PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真を楽しむ方法

「カメラマンへの道」というブログを初めて、ワークショップをやったりして色んな人にお会いしました。

その殆どの方が「カメラマンになりたい」という人達でした。

まだ、20代の人には「今からだったら、まだなんでも出来るのでこんなことをしたらいいよ」というアドバイスをした。

でも、30~40代の人達ですでに仕事を持ってる人や家族がいる人達には「「今からだったら、まだなんでもできるので~~したらいいよ!!」なんていうアドバイスはできない。

それは、本当に今から僕のように東京でプロを目指すと、数年間は大切なご家族の生活や今の仕事が犠牲になる可能性があるから・・・

その人の仕事やご家族の生活が犠牲になるアドバイスなんて、僕には出来る事でも人にはなかなかできない。

そこで、僕ができることはその人が今の生活を変えなくて、好きな写真を生活の中で楽しむ方法をアドバイスすることでした・・・

つまり、「プロになる!!」ということを今すぐ決めるのではなくて、せっかく好きになった写真を今の生活の中でどう楽しむか?ということを考えてみてはどうですか?

ということを・・・

その中でどうしても、どうしてもプロになりたい!!と、どうしょうもない衝動にかられたら、その時はGOですよ・・・と。

多くの人にお会いしてつくずく思ったのが、「自分が写真が好きなんだから、カメラが好きだから、だからカメラマンになるべきなんだ!!」と思ってる。

こう思うこと自体決して間違っていないんだけど・・・

でも、写真が好きだからプロにならなきゃ!!

という強い想いがあると、今現在プロになっていない自分を自分自身が責め始める。

そして、人間として「自分は人としてダメかも・・・・」と、落ち込んでしまう。

本気でカメラマンを目指すのだったら、まだ、若くて仕事や養う家族がいない人はまだいいけど、よほど経済的に恵まれている人は別です(笑)そうじゃない人は、プロになるまでの数年間、仕事やご家族の生活を犠牲にすることは、覚悟をしなければいけない。

それは、プロになる為に必要なことをする為には、時間とお金が必要だから。

そこで、葛藤が始まる。

「プロになりたい、写真が好きなんだからどうしてもプロになるべきなんだ!!でも、今からプロを目指すのだったら仕事や家族を犠牲にしなければいけない・・・いったい、どうしたらいいんだろう???」って・・

あと、もう一つのパターンが、まだ若くて仕事や家族を犠牲にしなくてもいいんだけど、今のままではプロになる自信がない、でも、写真は大好き!!だからプロにならなければ!!でも、今現在プロを目指していない自分はなんてダメな人間なんだろう!!」って、自分を責める人。

それぞれに人が「写真を撮ることが大好き、好きなことは写真!!だからプロにならなきゃ!!」と思ってる人。

でも、この1年色んな人に会って思ったのは、好きとプロになるということはまったく違うんじやないの?と感じるようになったのです。

そりゃ、好きなことを仕事になればそんなに楽しい事はない。

でも、無理に仕事にしなくても今の自分にぴったりの楽しい関わりはできるはず

例えばサッカーが好きな人はみんなプロサッカー選手になろう!!って思うんだろうか?

ケーキが好きな人がみんなパテシェになろうと思うんだろうか?

そしてこの両者とも、サッカーやケーキが好きなのに、でもプロを目指さない自分を責めたりはしないはず(笑)

僕は、最近、写真もこれと同じことなのでは?と思うようになったのです。

写真が好きな人が、みんなプロにならなければいけない!!

なんて、ことはまったくない。

サッカーを楽しんだり、ケーキを食べるのを楽しむように、写真も楽しめばいいと思います。

自分の今のスタンスで・・・

今の生活や仕事を犠牲にしなくても・・

自分の今のスタンスで・・・それぞれが写真を楽しめばいい。

撮った写真をコンテストに出したり、ブログで発表して多くの人と交流したり、個展をしたり、写真集を自費出版したり・・・

いっぱい貯まった写真をライブラリーに送って、収入を得たり、ポストカードをブログで販売したり...

