリゾントに伸びてしまうので上手く調整することが難しいのですが、壁だと影を自由に調節しやすいのです。

この時は、「見開きで使えるドラマチックな写真を撮って欲しい」というリクエストがあったので、

被写体に壁にもたれてもらって、カメラを下から煽って、尚かつ顔の影を生かした写真を撮りました。

ライトを顔のサイドから当てたので、影がいい感じに作れました。

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる→DVD5を購入された人は、冊子の16Pで解説しているライティングで撮れます。

撮影前の打ち合わせで編集者からリクエストがあるのは

「見開きで使えるドラマチックな写真を撮って欲しい」という大まかなことだけです。

どんなライティングで、どういった構図で撮るのか?ということはカメラマンに任してもらえることが多いですね。

雑誌は広告と違って打ち合わせの段階では、アバウトなことしか決まっていないので、

細かなことは、カメラマンが現場で決めていきます。

「これ、どう撮りましょうか?」なんて聞いたらダメなのです(笑)

それでは今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

0909281.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年06月21日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

はじめまして!
いきなりすいませんm(._.)m

今自分はカメラマンになりたくて
色々探したりしているのですが
住んでいるところが岐阜県で
どこから手を出していいかわかりません(>_<)
しかも貯金もあまりないです(T_T)
やっぱりプロになるには
東京ですよね?(>_<)
今23歳なんですけど23さいからのスタートでも遅くないですか?
お返事待ってます!

| marie | 2015/06/23 14:28 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。