PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真館で働きたい

Q:初めましてもうすぐ20歳になるAです。←(御自分の名前を書かれていたので、ブログではAと書かせてもらいます)

僕は中学生の時から父の影響で写真を撮る事が趣味になり、高校2年生までは高校卒業後は写真の専門学校に進学したいと思っていました。

しかし、安定を求めて会社に勤める道に進み2年が過ぎた今、退職してカメラマンになりたいと強く思っています

職場環境は決して悪くはなく給料も安定していますが、やりがいを感じれず、やはりカメラマンになろうと決意しました。

給料が安定していなくても仕事にやりがいや楽しさを求めたいと思っています。

来年の3月いっぱいをもって退職して学校写真に携わりたく地元の写真館に就職したいと思っています。

しかし今の時代で写真館への就職は厳しいでしょうか?

突然の質問で申し訳ありませんが、お返事いただけるととても嬉しいです。

A:僕からの返答です。

申し訳ありません。

せっかく質問してもらったのですが、僕は写真館のことはよくわかりません。

☆そこでこのブログを読まれている方の中で、写真館に関しての何か知ってることがある人がいましたら、どのような些細なことでも大丈夫ですので

20歳のAさんへ、あなたから返答をしていただけますか?


よろしくお願いします。

Aさんへ

写真館の現状はよくわかりませんけど、僕が言えるのは

給料が安定していなくても仕事にやりがいや楽しさを求めたいと思っています。

という強い意志があるのでしたら、しかし今の時代で写真館への就職は厳しいでしょうか?

という心配などしないで、今のあなたを雇ってくれる写真館を、地元に限らず全国で探してみたらどうでしょうか?

また、学校の写真に関わりたいのでしたら写真館に就職しなくても、登録カメラマンという道もあります。

ただ、その為には撮影の技術をマスターして、尚かつ撮影に必要なカメラやレンズなども自分で揃えなければダメですけどね。

僕はあなたの写真のレベルを知らないのでなんとも言えませんけど、そんな方法もあるということです。

ネットで調べればすぐ分かります。

それでは、今日1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう。

A53882.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2015年09月24日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

学校写真というと、修学旅行や運動会を撮りに行く仕事ということでしょうか?
もしかすると、それはそれほど写真の技術などいらないかもしれません。

私が勤めていた広告代理店で、営業をしていた後輩の女の子が
退職後、地元に帰って写真館に就職しました。
確か職安で見つけたと聞きました。

彼女は特に写真に興味があった訳でもなく、
カメラの知識も何も持っていませんでした。

彼女は勤め始めてからそれほどたたずに
先輩について学校やイベントの撮影に出ていたようでした。
そしてほどなくカメラとフィルムを渡されて一人で撮りにも
行っていたようでした。
「毎回フィルム何本って決められてるから
もし失敗したらと思うと恐いんです〜」
と話していましたが、
その頃になっても、彼女はカメラについても
それほど多くの知識は持っていませんでした。

運動会では何をどう撮るか、文化祭では何をどう撮るか
という指導は受けているようでしたが
タクマさんのようないわゆるカメラマンという方たちが
持っている知識や技術は特に持つことも無かった様です。

カメラや写真に興味も無かった彼女が、地元の写真館で即採用されたのは
先の会社で身に付けた営業力だったのではないでしょうか?
その営業力が叩き込まれているは、私はそばで見ていたので、それは確かです。


ここのブログを読んで
タクマさんの並外れた行動力を学んで実践すれば
間違いなくカメラマンになることは出来ると思いますヨ。

よい職場とご縁がありますように。
頑張ってください。

| kiki* | 2015/09/25 02:16 | URL | ≫ EDIT

Aさんへ。
写真館の仕事の内容はその写真館の経営規模や経営方針によって様々です。
ポートレイト専門、学校写真や観光写真専門、行事写真(七五三や成人式)専門、婚礼写真専門、子供専門写真館、それらを混合した複合的な写真館、、、などなどいろいろあります。技術面でも撮影内容によって要求レベルがいろいろあるので、地元の写真館や興味のある写真館のHP、また直接写真館に足を運んで話を聞いてみた方が良いと思います。
写真館は人の一生に関わるとてもやりがいのある仕事です。
頑張って下さい。

| ますいしんいち | 2015/09/25 14:30 | URL |

* kikiさんへ
Aさんへのアドバイスありがとうございます。

*ますいさんへ
ありがとうございます!
僕は写真館のことを全く知りませので、ますいさんからのアドバイスとても助かります。


| タクマクニヒロ | 2015/09/25 16:38 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。