PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

久々に、カメラマンへの道の続き。

久々に、「カメラマンへの道」の続です(笑)

アシスタントがまだいないカメラマンに「お金入りませんので、撮影を手伝わせてください」とお願いして、一年が過ぎた。

仕事があまりないカメラマンだったので、一年で、本当に基本の2パターンくらいのスタジオライティングしか覚えられなかったけど、あとは自分で改良していけばなんとかなると思った。

カメラマンの無料アシスタントをやりながら、夜のアルバイトで自分の作品作りの為のお金を100万円を貯めることを本格的に開始した。
アルバイト以外でもお金を手にする方法はないかと、考えた。
あった!!
それは、写真コンテストだった。

毎月カメラ雑誌に掲載されているコンテストで、入賞すると賞金がもらえるものだけを選んで、その中から今自分が持ってる写真とテーマがあうものを徹底的にリサーチして出品した。

一年間で13のコンテストに出品した。

リサーチのお陰で、なんと、7つのコンテストに入賞することができた。
商品や賞金がもらえないコンテストは無視した(笑)

一年間で
・新品カメラー式、これはすぐに売って15万円くらい手にした(笑)
・賞金総額、約30万円
・グァム3泊4日旅行「これは撮影をかねて行った」
・有名な小説家の全集一式、これもすぐ売った(笑)

などなど、色んなコンテストに応募したお陰でアルバイト代以上にお金も溜まり、グアムにも行けた。
やっぱり、暇だからあんなにコンテストに出すことが出来たんだと思う。

暇なら、暇なり出来る事はあるということ。

あと、専門学校の先生の紹介で幼稚園の行事の写真をとるアルバイトをさせてもらった。
これは、一日幾らという撮影ではなくて、僕が撮影した幼稚園児達の写真をお母さん達に買ってもらうというシステムだった。
だから、お母さん達に気に入ってもらう写真を撮らなければ一円にも貰えないということ。
そこで、今までのカメラマンが撮影した写真を見せて、もらってどうやったらお母さん達に買ってもらえる写真が撮れるのか?というリサーチをした。
そこで、思いついたのが一枚の写真に一人しか写ってないと、どんなにいい写真でもその子のお母さんしか買わないということ。

だから、一枚の写真に3~4人が写るように撮った。
それも、出来るだけみんなの目線が来てて、笑顔の写真を。

一枚売れると、その売り上げを幼稚園と僕が折半するという条件だった。

なんと、リサーチがよかったのか、たった一日で売り上げが8万~10万になった。

歴代のカメラマンの中で僕の写真がNO1の売り上げになり、幼稚園側も大変喜んでくれた(笑)

貧乏生活をしてた僕にとっては、当時のこの金額はもう、メチャメチャうれしい金額だった。
なによりも、お母さん達に喜んでもらったのがうれしかった。

幼稚園児と一緒に遠足に行ったり運動会をしたりと・・・この仕事は本当に楽しかった!

お陰で、作品制作の為のお金100万円も、もう少しで溜まる予定がたった。

あとはどんな作品を作ればいいかを、決めればいいだけ。

色んな雑誌を見てアイデアを出し、暇な昼間に関東近辺のロケハンをすることにした。
数ヶ月して作品のアイデアがまとまった。

さぁ、どうやって撮影しよう?
モデルはどうしよう?
何をどうやって、すべてのアイデアの写真を撮ったらいいんだろう?
失敗したら、この3年間が無駄になってしまう!!

さぁ、どうする!!

続く・・・・

A613830.jpg

*まだ、あった水族館の写真です。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンへの道 | 2006年09月20日 | コメント:6 | TOP↑

コメント

すごいです~。

すごいです~。
それだけコンテストに入賞できるのだから
やはり他の人とはちがう
オンリーワンをその時から持っていたのでしょうね。
当時のタクマさんの作品、興味あります。

わたくしごとですが、
来月発売させていただくポストカードブックが
形になりそうなので、ブログにてお知らせ
させていただきました。
余裕がありましたら、ご覧いただければと思います。

| やぎ | 2006/09/20 14:13 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*やぎさんへ
いやいや、オンリーワンを持っていたんじゃなくって、自分にあったコンテストを探しただけです(笑)
ポストカードブックおめでとう!!
よかったですね!!

| タクマクニヒロです | 2006/09/20 16:58 | URL |

タクマさん こんばんは!

待ってました水族館シリーズ!!
このブルーと魚さんのキラキラに引き込まれるようです^^

次回の水族館シリーズも楽しみです。。

今回のお話で、その場その場に合わせた撮り方をしなければ、気に入ってもらえないんだな~というのが良くわかりましたです。

自分が良いと思っていても、気に入ってもらわないといけない・・・
難しいです・・・

勉強になりました。
ありがとうございます。

| evo. | 2006/09/21 00:12 | URL | ≫ EDIT

ワクワク

久々の登場ですね。カメラマンへの道。毎回楽しく読んでいますが、幼稚園の写真の話は、つい最近妹が、子どもの写真を選びに幼稚園へ行ったらしく、「一杯写ってるから、つい沢山買っちゃった」と漏らしてました。(^^;)そんなテクニックがあったとは(笑)妹も術中にハマった一人ですが、とても楽しそうでしたよ(^^)

| かなん | 2006/09/21 01:48 | URL |

タクマさんも賞金稼ぎのコンテスト出されていたんですね。
コンテストは、確かにリサーチ重要ですよね。

私のブログ名が、チャレンジフォトコン!なので、今回のお話、とても楽しく読ませていただきました(笑)

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/09/21 02:33 | URL |

タクマクニヒロです

*evo.さんへ
はい、なんでもそうですけど、人からお金を貰う為にはしの人が何を欲してるのか?というリサーチは大切ですよ!!
写真も同じだと思います。

*かなんさんへ
幼稚園児の撮影は、本当に楽しいですよ!!

*なんちゃってフォトグラファーさんへ
はい、そうですね。
そのコンテストにあった写真(今までの傾向や審査員の好み)をピンポイントで出品すれば、入選する確率は非常に高くなりますね。
たった一年間でしたけど、僕はそれで、成功しました(笑)

| タクマクニヒロです | 2006/09/21 10:22 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。