PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ライブカメラマンの営業方法

Q:最近になって活動を始めたばかりなのですが、先日、音楽雑誌の方に、
ライブの写真はオフィシャルのカメラマンが撮ったものを掲載しているものがほとんどで、
雑誌のカメラマンが撮ることはあまりない。
と教えてもらいました。

その時に聞けばよかったのですが、そのオフィシャルのカメラマンになるにはどこに行けばよいのでしょうか?

始めたばかりで経験も実績もなく、なにも分からないもので、変な質問で申し訳ないですが、
教えていただけますでしょうか?

A:僕なりの返答です。

音楽雑誌の人が言ったオフィシャルのカメラマンというのは、アーティストの事務所なりレコード会社から撮影を依頼されたカメラマンということだと思います。

そういったオフィシャルカメラマンになりたいのでしたら

あなたが撮りたいアーティストの事務所なり、所属しているレコード会社の

宣伝企画部、販売促進部、デザイン部など、名称は会社によって違いますけど、そういったライブ写真をカメラマンに依頼している部署にあなたの作品を持って「私に撮らせて下さい」ってアピールすればいいのです。

アーティストの事務所なり、所属しているレコード会社のファイスブックをフォローして、そこから「作品を見て下さい」とお願いしてもいいし

直接電話をして、ライブライブ写真を扱っている部署はどこでしょうか?って聞いて、持って行けば大丈夫です。

ただ、作品を持って行く新人カメラマンは

作品を見てくれる人達が

「ライブ写真は見飽きている」

「誰も同じような写真しか撮らないなぁ〜と思いながら見ている」

ということを知しません。

だから、僕が若い頃に「このカメラマンを使ってみたい!」と思ってもらう為にやったのは

作品をライブ写真だけではなくて、1冊の写真集のような感じでまとめたのです。

「こんな見せ方をする人は初めてですよ」って、好評でした。

僕はアーティストの事務所と所属しているレコード会社の両方から撮影依頼が来て撮影してことがあります。

「このカメラマンだったら、他の人とは違った写真を撮ってもらえるかも?」と、少しでも思ってもらうことが大切だということです。

僕のマンツーマンワークショップの生徒さんの中で、ライブカメラマンを目指している人には、この方法をアドバイスしています。

他のライブ写真を撮ってるカメラマンの作品とは圧倒的に差がでるので、みなさん喜んでいます。

みんな、アーティストの事務所の人や音楽雑誌の編集者が

「ライブ写真ってどのカメラマンも同じだなぁ〜」と思ってるという事を知らないのです。

だから、他のカメラマンとは違う見せ方で作品を持って行くと

「おっ、このカメラマン、なんか違う!」って思ってくれるのです。

あなたの実績、年齢など関係ありません。

大切なのは、「このカメラマンに撮影を依頼したい」と思ってもらういい作品を作ること、

そして、「どうしてもライブが撮りたい!」という、あなたの熱意

すぐに結果がでなくても決して諦めないという、あなたの夢に掛ける想いです。


色んなアーティストのコンサートパンフ、アーティストの写真集、CDジャケット、音楽雑誌、などを見て、

あなたの感性に刺激を与えていい作品を作って、あなの「カメラマンヘの道」を歩んで下さい。

それでは今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

ind8.jpg
カトマンズの少年

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライブ カメラマン | 2015年07月09日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

ギャラの消費税分

タクマ様

いつも楽しくブログ拝見しております。
カメラマンになるにあたっての悩みなど、誰に聞いたらいいのかわからない
実際的な質問に関しての答えに救われております。
本当に感謝しています。

今回質問させていただきたくコメント欄に書き込みさせていただきました。

私はいま25歳で、3年間働いたスタジオマンを卒業し、この度独立する運びとなりました。
そして今さらながらお聞きしたいことがございます。
実際にギャラを請求する際に、手取りいくら、と言われたギャラに消費税を加えた額を請求するのでしょうか。
それともギャラは消費税込として考えるのでしょうか。
ものすごく初歩的で申し訳ないのですが、ご回答いただけますと幸いです。
ならびにもの凄く現実的な質問ですみません。

| AKI | 2015/07/09 22:07 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。