などなど・・・もっともっと楽しむ方法はいっぱいあると思います。

今の生活スタイルを変えなくても、プロを目指さない自分を責めなくても・・・

それでも、昔の僕みたいに、もうどうしても、誰がなんて言ってもプロになりたい!!

つまりトイレが我慢できない状態(笑)

になった人は、今の生活をプロになる為に変更すればいいんじゃないでしょうか?

長々と書いたけど、何がいいたかったか?っていうとですね・・・

・「写真が好きだからという理由でプロにならなければ!!」と脅迫観念のように思わなくてもいい・・ということ。

・「好きなことがあるのにプロを目指していない自分はダメな人間だ!!」って、自分を責めなくていい・・・
ということを言いたいわけです。

人それぞれ、生活環境も性格も違います。

その中で、今現在の自分が出来る範囲で「大好きな写真をどう楽しもうか?どう関わっていこうか?」

という、楽~~な気持ちで写真と関わって欲しいと思ったわけです(笑)

自分を責める人が増えたのは「僕が好きなことを仕事にしたらハッピーですよ!!」って書きまくったからかもしれません(反省)

トライしたければしてみたらいいだけです。

ただ、それだけです!!

トライしたことで、人生は無駄にはなりません、そこで得た経験はその後の人生に必ず役に立ちますから・・・

*僕の知ってるカメラマンの中には、仕事が楽しくないとグチばかり言ってるカメラマンも多々います。

そんな中、僕のワークショップの会員の中には、プロは目指していないけれど、仕事が休みの時に、自分が好きな写真を撮っておもいっきり楽しんでる人もいっぱいいます。

・一方はカメラマンになるという夢が叶ったにも関わらず、日々グチばかり言ってる。

・一方はカメラマンにはならなかったけど、好きな写真と上手く関わるということを選んだお陰で、日々写真を楽しんでいる。

この1年この2パターンの人達をみて感じたことは、写真が好きだからと言って、カメラマンになる事が幸せになる方法ではなくて、自分が好きな写真とどう関わっていくのか?その関わり方を見つけた人の方が幸せになれているということでした。

*僕は、たまたま「仕事で写真を撮るという写真との関わり方が、僕自身にあっていたというだけなんだ」というように思いました。

*大切なことは、カメラマンになることではなくて・・

せっかく写真を撮るという楽しい事を見つけたんだから、

「人生の中で、自分の方法でいいから好きな写真と楽しく関わっていく、ということが一番幸せなのでは?」
と感じた1年でした。


Ai680.jpg


このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2006年12月27日 | コメント:13 | TOP↑

コメント


「カメラが好きだからカメラマンにならなければ!」と思い込まなくてもいいんですね。自分自身、少し思い当たるふしがありました…。

ただ、タクマさんは、「好きなことを仕事にしてもいいんだ」ということを教えてくれて、私はとても勇気づけられています。

| BUNSHO | 2006/12/26 15:29 | URL |

心が少し楽になりました。

| show16 | 2006/12/26 15:42 | URL |

逆に、少し厳しい言い方をすれば、「プロになると決めたら、腹をくくり、覚悟を決めてひたすら努力しなさい。」ということになると思います。職を変えてプロになりたい、でも今の生活レベルは落としたくない・・・というのは、ある程度の年齢になれば相当難しいことでしょうから。

| miya | 2006/12/26 19:09 | URL |

写真を楽しむキモチが一番大切かな?

 タクマさん、皆さん、初めまして。このブログを時々読ませて頂いている者です。
 私も高校・大学と写真を撮っていたので、「仕事として写真を撮り続けたいな」という気持ちが時々よぎったことがあります。結局ご縁がなくて、学校に勤めています。
 現在の勤務校では、写真部顧問をしていて、部員達に「撮る・作る・見せる」楽しみを味わってもらいたいと思って指導しています。文化祭では、生徒に混じって作品を出品していたりもします(笑)
「半分仕事?」として付き合う形ですが、写真をやる人達と関わり、その中で色々試行錯誤し続けるのが、私には合っているようです。
 プロになる・ならないは別で、写真との付き合い方は色々な方法があると思います。私は、私は、今の付き合い方ができるとは最初思わなかったけど、やりたいなぁ・・・と思い続け、試行錯誤し続けていく中で、実現することもあるみたいです。

