PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ライブの撮影

Q:ライブやコンサートの撮影する時、どうしてますか?

A:僕の撮影はあまりにも、シンプルなので怒らないで下さい(笑)

僕がライブ&コンサート写真を撮る時は、

シャッタースピード優先(1/250)にして、露出・その他はオートで撮っています。

使用するカメラは、フルサイズとAPS-Cサイズの計2台。

使用するレンズは24〜70㎜ズームと70〜200㎜ズームの2つで

フルサイズのカメラに24〜70㎜ズームを付けて、APS-Cサイズのカメラに70〜200㎜ズームを付けて撮っています。

あくままで、これは僕の撮り方で・・・

ライブ写真は、カメラマンによってカメラの選び方、レンズの使い方、それぞれ違います。

「タクマさんは、これなのか?」みたいな気分で読んで下さい。

服装は上下黒っぽいもの、そして黒い帽子を被るようにしています。

実は、10年ぶりにライブの写真を撮った時に

僕自身は、以前と同じように上下黒っぽい服で目立たない格好のつもりだったのですが・・・

「タクマさん、服は目立たないけど白い髪の毛が目立ってますよ(笑)」って言われて

「あっ、そうか頭を隠すの忘れてた〜」って気がついたのです(笑)

長年の習慣って、おもしろいですね。

10年ぶりのライブ撮影だったんだけど、頭が白くなったことを忘れていました(笑)

それ以来、ライブやコンサート撮影では黒い帽子を被るようにしています。

ライブ&コンサートの撮影は、

カメラマンがライティングをするのではなくて、ライブの照明を使って撮影するので、

カッコいいライティングの時は

「おっ、この照明、頂き!!」って気持ちになります(笑)

それにしても、ライブの撮影って疲れますね。

撮影が終わった時には、もう汗びっしょりで、ヘトヘトです。

ライブカメラマン、コンサートカメラマンって

カメラマンっていうより、アスリートって気分ですね。

おじさんには、きついです(笑)

ライブ・コンサートを撮ってるみなさん、冬でもくれぐれも水分補給には気をつけて下さい。

それでは、今日も1日

焦らずに、まわりと自分を比べず、

「今の自分がやるべきこと」にベストを尽くしましょう!!

cd14.jpg
これはCDジャケットの中ページ用に、彼のリハーサルを僕1人が独占して撮らせてもらった写真です。
つまり、ここにいたカメラマンは僕1人だけなのです。
さすがの僕も、この時ばかりは興奮と緊張で前日から一睡も出来ませんでした(笑)
今思うと、いい思い出です。

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライブ カメラマン | 2015年08月30日 | コメント:1 | TOP↑

コメント

タクマさんはフリーで活動してらっしゃるんですか?それともどこかの会社の専属カメラマンなのでしょうか? 自分は現在高校三年生で、就職してから2〜3年程したらカメラマンになりたいと思っていまして、もしフリーならどの様に仕事を貰うのか、専属カメラマンならどの様にして専属カメラマンになるのか教えていただきたいです!それと自分はカメラマンになりたいけどカメラの事が全くわかりません、カメラマンを目指す初心者にオススメのカメラなどを教えて頂けたら幸いです。

| | 2015/08/31 00:13 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。