PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

プロカメラマン 何でも撮れなければダメ

先日このような質問コメントがありましたので、僕の考え方をお話しします。

僕の言ってることが正しいという事ではありませんよ。
こんな考えもあるということです。

こういった内容の質問でした。

よく友だちからフリーのカメラマンは何でも撮れなくては仕事がこないよって言われます。

僕はいい写真が撮れれば好きな分野でもお金さえ気にしなければやっていけるように思うので、ちょっとこの意見には違和感があります。

お金儲けのためにプロカメラマンを目指してるのではなく、好きなことを仕事にしたいと思ってプロカメラマンをめざしてるので、あんまり嫌いな仕事をやるつもりがないのですが甘いでしょうか?

という内容の質問です。

それでは僕なりの答えです。

まず地方でカメラマンとして生活していく為には、好きな撮影だけではまず生活はできないような気がします。

例えば東京だったらもの凄い数の雑誌や媒体があります。

だから、地方のように広告やブライダルの写真以外でもいっぱい撮影の仕事があるということです。

それも、食べ物、子供、動物、ブライダル、旅行、風景、人物、アイドル、ファッション、科学などなど・・

だから、自分が好きな分野の写真を撮るだけでも十分カメラマンとして生活ができるのです。

雑誌でいい写真を撮れば好きな写真の分野の広告の仕事(1回の撮影料がサライーマンのボーナスくらい)も出来るようになります。

ところが、地方だと撮影という仕事の量が東京と比べてもう圧倒的に少ないのです。

だから、カメラマンになった人は、本当は人を撮るのが好きでもその仕事だけでは生活をすることが非常に難しいのです。

だから、撮影という仕事、つまり建物や食べ物や商品といった自分が好きじゃない撮影の仕事をしなければいけなくなるのです。

そして、「カメラマンになると大変だよ、嫌な写真を撮らなければいけないんだ」って感じるようになります。

つまり、答えは簡単なのです!!

好きな写真を撮ってカメラマンとして生活をしたいのでしたら、東京でカメラマンをやればいいのです。

ただ、勘違いしないで欲しいのが・・・

幾ら好きな写真を撮っても、「自分だけが好き」ではダメなのです(笑)

その写真を編集者や、デザイナーや、自分以外の人が好きになってくれる(感動してくれる)写真を撮らなければいけないということです。

そうじゃないと、ただの写真が好きな人で終わってしまいますから(笑)

・東京でカメラマンとして生活したいのか?

・生まれ故郷でカメラマンとして生活したいのか?

カメラマンを目指すのでしたら、まずこの2つのことを決めなければ、その次に進む事は非常に難しいのでは?と思います。
つまり、好きな分野の写真を撮るカメラマンになるのか?

どうか色んな写真を撮るカメラマンになるのか?

という選択です。

僕のワークショップの会員の中にも僕よりず~~と上手い写真を撮る人が何人もいます。

でも、いくらいい写真を撮ってても、その人達が住んでる街ではその写真を使ってくれる需要がないのです。

だから、僕より上手い写真を撮ってても生活ができないのです。

僕が「東京にくれば?絶対にプロになれるから!!」って、「声を大にして奨めても決めるのはご本人です。

僕ではありません。

僕は25歳の時に東京に出ようと決めました。

だから、今こうやって自分が好きな分野の写真だけ撮ってカメラマンという仕事ができています。

今の仕事と収入に不満は、まったくありません。

趣味で、週末に好きな写真を撮ってた時は、フイルム代も現像代も自分が出していました。

ところが、今は好きな写真を毎日のように撮れて、現像代もフイルム代も自分が出す必要がなくて、お金までもらえるのです。

もし、カメラマンになろうかどうしようか悩んでいた街でカメラマンになっていたら、今のように「好きな分野の写真だけ撮って収入を得る」という生活は絶対に出来なかったと思います。

ただし、撮影すること自体が大好きで、「建物でも人でも商品でも撮影してて楽しくてしょうがない」という人は地方で間違いなく大成功します。

それは、楽しいとう波動がみんなに伝わるからです。

だから、スポンサーも喜んでくれるわけです。

よって、仕事の依頼がいっぱい来るわけです。

収入が増えるわけです。
うれしいわけです(笑)


「カメラマンへの道へのルート」は、相談した人が決めるのではなく、自分自身が決めるということです。

*最後に今書いたことはあくまで、僕の個人的な考えです。

これが100%正しいということではありませんからね。

「あ~~こんな考え方もあるかも~」くらいの気持ちで読んで下さいね。

1024a.jpg

昼間にストロボで。パシャ!!


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年10月25日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

こんばんは

どうも詳しい回答ありがとうございました。

現在写真の専門学校に通ってるのですが、一応卒業まで1年半あるのでよく考えたいと思いますが、現在は東京に出る気でいます。

後は人に気に入ってもらえる写真が撮れるかですよね。
こればっかりは自分で何とかしないといけないですね。

| FLASH | 2006/10/25 23:07 | URL | ≫ EDIT

東京・・。

東京というか埼玉なのですが、いろいろ試行錯誤しています。
自然の写真も好きですが人物撮るのも好き、とういうふうに自分の好きな写真がなかなかはっきりしないのです。
以前はあまり好きでなかったブツ撮りも場合によっては面白く感じられるようになりました。

>それは、楽しいとう波動がみんなに伝わるからです。
これが決め手ですね!好きで撮ってる仕事が楽しくなくなってしまったら終わりですからね!


| ふーくん | 2006/10/26 10:01 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

* FLASHさんへ
人に気に入ってもらう前に、自分が気に入らなければダメですよ(笑)

*ふーくんさんへ
そうです!!
自分がカメラマンとして楽しければ、東京でやっててもも地方でもいいんです!!
今、自分が楽しいか?どうか?です。
すべての答えは、「あなたは、今の自分が好きですか?」の問いの答えの中にあるような気がします。

| タクマクニヒロです | 2006/10/26 18:27 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。