| Sonnarwiz | 2006/12/26 20:23 | URL | ≫ EDIT

宅間様、こんばんは(^ー^*)
私は競走馬が大好きなので、大好きな競走馬を撮るために写真を
撮り始めました♪
でも先日、一眼デジタルを購入してから周囲から「カメラマンになりな
よ!」と会うたびに言われるようになったんです(ノω・。)
私はカメラを持ってる=カメラマンを目指さないといけない=趣味じゃ
アカンの?!と不思議でいっぱいでした。笑
そんなときに宅間様の今日のブログを読んで、ホッとしました。
カメラの世界って特殊(?)な感じがして、知らない人から見れば一眼
を持ってるだけで「カメラマン」っていうイメージが浮かぶんでしょうかね・・・
今はネットで色んな人と繋がりを持てて、宅間様みたく写真家の方と
もお話ができちゃったりします。
けどその分、情報が溢れかえって、たまに自分を見失いそうになります。
たくさんの情報を得たり、調べたりするより自分に素直に正直に、大好
きな被写体を撮ることが一番、自分にとって大切だな♪と感じました(p^-^q)
宅間様、ありがとうございます!!!

| みな★ | 2006/12/26 21:10 | URL | ≫ EDIT

タクマさん、大切なことをありがとうございます。好きな写真、ずっと撮り続けていきます。そして、今はイベントに出展してみたり、ブログで写真を掲載し、沢山の方々との交流を楽しんだりさせていただいています。
写真が好きです。

| hiroyan | 2006/12/26 21:40 | URL |

感謝

宅間さんにお会いして、写真を見てもらって、アドバイスを頂いて、それをそのまま実行して、写真がますます好きになって、結果カメラマンとして仕事を頂けるようになりました。
ワークショップに参加させてもらったことで、進むべき方向がハッキリしました。
僕も宅間さんみたいに、オープンで面白いカメラマンになりたいと思っています。(笑)

| zeki | 2006/12/26 22:13 | URL | ≫ EDIT

タクマさんの仰るように楽しみ方色々だと思います。

私はブログによって毎日写真の更新ができ、不特定
多数のの方に見ていただける世界がくるなんて
10年ちょっと前には想像も出来ませんでした。
暫く写真を今のように撮る生活から遠ざかっていたのですが、デジイチ、ブログが大きく私の
写真生活を変えてくれました。
余りに楽しく、ついつい、夜更かしの毎日(笑)。。

お陰様で、昨年はポストカード写真集の出版。今年は、合同写真展、個展、ネットのポストカード販売、写真家ユニオンのコンテストで奨励賞と思い切り楽しめた一年でした。
おまけに娘が、某大学の写真学科合格。。
仕事のほかは写真付け(笑)でした。
来年はもっと楽しみたいと思います。
また、ネット会社に仕掛けようと思ってます(笑)

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/12/27 01:17 | URL |

納得です

今日の話。深ーく読ませてもらいました。

確かにあることを思い詰めてしまうと、それができない自分を
責めることあります。だけど、100%自分が悪いわけじゃない。
その時機が来ていない、こともありますよね。

自分も今年初めて営業に行ってみて、現在仕事を持っていることに
疑問をつけられたこともありました。
だけど、これが現在の自分なわけで、その時は悩みましたけど、
今はこのスタンスで、どう写真と関わっていくことができるのか、
考えてみようと思うようになりました。
このスタンスでも何かあるかもしれないので、来年も
引き続き営業には行ってみようと思います。
それが自分の一つの目的でもあるので。

| ケンタッキー | 2006/12/27 10:59 | URL | ≫ EDIT

プロになることとは

いつも、タクマさんは本当のことを、丁寧に書いておられますから、感激しております。写真も仕事として撮るとなりますと、好きだの嫌いだの言ってはおられないし、大変だと感じるのは、タクマさんの書いていらっしゃる事を読めばよくわかります。画家になるのも、小説家になるのも、デザイナーになるのも、資格をとればプロと言うわけでなく、この掲示板でも書かれてる通り、お金を出してくれる人が居るかどうかなんですよね。でも今後インターネットの世界が広がると、この分野ではアマでもプロの真似ごとが出来るかも知れない、昔よりは随分間口は広くなる可能性もあると思います。だいたい昔でしたら、タクマさんみたいな率直な話を聞けなかったわけで、それだけでもありがたいことです。

| カナート | 2006/12/27 17:09 | URL | ≫ EDIT

すっごくよくわかります

写真が好き♪でも、プロのカメラマンになりたいとは思ってない私。今日のお話の通り、今の生活のまま、楽しみながら写真に係わっていこうと思ってます。因みに、今日はあまりにも夕焼けが綺麗だったので、久々に、写真を撮りました(笑)だから私の写真もオレンジ色でした。(笑)なんかちょっと嬉しい

| かなん | 2006/12/28 00:31 | URL |

よ~く 解ります。
というか このブログに遊びに来るようになって お話が 理解できるようになってこれたように思います
プロになれない 思うように写真を撮れるようになれない いろんな自分のマイナスに目を向けるより 暮らしの中で 目の前に在る事にきちんと向き合い 大好きな自分と向き合えるようになれば いつか 素敵な写真が 撮れると感じます。ですよね^^
私の写真の一番のお客さんは 自分自身。
タクマさんのように 自分の作品に 感動でくるような写真を撮っていければ いつか 写真集
やいろんな素敵が 自然についてくるような気がします。
暮らしを大切にしながら これからも
写真を撮る事を 楽しんでいけると思います

今日の作品 オレンジ色が 明日への希望に輝いているみたいですね
タクマさん 皆さん よいお年をお迎えくださいね。

| kokage | 2006/12/28 09:27 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*BUNSHOさんへ
そうです、好きなことを仕事にしてもいいんです(笑)
これって、いい言葉ですね!!

*show16さんへ
焦る事ないです、自分を責める事ないです。
写真を人生の中で楽しんでやればいいんですよ。

* miya さんへ
そうですね、もし決めたんだったら、今できることを一生懸命やることですね。

*Sonnarwizさんへ
初コメントありがとうございます。
素敵な関わり方をしていますね!!

*みな★さんへ
そうです!!
好きな被写体を撮ればいいんですよ。
楽しいのが一番です。

* hiroyanさんへ
「写真好きです!!」いい言葉ですね!!
この気持ちに正直に撮ればいいだけですよ。

*zekiさんへ
何言ってるんですか(笑)
僕はzekiさんの肩をポンっと押しただけです。
自分の道を見つけてグングン前に進んで行ったのは、zekiさん自身ですよ。
僕自身が本当にうれしいですよ!!

*なんちゃってフォトグラファーさんへ
素晴しい関わり方をしてますね!!
僕のプレゼントの殆どを手に入れたし(笑)

*ケンタッキーさんへ
諦めたらダメですよ!!
焦ったらダメですよ!!
人と比べたらダメですよ!!
あくまで自分のペースで、3歩進んで2歩下がる気分で、その逆でもいいんです。
ケンタッキーが決めた道を諦めない限り、必ず目的地に到着しますから!!

*カナートさんへ
本当にインターネットの世界っておもしろいですね。
僕自身こんなことになるとは、思ってもいませんでしたよ(笑)

*かなんさんへ
「今の生活のまま、楽しみながら写真に係わっていこうと思ってます」
なんて、いい言葉なんでしょう!!
人それぞれ、自分が心地いいと思う関わり方でいいんですよ。

* kokageさんへ
kokageさんの
「自分のマイナスに目を向けるより 暮らしの中で 目の前に在る事にきちんと向き合い 大好きな自分と向き合えるようになれば いつか 素敵な写真が 撮れると感じます。
私の写真の一番のお客さんは 自分自身。」
という言葉、もう最高にいいですね!!

僕が伝えたいことは、まさしくこれです!!
「ありがとう!!」

| タクマクニヒロです | 2006/12/28 16:03 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。